2011/08/21 09:38

夏休み。

地域の公会堂にて、”豆富小僧”という映画を観ました。

5月に上映されていたもので、時々こども会の企画で

子供向けの映画をやってくれます。



妖怪なのにかわいい”豆富小僧”が、300年のときを経て

現在の都市にやってくる。

そこでは、欲と地位を求める人間ばかりで、人間が科学に依存していて

妖怪を怖がるような心は消えてしまっていて…



リアルに、今の日本を映し出していると感じました。

人より裕福に、人よりも地位を、少しでもいい学校に…

”欲”が自分の心を脅かしていませんか。

便利な社会に生きて、それが当たり前になってしまっている今。

灯りを消して、自然の風を感じて、自分を観察してみよう。

本当に大事なことが何か、少し分かるかもしれません日の出




なんてことを、思ったこの映画。

絵も内容もかわいらしく、声優に沢山の俳優さんが参加していたので、

それも楽しめました。

死神の声が大泉洋さんドキドキ小あのキャラがだいすきです〜

















今日もありがとう!

yucchiムービー

















yucchiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ