1. トップ
  2. ビューティ
  3. 体の冷えは万病のもと! あなたの“隠れ冷え性”チェック

体の冷えは万病のもと! あなたの“隠れ冷え性”チェック

2016/01/18【 ビューティー 】


冬になるととくに、頭痛や肩こり、むくみや肌荒れに悩まされる・・・という人は、体の「冷え」が原因かもしれません。

 

人の病気は、血行の悪いところ、血液によって栄養素や酸素、水分が届けられていないところに現れるもの。
そうした“血のめぐり”が悪いところはさわると冷たく感じ、
その“冷え”がさまざまな症状を引き起こす原因になっているのだそうです。

体が冷えていると免疫力が低下し、アレルギー反応も現れやすくなります。


「私は暑がり!」なんていう人も、“隠れ冷え性”の場合があるので、
まずは、“冷え体質”になっていないかチェックしてみましょう!

 


あなたの“隠れ冷え度”チェック!


□ふとんに入っても足元が冷えて眠れない


□手足が冷たいのに顔がほてることがある


□手足がむくみやすい


□肌がくすんでいて、目の下にくまがある


□生理不順、または生理痛が重くてつらい


□頭痛になることが多い


□腰や関節が痛むことがある


□肩や首がこりやすく、背中に張りを感じる


□汗をかかない、または汗がたくさん出る


□便秘がち、あるいは下痢になりやすい
 


2つ以上当てはまる人は、 “冷え”体質の可能性大!
早めの冷え取り習慣を始めましょう。


また、体温の平熱が36.5℃以下の人も要注意。
臓器や細胞が献上に働くには、36.5℃以上の体温が必要で、
下回っていると漢方でいうところの「未病」(病気ではないけど健康でもない状態)の場合もあります。

 


~今すぐできる! 冷え取りワンポイントAdvice~


「朝だけプチ断食」で食べる量を調整し、免疫力を上げましょう!


食べ過ぎは血液中に過剰物、老廃物を貯め込み、体を冷やす原因になります。
意外と思われるかもしれませんが、1日1食をプチ断食し、空腹時間をつくることが大切。

特に朝食をひかえると血液中の老廃物を処理する機能が活発になり、体が温まります。


おすすめの朝食はりんご&にんじんをしぼったジュースや、しょうが紅茶!
もしも朝食抜きで体調がくずれるようなら、昼食や夕食でプチ断食してみて。

 


参照:『サンキュ!』1月号「「冷え取り」習慣始めましょ!」より一部抜粋 監修/石原新菜、撮影/林ひろし、取材/中尾巴、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

ビューティの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP