2017/09/13 23:03
家によって、お金の管理体制はそれぞれ。

やりくり上手さんに多い気がするのが、給料の中から決められた金額を夫に与え、後は全て妻が管理するという「夫小遣い制」。

夫婦共働き家庭でよく聞くのが、それぞれの給料をそれぞれの裁量で自由に使う「夫婦別財布制」。

我が家は、上記2つのどちらにも当たらない、決められた金額が妻に渡され残りは全て夫が管理する「生活費支給制」をとっています。

毎月の生活費は10万円。

夫の年収は額面で600万円以上あるらしいので手取りでも400万円台半ばくらいはあり、月30万円はもらっていると思うのですが。

その割に、うちにはお金がないアピールをちょいちょいしてくるのですよね。

住宅ローンはすでに完済、車もない我が家で一体何に使うのか謎。

ほぼ無趣味、付き合いも少なく娯楽にも興味のない生真面目夫が使うと言えば、病院代と交通費くらい。

ひょっとしたらこっそり貯め込んでいるんじゃないかとか、愛人に貢いでいるのかしらとか、あらぬ妄想が広がるばかりです。

とはいえいきなり「家計を全て管理させろ」と言っても、不審がられるのでやめたいところ。

今やりくりしているお金の中で、年末までに10万円貯める形を目指すつもりです。

生活費10万円の中から私が出している費用は、主に以下の通り。

・食費
・生活用品費
・平日の外食費、レジャー代(休日はほぼ夫が出します)
・服飾費
・美容代
・交通費
・新聞の購読料
・自分の携帯代金
・息子の療育費用
・療育中の娘の預かり費用
・延長保育時の保育料
・自分と子どもの書籍代

こうやって書き出してみるといろいろありますが、療育費用などの固定費も多いので、食費や服飾費や美容代などを調節するしかないようです。

とりあえず、最初の1か月はレシートを撮影して記録を残し(家計簿嫌いなタイプ)、出費を把握するところから始めようと思います。

レコーディングダイエットなどと同じで、記録することで自然と気をつけられるはず。

そうそう、長らくほったらかしにしている通帳の記帳もしに行かねば…。

こんな感じで大丈夫なのかと言われそうですが、初めてのチャレンジなので「参加することに意義がある」と思いながらやっていきます。

続けることでだんだんと苦手なやりくりが上手になっていければいいなあと、ひそかに期待しているところです。
danngoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)