1. トップ
  2. ビューティ
  3. 【悩めるオトナ女子の保健体育】vol.9デリケートゾーン

【悩めるオトナ女子の保健体育】vol.9デリケートゾーン

2017/05/31【 ビューティー 】

こんにちは、美容外科医のアンソニー玲奈です。
主婦でもあり、ママでもあり、雑誌『サンキュ!』の専属読者モデルもしています。
第9回目の今日は、なかなか人には相談しにくい「デリケートゾーン」についてお話します。


デリケートゾーン02.jpg

いわゆる「デリケートゾーン」とは外陰部のことで、正確にいうと、恥丘、陰核、小陰唇、大陰唇、膣前庭など...すべてをさします。

主婦になるとデリケートゾーンを気にすることなどない、と思われるかもしれませんが、わたしのところには、日々多くの女性がお悩みをかかえて来院されるんですよ。

みなさんも「デリケートゾーンの黒ずみ」と言われたら、ちょっと気になるのではないでしょうか。


ではなぜこの「デリケートゾーン」黒ずむでしょうか。

東洋人はもともとメラニン色素が多く、黒ずみやすい傾向にあります。
さらに陰部は皮膚が薄く、下着や脱毛などの刺激を受けると、余計に黒ずみやすくなってしまうんですね。

また、無理な脱毛によって皮膚が刺激されると、メラニン色素は増えてしまいます。
肌に合わないナプキンや、サイズが合わないきついデニムなどでも摩擦が増え、刺激になることがあります。
これももちろん黒ずみの原因。
さらに、「デリケートゾーン」にかゆみがある場合、掻いてしまうと炎症してしまい、これもまた、色素沈着や皮膚の肥厚の原因となります。
気を付けてくださいね。

黒ずみだけではありません。
下着やナプキンに擦れることによって小陰唇の皮膚が肥厚し、皮膚が伸びたり、肥大してしまうことがあります。
デリケートゾーンは、とーーーってもデリケートなんです。
少しでもトラブル回避のために、以下のことを必ず守ってくださいね。


1、とにかく清潔に保つ
清潔で肌にあう下着やナプキンを使いましょう。
もちろん入浴も大事!


2、摩擦を防ぐ
肌触りの悪い下着や、サイズが合わないきついデニムなどは避ける。


3、しっかり保湿
デリケートゾーンも他の体の部分と同様に保湿ケアしてください。
お使いのボディクリームなどでもOK。

4、剃刀でシェービングしない
剃刀でシェービングする度に肌は傷つき、色素沈着の原因となります。
(脱毛をしたい方は、医療脱毛をオススメします)


1~4は特別なことではありませんね。
お顔や体のケアと同じように、デリケートゾーンも大切にケアしてあげてください!



006.jpg
アンソニー玲奈:  
1985年生まれ、東京出身。父はシンガポール人。夫、娘(1歳)の3人暮らし。大学病院勤務を経て現在は湘南美容外科クリニック池袋院勤務。メディア紹介実績「マイナビニュース」、「すっぴん美人推進委員会」、「4meee!」、「NICOLY」他。17年より雑誌『サンキュ!』専属読者モデルとしても活躍中。

関連するキーワード

ビューティの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP