2017/05/19 20:06
こんばんは


言葉の遅れがみられる次男

市の検診や保育園の担任の先生に言葉の遅れを指摘と言うか

相談してみてもいいかも と言われたをきっかけに



通っている小児科で

発達相談があるのを知っていたので

数ヶ月前、相談しました。


私自身、あまり次男の言葉の遅れを重く受け止めていなくて

意味は理解してるし

" そのうち話すだろう ”

くらいに考えていました。



発達テストを受けるのに、先生との信頼関係を深める為

1〜2週間隔で病院に通い

先生と打ち解ける事を目的に

遊びをしながら次男の様子を見てもらう

いわゆる行動観察。


私はその間、小児科の先生とペアレントトレーニング

結構、相手をみる次男ですが

相性が良かったのか

1日目からかなり打ち解けていた次男。


数ヶ月通ってから検査

子供が疲れたり、やる気が欠けてくると

テストを続けても意味がないので

2回に分けて行われました。


そして今日が検査結果の日

そのテストではいわゆるIQが出るのですが

予想していた通り低めの結果。


実年齢は4歳4ヶ月ですが

検査の結果、3歳0ヶ月程らしいです。


数字で見ると軽度の発達障害のライン

次男は言葉の遅れがある為

どうしても、点数が低い項目が出ると言われていたので

覚悟はしていたのですが

実際に数字を目の前にするとショックはありました。


ただ、先生方がこれまでの次男を見る限り

次男の場合は言葉の遅れ意外は問題がなさそうとのこと。


でも、語彙が極端に少ない次男

家でも保育園でも子供がいる環境(言葉に触れる機会は十分)なのに対し

なかなか言葉が出てこない状態。


これから、どんどん会話が増えていけば問題ないけど

言葉が増えない場合は

学習障害の可能性はあるかもしれないとのことでした。


初めは、口や舌の動かし方に問題があるのかな?

と思っていて

そのトレーニングをすれば

もっと言葉が増えると思っていた私。


言語聴覚士の先生も行動観察の場にいたのですが

次男の場合は語彙が少ないので

まだトレーニングの段階ではないそうで

とにかく今は語彙を増やすこと。


次男のもともとの性格なのか

自分の話す言葉が伝わらなくて自信を無くしているのか

すぐに諦めてしまうことろがあって。

聞き返すと 分かることでも『わかんない』 となってしまって。

私にはまだいいですが、よその人に言われると特に。

言葉だけではなくて、行動でもそうで

今回の検査でも

テスト(出来るか試される)を嫌がる素振りもあったそう

明らかに簡単に出来るものは自信満々でやるけど、

少し難しい(自信がないもの)はやりたくないみたい。

私はその場にいなかったけれど

あ〜納得 と言う感じ。



今日もね、買い物して帰ったんだけど

買ったふりかけを使いたかった次男。

でも今日はお好み焼きだから、お米を炊いてなくて。

初めは納得したんだけど

次男が『あしたは?(ふりかけ使ってもいい?) 』

と言った 

” 明日 ” の言葉が聞き取れず...


何回も言い直す次男

それでも分からない私

ついに怒って泣き出しました。

少ししたら、明日だ! 明日って言ってたんだ!

と気付いたけれど

そんな言葉ですら、理解できない私。


その少し前、長男も学校の用意の事で不機嫌で

私もイライラしてたのもあったし


自分で思うより検査の結果がショックだったのか

疲れてたのか

 悲しいやら情けないやら...

ついつい涙が。



最近、言葉も増えた気がするし

保育園の別れ際も泣かなくなったし

何より元気いっぱいだし。

成長してるはずなのに

現実を突きつけられた感じがしてショックだったのかも。


長男が赤ちゃんの時

卵アレルギーが出て病院に行った日

小児喘息と言われた日

本当にショックだったし、不安だった。

卵に関しては今は食べれられるようになったし

喘息も治療してるので、良くはなってきているけれど

その当時は

なんで? なんで? って

頭の中がパニックって感じだった。



次男に関してはまだよく分からないけど

今できるのは語彙を増やすこと。


これからも通院しながら、やっていきますが

私に出来ることは

絵本の読み聞かせ

出来ないことはさせないで

出来ることを繰り返し、褒めて自信をつけさせる。

先生にもらったアドバイスはこの2つ。


人それぞれペースがある。

次男は次男のペースで成長していくはずです。

私自身、心配がないと言えば嘘ですし

何より、自分の言いたいことが伝わらない のは辛い。

それは本当に

時間がかかってもいいから、改善していくことを願います。


今回書いた話は

今時点で、あくまで可能性です。

でも可能性だとしても

今この時に知っておくことができて良かったと思っています。


あと2年で小学生ですし

可能性があると分かったおかげで

通院したり、トレーニングしたり

やれるコトがあるから。

可能性ではなくて本当にそうだとしても

私自身も早い段階で

向き合う覚悟が出来るでしょうし。



自分の子供の事は自分が1番よく分かっているつもり。

市の検診で言葉の遅れを言われた時

まさか自分の子が・・とか

長男も少し言葉が遅かったけど 今はマシンガンの様に話すし とか

周りに言葉が遅い子もいたけど

皆んな話すようになったし とか思って

全然、真剣に受け止めなかった。


保育園では面談の時に言葉の話になり

園での生活を聞いていたら

言葉のトレーニングをした方がいいのかも...

と思い始めて実際に通院を始めたけど

この結果は考えてなかった。


正直、結果を目にしても信じきれてない部分もある。

はっきりは発音出来ない言葉は多いけど

ずーっとしゃべってるし。

でも、自分の子供だからこそ

見えていない所があることも。


次男の年齢ではまだ

詳しく学習障害の検査は出来ませんが

学習障害の説明で先生が軽く話しをしてくれたときに

トムクルーズの事を話してくれました。

彼はスターなので映画の中での彼しか知りませんが

障害があったとしても

社会に出て活躍している人だって沢山いる。

そう思ったら、少し気持ちが楽になりました。


IMG_1517.JPG

左:次男 右:長男 

私がご飯作ってたら二人はお弁当作ってました^ ^




少し難しい話題でしたが

読んでいただきありがとうございました⋆*


IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)