2017/06/18 21:22


 全国のお父さん。
 いつもお疲れ様です。



 という訳で、父の日です。

 両家父には先月のうちにネットで贈るものを注文しておきました。

 遠方なので帰れないのです。

 うちの夫は夜勤からの父の日。

 お疲れ様なので、おうち焼肉がプレゼントでした。

 ホットプレートの焼肉、小さい頃は楽しかったなぁ。

 レタスに肉を巻いて食べていたら、

 今までコールスローサラダのキャベツ以外の生の葉っぱ野菜を食べなかった息子が

 レタスで肉を巻いて、パクリ。

 自主的に。

 びっくりしました。

 「レタス食べられるの」

 と聞いたら

 「お母さんがやってて、おいしそうだったからやってみた!」

 という答えが。




 『子供の好き嫌いには、大人が美味しそうに食べる姿を見せると良い』

 こういう事ね!という、はじめての経験でした。

 結局食べたのは1枚だけだったけど、

 大きな1枚です。

 食事の準備の時も、

 「お肉食べるならこれだね!」

 と、張り切って3人分の小皿を出してくれました。

 ちゃんと何が必要か判って、それを自発的に準備するようになるなんて…。

 すでに、夫よりも家事ができているんじゃないだろうか…。




 そんな4歳、もうすぐお兄ちゃん。

 「赤ちゃんほっといて、ぼくのめんどう見てね」

 と、昨日の夜、突然に言い出しました。

 お腹に話しかけたり、色々教えてあげないと〜とか言ったりしてても

 やっぱり、お母さんを取られそうで心配なんだなと。

 そりゃそうだ、4年間母独り占めだったんだから。

 お兄ちゃんになってきていても、まだ生まれて4年。

 ちゃんと見てあげないとな、という思いと

 そんな体力と気力があるだろうか、という不安と

 36歳お母さん、踏ん張りどころです。








 夫のパンツのお尻が破れたので、

 息子のパンツに作り直しました。

 いつも息子が履いているパンツを置いて適当に切り、
  
 縫い合わせてゴムを通せば出来上がりの、簡単パンツ。

 紐も夫のパンツからそのまま流用。

 私の裁縫は基本的に、古着を再利用するためにやってます。

 安い、早い、のファーストフード裁縫。

 ちゃんと勉強すればいいんですが、

 型紙置いて〜、とかが面倒でなかなか…。
 
 

三田とりの さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ