1. トップ
  2. ビューティ
  3. 履くとひんやり!冷感デニムコーディネート9選

履くとひんやり!冷感デニムコーディネート9選

2018/07/02【 ビューティー 】

CONTENTS

履くとひんやりする、冷感デニムを試したことはありますか?蒸し暑い夏にも快適に履けるデニムとして、じわじわと人気が出てきています。今回は、earth music&ecologyとしまむらの人気アイテム別おすすめコーデをご紹介します。

earth music&ecology「接触冷感デニムテーパードパンツ」

earth music&ecologyの「接触冷感デニムテーパードパンツ」を使ったコーディネート。パンツのポイントになっているリボンを見せるため、トップスインがマストです。

ギンガムチェックの大人カジュアルコーデ

出典:ZOZOTOWN

ライトインディゴの明るめなパンツを、紺のギンガムチェック、黒のサンダルで引き締めた大人なカジュアルコーデ。カンカン帽を合わせれば、より季節感がアップします。

インディゴデニムには赤のギンガムが映える

出典:ZOZOTOWN

インディゴの濃い目デニムには、赤のギンガムシャツが良く合います。時計やサンダル、カゴバックの持ち手を黒で統一することで、全体が引き締まり甘すぎないコーデに。

見た目も体感も涼しいコーデ

出典:ZOZOTOWN

ライトインディゴに白のレーストップスを合わせた、夏ならではの爽やかな配色のコーディネート。シルバーのバックとベージュのサンダルという淡い色の小物で、軽やかな雰囲気がアップ!

earth music&ecology「接触冷感デニムワイドパンツ」

同じくearth music&ecologyの「接触冷感デニムワイドパンツ」は、裾から風が入って肌にも張り付かないためとても快適です。ボリュームのあるワイドパンツ&リボンつきなので、トップスをインしてスッキリと着こなすのがおすすめ。

トップスインでウエストのくびれを強調

出典:ZOZOTOWN

カジュアルになりがちなワイドデニムパンツを、オフショルとカゴバックで女性らしく仕上げたコーデ。オフショルをワイドパンツにインしていることで、ウエストのくびれが強調されスタイルアップ!

おしゃれで通気性も抜群の快適コーデ

出典:ZOZOTOWN

ワイドデニムパンツにトレンドの襟抜きシャツを合わせた、こなれ感のあるコーディネート。ひんやりとしたワイドデニムパンツと、通気性がよいシャツの組み合わせは、おしゃれで涼しく過ごせるので一石二鳥です。

夏らしいブルー系の色合わせで爽やかに

出典:ZOZOTOWN

ライトインディゴブルーのワイドデニムパンツに緑のギンガムチェックを合わせた、夏らしい色合いのコーディネート。バックとスニーカーを生成りで揃えて、爽やかさと明るさをプラス。

しまむら「素肌涼やかデニム&パンツ」

しまむらCLOSSHIのプレミアムシリーズから販売されている「素肌涼やかデニム&パンツ」。形やカラーバリエーションが豊富なので、さまざまなコーデに活用できます。

シンプルなアイテムでシルエットをおしゃれに

出典:ZOZOTOWN

テーパードタイプのデニムに、白のスキッパーシャツを前だけイン。トップスにボリュームを持たせることで、シンプルなアイテムをオシャレに着こなしています。

ペイズリー柄をポイントにした爽やかコーデ

出典:ZOZOTOWN

夏に映えるホワイトデニムも、冷感タイプで快適に。紺のペイズリー柄オフショルダートップスを、ホワイトやシルバーなど明るい色のアイテムでまとめて爽やかに仕上げています。

Iラインを作ってスリム感をアップ

出典:ZOZOTOWN

形が綺麗なデニムパンツは、ふんわりしたアウターともよく合います。長めのシャツワンピを羽織ってIラインを強調すれば、よりスリムに見えますね。

実用的でありながら、オシャレなデザインで幅広いコーデが楽しめる冷感デニム。ムシムシしている時期、ヘビロテ間違いなしのアイテムです。色やデザインも豊富なので、お気に入りの1本を探してみてはいかがですか?

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

ビューティの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP