2012/06/10 21:18
いくつになっても初めてってまだありますね。

まぁこれからは嬉しくない初めてが増えていく予感。

34歳。初めて赤の他人に面と向かって言われました。

おばさん、と。

接客中だったので 一瞬分かりませんでした。

へ、あ、え?…私か。

子供相手に おばちゃんそれ取ろうか?とか

言ってて 自分でも十分わかっているつもりでしたが

人に言われるとまた違いますね。

○○さんから ××さんの奥さんになって

今はだいたい ○×くんのママ、で。

何気に今まで言われたことが無かったんです。

学生からおばさんと言われれば

すごく順当でそうよね、それしかないもんね、と

もう少し納得というか 腑に落ちたのですが。

20代後半か30代頭くらいの男性に言われて。

(でもまだ彼は明らかにおじさんではなかった。)

そもそも すいませんとか話しかけるのが普通の流れで

おばさんと言われて戸惑いましたね。

その微妙な戸惑いがどう伝わったのか

その男性と同席の方に気を使わせてしまったらしく

おい、お姉さんだろ!みたいな会話になって。

よけい惨めというか 悲しいというか とどめ?

ああ私はもう誰がどう見てもおばさんなんだなー。

おばさんというか主婦というくくりにいた感じで

しかも育児中(母としてちょっと若め)みたいな

細分化された中で自分を固定してあって

でももうそうじゃなくて ざっくり

おばさんの一言で終わるんだなー。

そうは思いつつ その後ぐずぐずと

友人の唇がぷるぷるつやつやのあの美ママなら

今の場面でおばさんと言われたかなーとか

杉本彩さんにおばさんと言える15歳以上の男性は

例えばいたりするんだろうか?とか

ずーっと考えてしまいました。

受け入れていたつもりでしたがまだまだでした。

20代の記憶がまだ残っていて

でも徐々に あれ、今までこんなことなかったのに、と

自分の感覚に裏切られる事も増えてきていて。

そのたびに失望だとか諦めだとかを感じて

こうしてエイジングしていくのかな。

(さすがに↑老いとはまだ書けませんでした)

結構な衝撃だったので

次は静かに受け止められそう。

そうよ、私はおばさんよ。現実認識はとても大切。

…でもちょっとさみしい。




さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2010/02/14 23:41
はじめまして。

本日より こちらでお世話になります さわこと申します。

まずは簡単な自己紹介を。

 岐阜県在住32歳のほぼ専業主婦です。
 
 家族は夫ともうすぐ入園の3歳長男・1歳の次男。
 
 趣味は読書(ミステリー中心)と なんといっても

       お菓子作り!!
さわこさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ