2019/03/20 21:04
先週、実家を訪ねていて、父、母と三人で
お菓子を食べながら、お茶をしていたときのこと。


何だか父の様子がおかしい…

突然ろれつが回らなくなり、声も出ない。

顔の半分がひきつったようになり、

膝の上に置いていた本も掴めず床に落ちて。

意識はあるので声をかけながら様子を見ると

5〜10分程で元通りに。

会話もできるし、お茶も飲める。


でも、今のは脳梗塞のような症状。

母が以前なった一過性の脳虚血発作かも。

聞けば前日も突然平衡感覚がなくなり、

座っていて倒れたと言うし。


すぐにかかりつけの総合病院へ連絡すると、

受診してくださいとのことで

症状はおさまっていたので、私の車で病院へ。


CTやMRI、心電図など検査しました。

特に血管が詰まっているわけでもありません

でしたが、今後、脳梗塞を起こすリスクが

高いので、経過観察と、もっと詳しい検査を

するために入院となりました。

私もその方が安心です。


となると、今度は母の問題が…

母は介護認定4の認知症で、

一人で家にいることはもちろん、

身の回りのことも殆どできません。

日中のほとんどをデイサービスで過ごして

いるものの、送り出したり、帰ってくる時間には

誰か家にいないといけないし。

父の検査中、私が頭を悩ませていた間の

姉の行動が早かった!

すぐにケアマネージャーに連絡を取り、

いつも行っているデイサービスの所で

ショートステイが利用出来ないかを聞き、

翌日からの予約を取ってくれました。


入院した日は私が実家へ泊まり、

翌朝、用意をして母をショートステイへ送り出し、

父の入院の用意をしている間に姉夫婦が到着。

私は午後から仕事へ。父の病院へは姉夫婦が。


義兄もすごく協力的で、姉宅から実家まで

一時間半はかかるので、突発的なことには

なかなか対応できなくて申し訳ないが、

退院や通院など、前もって分かることには

仕事を休んででも行くから、と、

毎回、快く来てくれます。


以前にケアマネージャーから助言があり、

こういう事態も起こりうるからと、年明けから

練習がてら二回ほどショートステイを利用

していたのも良かったです。


ケアマネージャーや施設にも素早い

対応していただいて助かりました。


介護は先が見えず、まだまだ大変なことも

あるでしょうけど、悲観せず、助け合いながら

力を借りながら乗り越えていきたいと思います。

meruさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)