2017/09/27 14:36
お越しいただきありがとうございまするんるん



高校に入学してようやく半年がたち
定期テスト、部活の夏の大会、体育祭、文化祭を過ごし
色んな事が見えてきました。



中三のお子さんをお持ちのお家では
そろそろ、受験校を絞り込む時期ですね。

そこでひとつの参考にしていただきたいと思います。

夏休みには、高校見学や説明会などがあり
お子さんだけ、あるいは親子でお話を聞かれたと思います。


それはそれでよいのですが
用意された話と実際の生活はちょっとだけ違う。


というのもやはり集団生活の場であるので
そこの校風というか実際の生徒さんの雰囲気を知るというのが
とても重要なことだと思います。

我が家は文化祭でなんとなく生徒さんの様子をつかんだのですが
部活の試合を見にいけばよかったと、この夏に思いました。
べつに後悔はしていませんけど。つかんだ通りだったし。

息子は野球部なのでこの半年
公式戦には何度も足を運び
そこでものすごく感じた事。

やっぱり、各学校の生徒のカラーが違う。

偏差値とか、通いやすさとかそこで決めるのも大切なのですが
もしその条件で似た学校があるのなら公式戦を見学をお勧めします。
吹奏楽部も演奏会とかありますよね。

もう、夏が終わったので、大きな試合はあまりないかな〜(^_^;)
文化祭や体育祭も閉鎖的な学校と解放的な学校がありますので
無理なところもあるかもしれません。


でももし可能ならば
選手の試合中の様子はもちろんの事(監督さんもチェック)
選手の休憩中の時、応援席の在校生や関係者の様子を。


礼儀正しい子達、おちゃらけた子達、服装が、、、言葉つかいが、、
そこの学校の生徒さん、全員が全員そうだとは言わないけれど
やっぱり、多数となると、染まりやすいです。
その方が居心地もいいだろうし。

逆に無理して背伸びしたところに行けば
それはそれで、染まりきれなくなってしんどいこともあるのかもしれません。
遊びと部活と勉強と、、、とにかく忙しいから。

地元でよく知ったところで学校を探されている方や
上にお子さんがいらっしゃる方は
大丈夫だと思うのですが
我が家のように他県から引っ越してきた人間、長男の場合、
親子で見学は必須だと思いました。

中学校の先生は
高校なんてどこも一緒
そうおっしゃいましたが
ぜーーーーん全違う。
と、私は思いました。


息子の通う高校は
がり勉風というよりは
明るく親切な子達が多いのですが
根はとてもまじめ。
全てを一生懸命やっています。

先輩も後輩に対して
勉強の仕方とか
たくさんよいアドバイスをくれます。

部活なんて特に。

監督さんに叱られないように前もって教えてくれるわけで。
これはちょっぴり面白いのですが
例えば、遠征の時の貸し切りバスの中ですら
「寝てはいけない」とか
通学中や校内で
「制服の袖をめくってはいけない」とか
部活の反省ノートを書けば
このような書き方(内容も字も)では読んでもらえないと
添削してくれたりだとか・・


ここの学校の子達で行動している時は
とても安心感があります。
色んな人の集まりの中学までとは大違い(笑)




高校選びに悩んだら
多数の学生さんが見られるところに顔を出してみる。
(近所の○○さんが行っているから、だけでは個人なので違いがあるかも)
少しでも参考にしていただけたら幸いです。

SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/03/19 15:49
お越しいただきありがとうございまするんるん


皆様お待たせいたしました、え?待っていない?

いや、もしかしたら
いまご苦労されている
グレーやボーダーのお子さんのお母さんが
待っていてくれるのでは、そう思っています。

金曜日、ついに公立高校の発表でした。


ついていこうか迷ったのですが
とても心配で
ついていくことにしました。
二校のどちらへ行ってもいいのだけれど
第一希望の学校へ。



10時発表なので
骨組みの前にたくさんの親子が囲むように待っていました。

時間になって先生が
大きなベニヤ板を二枚運んで来て
くるっと表に返してはったのですが


ざわざわ・・・

余りにも字が小さすぎて見えません。



遠く取り巻くようにしていた人たちが
一斉に前に押しかけて、、、
多すぎてピンポイントで探せない〜。


ぎゃーーーーー

すっごい悲鳴も聞こえる中

息子が私の後ろから
「あ、あるわ」

えーーーーー
見えたん?ちゃんと見たん?

「うん、写真撮って拡大してもう一度みるか」

人ごみの中から抜け出して
見てみたら
番号とその横に本校合格

そう書いてありました。

第一希望がダメで第二希望になった場合
相手校に合格 と書かれます。
どちらも残念な場合は番号すらありません。

ということで
その高校の合格人数よりはたくさんの数字が並ぶので
とても見るのが大変。

うわ、、、NHKもきていますわ。

ちょっと、感動を、、、
ハグハグ、ヒシっと
感動をしたかったのですが

「あ、お父さんにメールしなきゃ」
渡したばかりで不慣れなスマホで
メール(おそっ)。

相変わらず、感動しない人というか
喜ばないというか、、、謎の男です。
涙もひっこむわ。

まぁ、自己採点した段階で
初めの試験が105/110点
本命の試験が107/110点

今まで受けた模試でも取ったことのない
自己最高点だったのです。
なので自己採点が間違っていなければ
落ちるわけがない、、たぶん。
そんな気持ちでいたので感動が薄かったのでしょうか。。

とは言え今年度から試験の配点や時間、問題数、内容が変わり
大手塾もボーダーラインを出さない出せないという困惑ぶり。

なので不安がないといったら嘘でした。
ボーダー見たところで、
試験は終わっているのだから仕方ないと息子は言いますが。


知能は半年遅れと言われ
しまじろうの教材はその月齢にはあわず
3歳でもまともに話せず
年少さんでもおむつでした。

そんな子がこんなに成長したexclamation×2
本当にいろんなことを受け止めて
色々私も勉強して
本当によかった。

これからは各中学のトップの子の集まりの中
どれだけの頑張りができるかはわかりません。
第一希望の子しかいないので相当厳しいと思います。
切磋琢磨できるかな?

この学校の文化祭を見に来たときに
がり勉おたくという感じは全くなく
本当に親切で明るく、行動力のある生徒さんばかりで驚きました。
やっぱり、学校は見学した方がいいです。

息子もそういう子になってくれたらいいなと思いました。

ここでは、いい友達をたくさん作って欲しいと思います。

はぁ、一段落したんですけど
わーーーーって喜びやら何やら発散して区切りを付けたかったのですが
なんだか普通に過ぎちゃいました。








SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/03/06 15:16
お越しいただきありがとうございまするんるん


居ても立っても居られない状況で
もう、流し台、シンクがピカピカになったSHU-MIです(笑)


ひな祭りの日、卒業式。
泣けるわけもなく。

土曜日、お弁当持ちで塾。

日曜日、お弁当はないけど塾。

月曜日、ついに入試。

お弁当もいる。
息子はとにかく朝ごはんを食べるのが遅い。
トイレも長い。
着替えも遅い。
朝の支度に1時間半はかかるという男。

そういう事で息子は5時過ぎに起きるというので
私は5時前に起床(ノД`)・゜・。

大好物のオムライス弁当に大好物のチーズとキットカットを添えて。

ケチャップでサンシャイン風に
ぇぇぇーーーーーーーい
と書いたけど
後で叱られそうなのでクシュクシュってしておきました。


ポケットにはお守り増量してやった。
ポケットにはハンカチ、ティッシュ、ストッパとクレベリンスティツク。

神様に手を合わせ
雲行きが怪しかったので駅まで送りました。


夕方戻ったら
塾のHPを見て自己採点。
明日の面接の準備。

火曜日は面接の後、中学校へ自己採点や面接の報告。
受検会場や中学校が近い子は楽なのだろうけど
息子にはしんどい話。

水曜日、塾。

木曜日、本命の試験。
金曜日、本命の面接とまたまた中学校。


きっとあっという間に過ぎること。
長い人生から見たら
ほんの通過点でしかなく
後になれば笑い話。

でもまだ15年しか生きていない子供にとっては
ほんとうに、ほんとうに、体も心もしんどい一週間だと思う。

これを見ている私もしんどいけど。
ご飯やお弁当にもめっちゃ気をつかう。



夕方、駅まで迎えに行くから
夕飯の支度をさっさと済ませました。

テレビを見てもちっとも内容が入ってこず。

しーーーーーーーんとした音に耐え切れず
シンクを
ゴシゴシぃいいいいいいいいいいいい。
シンクに穴開くわW

他県の人から
2校受けられていいねと思われるでしょうが
1日で終わってくれたほうが、、、楽だわ。

しかも、受けられるのは
何度も言いますけど
同じようなランクの高校は選択できないようにグループ分けされているので
本当に選び方が難しいのです。
本命とツーランクくらい下という感じの組み合わせ。
悩むのが増えるだけのような気がします。

さあ

空前絶後のぉおお
超絶怒涛の一週間。
気合を入れて乗り切ろう。
GOALは目の前。




SHU−MIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ