2017/08/12 13:59
私は今まで子供達にあまりお手伝いをさせていませんでした。


というのも子供達に家事をさせる場合
きちんとできるようになるまでしっかり教えて、側で見守るという手間を考えるたら自分でした方が断然早いと思っていたからです。



けれど今回第4子を妊娠したことによるつわりで家事がままならなくなったため
お皿洗いや洗濯物たたみをお願いするようになりました。


長女と次女は小学校三年生。

思った以上に飲み込みが早く、かなりの戦力となってくれるようになりました。

こんなにできるならもっと早くから手伝ってもらっていれば良かったと思うほど。



例えばお皿洗いをお願いした時、
「お皿洗った後シンクも汚れているけれどそこはどうしたらいいの?」と聞かれました。

頼んだのはお皿を洗うことだけですが、その周りにまで目が届くとは思っていなかったのでびっくり。



それからさらに驚いたのは、そんな長女と次女を見て
年中の三女が「私もお皿を洗う」と言い出したこと。


きちんとできるようになるのはまだまだ先だと思っていたらなんととても上手にできるのです。


つくづく子供のポテンシャルってすごいなと感じたことでした。







三女にお皿洗いをしてもらう際に一つ問題点が出てきました。

それが、我が家のシンクはこのように食器洗い洗剤とハンドソープを詰め替えて置いています。

2017-08-06 06.20.58.jpg

ラベリングは英語表記。

食器洗いは私くらいしかしないから、と見た目重視で作ったラベルでした。



小学校三年生の娘たちは一度教えればだいたい理解できましたが
三女にはちょっと難しいようだったので
私のラベル作りに利用しているピータッチの中にあったお皿と手洗いのイラストのラベルを追加することにしました。

2017-08-06 07.24.41.jpg


貼ってみるとこんな感じです。


2017-08-06 07.26.57.jpg

小さなイラストではありますが娘はきちんと区別できるようになったようです。



これからも何か問題があればどんどん改善していきたいと思います。




ご覧いただきありがとうございました。

サンキュ!クリックしていただけると嬉しく思います。


kashimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)