2017/06/18 07:03
落ち込むこと、よくあります。

私の場合、家族のことや自分自身の未熟さに悩んで考え込んでしまうことが多いようです。

考え過ぎて、日付が変わっても寝られないことも時々ありました。

ずっと考えてもなかなか解決に至らずもやもやしてしまうのは、どうやら頭の中で考えを整理しきれていないからのように思います。

最初は自分の日常のミスについて考えていたはずなのに、小学生時代の思い出やOL時代に仕事がうまくいかなかったこと、子どもの育て方が悪いと親に怒られたことなど過去の出来事にまで思考が移ってしまうのです。

お笑い芸人のAMEMIYAさんのネタのように、最初は家族の問題だったのが借金問題などに話が飛び、民族紛争などの地球規模の問題まで持ち出した挙句最初の「冷やし中華はじめました」に戻るような感じです。

考えがまとまらず力尽きて強制終了となり、翌朝結局自分は何を考えていたんでしたっけねとなるわけです。

このAMEMIYA現象を食い止めるには、考えを可視化して整理することが大事だと気づきました。

以前、療育センターで子どもの問題行動を挙げてその原因などを分析するという課題が出たのですが、その時は割とすらすら書くことができた私。

頭の中だけで考えるより、書き出す方がうまくいくのかもと思ったわけです。

そこで、悩みに関して5つの項目をもうけてみました。

1.どんな気持ちを抱えているか
2.そんな気持ちにになるのはなぜか(悩んでいる事柄)
3.どうしてそれが起こるのか(その事柄が起こる原因)
4.どう対処するか
5.どう考えるか

次に、最近少し悩んでいることについて、この5項目に沿ってまとめてみます。

1.恥ずかしい、申し訳ない、情けない
2.歩いている最中、息子が近所の家の窓を覗いてしまう
3.暑くなってきて、窓を開け放す家が増え、部屋の中が自然と目に入るようになったから
4.歩道が広く安全なので、なるべく息子を車道側にして歩かせる
5.夏だけの問題なので神経質になり過ぎず、おおらかに見守りたい

最悪、4の対処法は思いつかなければ「なし」と書く予定でしたが、書いているとすらすらと出てくるものですね。

しかも書き終えてしまうと「これで終わり」という気分になり、あれこれと他のことを考えずに済みました。

やる前は、「書くのはのちょっと面倒くさいかな」とうっすら思っていたのですが、書いた方が悩んでいる事柄1つに意識が集中するのでかえって時短になったように思います。

後日、早速4に書いた対処法を実践したところ2に書いた行動が減りました。

窓が気になり近付こうとしても、私の方がより家に近い位置にいるので、比較的止めやすくもなったのです。

考えがすっきりした後は、切り替えも大事。

私の場合、温かい飲み物を飲むことで区切りがつく気がします。

17-06-18-06-27-05-251_deco.jpg

うだうだ悩むのは夜のことが多いので、ノンカフェインのハーブティーは重宝しております。

カモミールティーが1番好き。

甘いものと一緒にいただくことも時々あります。

ココナッツサブレ…、こういう昔からあるお菓子が好きなのですよ。

横に先ほど書いたメモを置いて見直し。

下に敷いてある無印良品のランチョンマットは、ずっと欲しかったのですが最近やっと買うことができました。

新品なので折りじわが入っているけれど、洗えばなくなるはず。

好きなものに囲まれて暮らすのも、心穏やかに過ごす秘訣なのかもしれません。
danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)
PR記事
2017/06/29 04:43

このたび、口コミサンキュ!からの依頼で「ポッカレモン」をモニターさせていただきました。

o0482064013970901705.jpg

大中小と、3本もいただいてしまいました。

お試しだというのに、太っ腹ですね。

今回は、サンキュ!さんから教えてもらったレシピを作ってみました。

「レモン風味のタンドリーチキン」というものです。

まず、ポッカレモンのほか、ヨーグルト、ケチャップ、カレー粉などの材料を混ぜ合わせます。

一口大に切った鶏むね肉とその調味料を重ねるようにして味をなじませます。

しっかり味がしみるようにと、2時間以上漬け込みました。

漬け込んだところがこちら。

o0640048013970901700.jpg

そしてフライパンで焼きます。

…これだけです。

あまり料理が上手ではないのに難しいレシピだったらどうしよう、フードプロセッサーとか我が家にない調理器具が必要だったらどうしよう、などという心配は杞憂に終わりました。

o0640048013970901703.jpg

鶏胸肉なので少し硬めの食感を想像していましたが、思った以上に柔らかくて驚きました。

そう言えば誰かが、「鶏胸肉をヨーグルトに漬けると柔らかくなる」と言っていたのを今更ながらに思い出したのでした。

付け合わせにキャベツの千切りがありますが、余ったソースをそちらにかけて食べてもおいしかったです。

少々せこい気もしますが、もったいないですものね。

実は今回、子ども達に食べさせようと子ども向けのカレー粉を使って作ったのですが、肝心の子ども達は「いらない」ときっぱり。

食べると思ったのですけどねえ。

きっと、暑いので食欲が落ちているのではないかと。

でも確か鶏胸肉にはイミダゾールジペプチドとかいう成分が含まれているので、疲れやすい時期には積極的に摂った方が良いと聞いたことがあります。

レモンに含まれているクエン酸も然り、ですよね。

というわけで、子ども達を夏バテさせないためにもまたリベンジしたいと思っています。


***この記事は編集部の依頼により書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える