2011/12/16 10:46
目の前のトラック、荷物多いな―。

あれ直撃したら私死んじゃう、なんて

考えた事ありませんか?

平日午前中、環状線の混んではいない所で。

 目の前の軽トラから 木材落ちました

場所は信号を渡る手前の左車線。

軽トラに板状の木材が斜めで置いてあり

(運転席の天井部分に立てかけてある)

 横の方向に紐が渡してあるだけ。

軽トラに対して 木材は長めで荷台から出てる。

車体から30センチ以上物が出る場合は

赤い布をつけるんじゃなかったっけ?

たしか車校でそう習った。などと考えながら

遅い軽トラを周りがガンガン抜かしていく中

 まぁ急いでないし 左に曲がるし、と

なんとなく車間は取りつつ 後続で。

目の前で スルっと。

何の前触れもなく木材はスムーズに落下。

2枚重なったそのままで着地。

ゴトゴトッと左右に揺れるとか

上下に跳ねるとか

荷台からズレ落ちて地面を引きずるとか

そういう事がまるでありませんでした。

長さはあるものの厚みはたいしてない。

車体が高いタイプの自動車でこすらない、と

 判断して その木材を真ん中に走り抜け

でも先に止まった軽トラで私も止まりました。

見ると私の後ろの軽自動車は

スピードが出ている右車線に出る事が出来ず 

木材をよけられないのでウィンカーを出して

 止まったまま。後ろに渋滞が出来ました。

木材があるのが 交差点の停止位置。

事情はわからないものの後続車はどんどん

右車線に移動していき

 その間ずーっと軽トラの後ろで私は停止。

私は交差点を越えてすぐ。

軽トラのおじさんがのそーっと出てくる。

糠に釘を思わせる人物でした。

ようやく右車線に移動し

その頃には心臓がバクバクドキドキ大

…これって事故寸前だったよね…。

車内には次男がいるのみ。

ええー。今すごい危機一髪だったよね?

先日友人も追突されて なんと玉突きの真ん中。

しかも友人 止まっていただけ。

 年末年始は事故多いし気を付けよう、と

考えていた矢先でした。

7月の事故以来 もしこうなったら、という

杞憂に近いアクシデントを

運転中によく想像していたのですが

初めて 実現されました。

直接的な被害は何もなかったけど

ああいうのが公道を走っているのだなぁ。

今考えても 木材は斜めに置いてあっただけ。

走行して細かな振動を加え続ければ

そりゃあ落ちるでしょうよ…。

今回の教訓。君子危うきに近寄らず。

今度から追い越そう。

皆さんもお気をつけ下さいね。











さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)