2017/09/19 14:45
今日も暑い!

朝と夜はだいぶ涼しくなったけど、

日中はクーラーつけちゃおうな??

と考えるくらい暑いです。

でも、真夏の暑さに比べたらだいぶましなので、

とりあえず我慢。

電気代も、勿体ないしね。


この週末は天気がイマイチだったし、

息子たちがちょっと風邪気味なので、

家の中で過ごしていました。



息子が夜寝ついた後は、

夫婦で映画三昧。




WOWOWで録りだめていたのを観ていました。

・ミュージアム

・ミュージアム 序章

・誰かの木琴

・SCOOP

・そして父になる

うわ〜5本も観てる(笑)

けっこう夜更かししてみてましたTV

面白かったのは、

SCOOPとそして父になる。

両方の映画とも、

出演者は福山雅治・リリーフランキー・吉田羊さん。



「SCOOP」はもう衝撃的なラストで、

最後は目が離せなくなってました。

いろいろな伏線があって、

もう一度観てみたいと思えるくらい。

実際に今日も家事をやりながら、

流し見しちゃいました。

前半は取材シーンが多め。

カメラマンと記者が、

芸能人のスクープを撮るのって、

こんな感じなんだろうな〜と、

かなりリアリティがありました。

さすがに後半は、

リアリティからは離れてたけど、

それでも、見終わった後のドキドキ感はすごかったです。





「そして父になる」はだいぶ前に撮ってあったんだけど、

なんか見られなかったんです。

なんでだろ〜。

話題作だったし、

ストーリーも大まかにわかってたんだけど、

なんとなく。

SCOOPを見た後に、

ふと、この映画も福山とリリーさんだな・・・。

と思って続けてみちゃいました。

「そして父になる」は、

なんか、見ながら自分に置き換えちゃうんですよね。

『自分だったらどうするだろう?』と。

登場する子供の設定も、

小学一年生でうちの息子と同じ年。

もし、この年まで育てていた子供が、

自分の子でなくてほかの子だったら??と。


親の気持ちと子の気持ちが、

本当に切ない映画。


簡単にはハッピーエンドとは行かないだろうけど、

なんとかみんな幸せになって欲しいと思う映画でした。


映画の話からは反れるけど、

エンドロールを見ていたら、

吉田羊さんの名前があったんです。

でも、どこで出てたかなかなかわからなくて・・・。

公開されたのは2013年。

ちょうど、人気が出てくる前の作品だったらしく、

本当にすごい脇役で出てました。

顔は全然写ってなかったんだけど、

声で何とか発見!!

パパさんと一生懸命巻き戻ししながらやっと見つけました〜(笑)

SCOOPでは、かなり主要な役柄だったので、

そんなところも、比べて観てみると、

なかなか面白かったです。



ちなみに・・・。

「ミュージアム」はかなり後味が悪く、

観ていて怖かったです。

見応えはかなりありましたが・・・。



IMG_0323.JPG


愛媛在住の友人が送ってくれた、

みかんジュースとみかん酒。

このジュースが感動の味!

味は濃いけど、さらりとしていてさっぱり!!

ごくごく飲みたいけど、

すぐ飲んじゃうと悲しいので、

少しづつ飲んでます。

みかん酒は映画を観ながらロックでいただきました。


特に何にもしなかった休日だったけど、

映画鑑賞とみかん三昧なそこそこ楽しいお休みでした♪



ごえもんママさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/25 23:51
『海角7号 君思う 国境の南』

という映画知っていますか?

台湾で2008年に公開された映画で、

台湾国内では社会現象になるくらい人気で、

タイタニックに次いで史上2位になるくらい、

有名な映画なんです。


この映画を始めてみたのは4年ほど前。

WOWOWで放映されていたのを録画して観ました。


なんとこの映画ヒロインは、

台湾で大活躍されている、

日本人女優の田中千絵さん。

この映画を観て初めて知った女優さんです。




ストーリーは日本統治時代だった1940年代、

第二次世界大戦終戦後、離れ離れになってしまった、

日本人と台湾人の恋人たちの届くことがなかった手紙を、

ミュージシャンになることをあきらめた青年(ファン・イーチェン)が、

現代で見つけるところから始まります。

さらに、

日本人歌手 中孝介のコンサートを成功させるために、

なんとなく楽器や音楽ができる人を集め、

バンドを結成し、

アクシデントやトラブルがありながらも、

ライブを大成功させる。

その中にはミュージシャンになることをあきらめた青年と、

何をやってもうまくいかない、

元モデルの日本人マネージェー(田中千絵)のラブもありと。

ストーリーはかなり王道のものです。

なんとなく俳優さんたちの演技も軽い感じがして、

完成度が高い映画が好きな人は、

物足りなさを感じるとは思いますが(笑)

この海角7号なぜか一度観たら、

忘れられない魅力がありますぴかぴか(新しい)


私が一番好きなシーンは最後の海辺のライブシーン。

即席バンドで年齢も性別ももちろんバラバラ、

おじいさんがいたり小学生がいたり。

でも、このライブシーンがかっこいいんでするんるん

劇中には日本語の会話や、

ナレーションもたくさん出てきたり、

台湾映画が初めてという方でも、

とても観易い映画だなと思います。





台湾大好きな私♪

独身時代は友達と一緒に台北に行ったり、

1人でバックパック背負って、

地球の歩き方と台湾のグルメ本をもって、

美味しいものを食べに台湾一周をしたくらい。


最後に行ったのはもう10年以上前。


IMG_6535.JPG



久しぶりに映画を観て、

台湾が恋しくなってしまったので、

今年の夏は思い切って、

家族で台湾旅行に行っちゃいたいと思います(笑)

冗談じゃなくって本気ですわーい(嬉しい顔)



みなさんも機会があったら、

『海角7号 君思う 国境の南』

観てみてくださ〜い揺れるハート













ごえもんママさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/11 14:43
最近の私の息抜きタイム♪

息子がお昼寝時間に、

WOWOWで録りだめていた映画を観ることです。


ちょうど2時間くらい寝てくれるので、

映画が1本見終わるか、見終わらないか。

息子が途中で起きてしまったときはそこで終了、

また、次の日に観たりします。




私は洋画より、

どちらかというと邦画が好きです。


好きな俳優さんが出てると嬉しいし、

日本映画の雰囲気が好きなんです。



先週観てとても面白かった映画は、

「セトウツミ」

キャストは、

菅田将暉&池松壮亮。

両方ともとっても大好きな俳優さん。

2人とも制服を着て高校生役で出演されています。


この映画かなりゆるいです(笑)

な〜んにも事件は起こらないし、

なんかストーリーの核となる出来事があるかというと、

それもない。

高校生の2人が放課後、河原の階段で、

ひたすら喋るという映画なんです。

だから、撮影場所もほとんどが階段に座って。


でも、それがこの映画のすごいところ。

関西弁での二人のやり取りが、

くだらない話あり、

シュールな笑いあり、

好きな人の話で盛り上がったり。

そしてところどころに、

区切りのように入る音楽がまた絶妙。

二人の演技とやり取りに自然と引き込まれるんですね。



上映時間も75分とやや短めなでちょうどよく、

(2時間とかだと飽きるかも)

二人のやり取りが漫才のように楽しめるのです。



この映画、原作はマンガのようです。

もし、マンガ喫茶とかに行くことがあったら、

マンガも読んでみたいな〜と思います。





さて〜お昼寝している息子もそろそろ起きてくるかな。



IMG_3924.JPG



旅の友からもらった、

フランス土産のお菓子とコーヒーでも飲んで、

リフレッシュしたらのんびり充電時間は終わりわーい(嬉しい顔)


夜ご飯なに作るか考えないとな〜exclamation×2














ごえもんママさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ