ごはん

残暑の夜もご飯がススム!極ウマ・豚肉となすの味噌しょうが炒め

1707.0183.jpg
主菜と副菜を20分でササッと作る堤人美さんのレシピをご紹介します。甘みそ味が食欲をそそる主菜のポイントは、油の量!少し多めに入れてよく熱してからなすを入れると油っぽくならないそうですよ!

20分で2品を仕上げる手順
主菜は、なすを切ったらすぐ炒め始め、焼き色がついたら豚肉も炒め、調味料を混ぜます。主菜を炒めながら副菜のねぎだれを作り、主菜ができてから副菜を仕上げます。

☆主菜
「豚肉となすのしょうがみそ炒め」

材料(4人分)
豚こま切れ肉.......250g
なす.......4個(約320g)
A
しょうがのすりおろし1かけ分
みそ大さじ2
みりん大さじ1と1/2
しょうゆ大さじ1/2

酒大さじ1
ごま油大さじ2
青じそ5枚
塩、こしょう


1.下ごしらえをしてなすを炒める
1707.0156.jpg
Aは混ぜ合わせる。豚肉は塩、こしょう各少々をふる。なすは炒める直前に乱切りにする。フライパンにごま油を熱してなすを入れ、中火で6分、全体を焼きつける。

2.豚肉を炒める
1707.0160.jpg
なすに焼き色がついたら端に寄せ、豚肉を加えて2分30秒炒め、なすと混ぜ合わせて酒をふる。

3.味つけする
1707.0164.jpg
Aを加えてさっと炒め合わせ、器に盛る。青じそをちぎって散らす。
(熱量245kcal、塩分1.7g)


☆副菜
「ねぎやっこ」

材料(4人分)
絹ごし豆腐.......1丁
万能ねぎ.......5本
A
めんつゆ〈3倍濃縮〉大さじ1
レモンの絞り汁大さじ1/2
白すりごま大さじ1/2

1.ねぎだれを作る
1707.0168.jpg
万能ねぎは小口切りにしてボウルに入れ、Aを加えて混ぜる。

2.盛りつける
1707.0166.jpg
豆腐は4等分に切って器に盛り、ねぎだれをかける。
(熱量55kcal、塩分2.0g)


青じそが甘みそに加わると、初夏らしいさわやかな味になってお箸が進みますよね!なすの代わりにきのこやピーマンでも美味しくいただけます。料理のバリエーションが増えるレシピです!


『サンキュ!』7月号「堤人美さんの夕ごはん、どうする?」より一部抜粋 掲載している情報は2017年7月現在のものです
調理/堤人美 撮影/野口健志 スタイリスト/諸橋昌子 熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 デザイン/山川図案室 器協力/UTUWA
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!