2011/10/15 22:40

今日は、次女が来春入園する予定の幼稚園に願書を

もらいに行き、その後、父が体調が悪かったので

総合病院の休日外来へ。

行き返りの時間も入れると、6時間かかった…疲れました落ち込み

体調が悪い中長時間待つ方も大変ですが、救急対応の病院の方たちは

とても忙しく働いていて、そういう人たちがいるから私たちは救われて

いるんだな〜と思いました。

対応してくれたお医者さんが、丁寧な説明でとても感じがよくて、

長時間待った疲れがやわらぎました。




そんな感じで時間がなく、今日は家の中もグチャグチャです。

帰ってからやる気も起きなくて、全て明日に回します困った


平日は抜き作業をしているので、今朝のゴミ出しは45Lの袋5個。

普段の家庭ゴミは30Lの袋でも余るのに…

不用品、ほんとにいっぱい蓄えています。

減らすことができて、少しスッキリしてきましたラブ












私の疲れを癒すのは、チョコレートドキドキ小

あ、あとお酒か。。。やめられない。








今日もありがと〜

yucchi星









}
yucchiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2011/09/30 12:52

今日は父の手術の日。

予定ではもうそろそろ終わる頃です。

昨日の入院時には付き添い、今日も様子を見て

病院に行くつもりでしたが、次女が発熱してしまったので

家で待機しています。

無事に終わりますようにクローバー



次女は先週ヘルパンギーナになり、治ったと思ったら

今朝発熱。

風邪との事で、今は薬を飲んでお昼寝中です。



ちょっとした病気や怪我でも、家族に何かあると

気持ちは落ち着かず…

大きな病気となると、父の前では平気な顔でいるけれど

ずっと胸がザワザワします。



今日悪いところを取って、その後のことが決まります。

まだ65歳。

仕事もしていてまだまだ現役なんだから、

おとうさん、がんばってね。



いい日でも、嫌なことがあった日でも

同じように時間は過ぎてゆく。

笑顔でいれば幸せがよってくるそうです。

笑顔で。 笑顔でね。



















HAPPYを届ける場所ですが

今日はつぶやいてしまいました…


いつもありがとう!
yucchiチューリップ









yucchiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2010/09/27 17:28

こんにちは。yucchiです。

今日2度目の更新です。

9歳になった娘の、目のことに触れたいと思います。

よかったらおつきあいください。




私の娘は、斜視があり、メガネをかけています。

もう7年になります。


1歳になったころ、ちょっと目が変じゃない??と、気がついたのは、

私の父でした。

確かに黒目がよっている気がするけど、気のせいじゃない?変なこと

言わないでよ〜と文句を言いつつ、心配なので近くの眼科を受診しました。

念のため、ということで総合病院の眼科を紹介してもらいましたが、

そちらではしばらくは様子見ということで、数ヶ月が過ぎ…

その後にあった1歳半健診で、県の小児医療センターを

紹介してもらいました。



検査をした結果は、”遠視性斜視”



普通視力は、生まれてから徐々に上がり、よく見えるようになります。

でも、何らかの理由で、そこが発達していかない子がいます。

子供の遠視は、近くても遠くても、すべてがぼんやりとしか

見えず、それをがんばって見ようとすると、ピントは合うのだけれど、

無意識のその行動で、斜視が起こってしまう。

視力が上がらないので、立体的に見ることができない。

娘はかなりの遠視で、その症状がでていました。



ずうっと見えにくいまま、1年半も頑張って見ようとしていたなんて、

わかった時はとてもショックでした。

思いもよらない事が起こり、当時はつらかったなぁ…



娘の場合は、早めに斜視を調節する手術をするのがよいといわれ、

両目を手術。眼球を支えている筋肉の長さを微調整して、内側によっている

黒目を、正面にもってくるというものでした。

両目で手術自体は40分程。過去に失敗例はなく、安心してください、

という先生の言葉を信じて、受けました。


手術のおかげで、斜視はよくなりましたが、視力は低いまま。

その後から、メガネをかけるようになったのです。








左から、 1号 2号 3号

1号はレンズからレンズまでが、10,5cmです。ちっちゃい!!




2歳当時、初めてのメガネを嫌がるんじゃないかと心配しましたが、

すんなりと受け入れていました。

頑張らなくても自然と見えることが、小さいなりに分かったようでした。


保育園っ子だったので、お友達にメガネをむしり取られて壊れたり、

ぶつかって顔を怪我したり、いろいろありました。

メガネっ子じゃなければよかったのになあ‥と思うこともありますが、

今となっては顔の一部。お風呂と寝るとき意外は、常に装着。

なくてはならない相棒なのですラブ

小学生になると、メガネの子が多くなるので、今は気にならず、

元気いっぱいに毎日を楽しんでいます。




今年の誕生日に、なぜこの事を強く思い出したのかというと。

娘は視力を少しでも上げるために、アイパッチとトレーニングを

毎日の日課としています。

アイパッチは1日3時間。

トレーニングは、カイロスコープという医療器具を使って、立体視を鍛えます。

視力が効果的に上がりやすい時期が、9歳頃まで、とのこと。

(その後、良くならないわけではありません。)

その”9歳”になったなあ…と、思うのです。

アイパッチもトレーニングも、最近はサボり気味。

私ではなく、娘自身が一生つきあっていくこと。

後悔しないように、無理なく努力していきたいものです。




とっても長くなりました。
このことは、だいぶ前から書きたいと思っていました。
でも、いざ書き出すと、意味不明になっていき、進みませんでした。

内容については、娘にとっての診断結果であり、私の知っていることは、
担当医から聞いたり、自分なりに調べて知り得たことです。

ご家族に同じような方がいらっしゃる方が読んでくださるかもしれませんが、
あくまでも一例としてとらえてくださるよう、お願いいたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございましたクローバークローバークローバー








yucchiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ