2010/09/19 08:25
以前、裁縫が得意な友人が、
ピンクと紫が混ざったような
細いリボンを編んで、お花にした物を
送ってくれました。
   
それにボタンとリボンを足して
シンプルな子供服の、胸飾りにしました。

「SHIPS」ブルーのワンピースは、習い事の
お友達から、長女がお下がりに頂いた物。
今は、二女が着ています。
良いものは長く着れますね〜。

幼稚園に入ってから、色々な言葉を覚え、
今日は「ママ、出て行って!」と言われました。
子供の言うことをいちいち気にしてはいけない・・
と思うのですが、さすがに凹みました。

他の子が言っている言葉を使ってみたいと
いうのもあるかもしれませんね笑い
まだ5歳だから、相手がどう思うか…までは、
なかなかわからないかも女の子
「1人になりたいんだね。でも、出て行って!
って言われたら悲しいな。○○ちゃんならどう?」と、
聞いてみるのはいいかも。

二人の娘、幼稚園の頃から「顔はそっくりだけど、
全然違いますね」と先生に驚かれていましたから。

うちも、全然違う。親は、顔もそれほど似ていないと
思っていたのですが、先日、二人の小さい頃の
写真を見ていたら、間違う間違う。
「これ、碧波?」「違うよ、夏穂だよ」
「これは夏穂だよね?」「碧波でしょう」
に、似てる…ラブラブとビックリ。

自分が体調を崩している間、娘は、
何も言わないのに、私がしてほしいと
思っていたことを自分で考えてやってくれました。

娘さん、がんばりましたね。イザという時に、
自分で考え、自分で行動できる子供に
育てることが大切なんですね。
私も、自分に言い聞かせなければ。

三連休ですね。
若松家はお出かけの予定はありますか?

長女は部活。二女は習い事の用事があり、
泊りで出かけるので、夫と私は家で過ごします。
昨日の朝、朝食を食べていたら、夫が
「こうして、家族4人で一緒に過ごせる
休日の朝って、久々。幸せだな〜」と
言っていました(#^.^#)
若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/05/16 02:30
昨晩は、お友達数人と飲みにジョッキ
PM6時半から飲み始めて、終わったのは
今日のAM0時半でした。同じお店で6時間も…。
またまた楽し過ぎて、時間を忘れましたグラス

帰宅して、家族が洗っておいてくれた、
食器を片づけたり、除湿機で乾かした
洗濯物を取り入れてたたんだり、
こういう時間も、自分が妻、母だということを
感じられて、また好きです。
ただ今AM2時半、AM6時に長女が起きるので、
がんばって起きなくちゃ。母だもの力こぶ

雑誌にでたり、本を出したりして、同級生のママとか
近所の方とか美穂さんは知らなくても、相手は
美穂さんのことを知っていることあるんですよね。

あるでしょうね〜。以前、友達とそういう話になって、
「悪いことできないわ―」と言ったら、
「悪いことは、相手が自分を知ってるかどうかに
かかわらず、やってはいけないんですよ」と言われて、
「そうだった、そうだった〜」と笑っちゃいました。

時々こんなこともあります。
「あおちゃん、調子悪いんだって?」なんて聞かれると、
「どうして知ってるの。私、話してないよね」。
透視?もしかして予知能力?と、すっごい驚く。
「自分でブログに書いたんでしょう?」と言われて、
「あっ、そうか!」と気がつく…みたいな(^^ゞ
アホだわ〜ブタ

押入れやクローゼットの中の除湿はどうされてますか?
子供部屋や、私たちの部屋のクローゼットは、
開け閉めをよくするので、部屋の窓を開けて、
換気するくらいです。和室だけ、
客用布団が入っていて気になる所。
私は、新聞ケース(読み終わった新聞入れ)を
置いて除湿剤がわりにしています。
「新聞は虫が来る」・・なんてうわさもあり
そうなんですね。でも、うちは一度もありませんよ〜。

天気のせいか、ぽっかり心に穴があいたような
寂しい気分です。とたんに焦りだし、
子供のことも心配になるし、自分の心があやしくなると、
コロコロと坂道を下るように、気持ちが沈んでいきます。
美穂さんは、こんなときどうしてますか?

「今日は気持ちが沈みがちだな〜」と思ったまま、
のんびり過ごす日もあるし、
「このままではマズイ!」と思えば、布団に入って寝たり、
本を読んだり、DVDを見たり、考える時間を
失くすようにすることもあります。様々ですラブ

私は、裁縫は苦手で何も作れませんが、
ボタン付けなら出来るので、娘のマスクに
ボタンをつけてあげました。
美穂さんのアイディアによって救われました。

良かった〜。下の写真は、置いただけで
縫ってはいないんですけど、ボタンだけでも、
結構かわいい模様になりますよ〜。


出不精の専業主婦な私。「今日も家族以外、
誰ともしゃべってない!」と言う日が多く、
こんな毎日に不安もありますが、元々、
独りがすきな私☆無理せずに素直に過ごしていきたい。

そうですよ〜。自分が居心地が良ければ
いいと思いますOK自分に素直に…いいですね。

どちらの祖母も、いつも私のことを
「いい子だね」と褒めてくれる優しい祖母でした。

おばあちゃまたちも、かわいい孫と
一緒に過ごせた時間は、幸せでしたねドキドキ大
若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2009/04/07 20:40
 気がつけば、夜になってしまいました。
始業式や、入園式、入学式が終わったところも多いようですね。
我が家は明日、始業式と入学式です。

今日は余裕をもってと思ったのに……今頃になって、
「そうだ!学校に提出する資料に、家までの地図を書いて
ないんだった」とか、「夏穂の制服、袖が長いのに、
縫うの忘れてた〜」などとやっております。

いつから、こんなギリギリ人間になってしまったのか。
挙句の果てには、明日提出しなくちゃいけない紙を、
別のファイルに入れていたことをすっかり忘れ、
「ファイルに入れたのに無い!」などと大慌て。
見つけた時には涙目の私でした。
とりあえず、今はほっと一息。
振り返ると、「無い!無い!」と、引っ張り出した
ファイルやプリントが、リビング中に散乱。
今から片付けます。ふ〜〜。


実家の母が、こちらに出てきた時、
夏穂に袴を着せてくれました。
この着物、私の為に祖母が縫ってくれた
ものなのですが、私は着る機会がなく、
せっかくなので、夏穂に着せました。
胸元の柄が、とてもきれいでした。






母が持ってきた
髪飾りも、ピッタリ!
袴をはくと、ぐっと
大人っぽく見えます。





祖母に、袴姿を見せに行きました。

夏穂が、祖母の手を引いてくれて。

ちょっとしか見えないけれど、
祖母が着ているニットも、彼女自身が
編んだものです。
なんだって作ってしまう、祖母なのです。
若松美穂さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ