2018/11/09 16:25
こんにちは


普段、腕時計はあまりしないけれど

学校やスクーリング会場では時計がない所も多く

腕時計があったほうがいいなと思い

電池切れのまま家に置いてあった

時計の

電池交換をすることにしました。



そもそも腕時計をしないので

電池交換ってどこでしてもらえるんだ?

時計屋自体パッと思いつかなくて。


ネットで調べてみると

意外にあるもんで

一番近かった某小型モールの宝石売場で交換することに。


予め電話で確認したあと

店舗に持って行き交換をお願いしました。


15分ほどで交換できるということで

時間になったので戻ったところ


この時計をお預かりします と


え?


どうも電池交換したあと

後ろの蓋が閉まらなくなったらしく。


ガラス面の大きい時計なので

無理に押し込むと割れる可能性があるらしく

このまま時計を預かって修理に出すと。



いやいやいや・・・

そんな説明受けてないよ・・・


明日使いたいから、この店にお願いしたのに。



しかも、そういう可能性があるなら

初めに一言いってくれれば良かったのに

なんの説明もなく勝手に2週間預かりますなんて...



それに定員さんの態度がかなり高圧的で

申し訳ないけど

この人にお願いするのは嫌だなと。



そのままの状態でいいから

時計を返して欲しいと言ったところ

本店に持っていって直してください と。


この時点で、私のこの店に対する評価は激落ちだったので

本店なんて行きたくないわ。

と思っていたところ

もう一人の定員さんが、勝手に電話で連絡を入れている

 (苦笑)



なんなんだこれは・・・

と思いながらも

出来れば明日使いたいし

まぁいいか....と

その足で本店とやらに行くことにしました。



説明された店に行くと

そこは地元の古い商店街の一角にある

宝石店でした。



古いけれど、こちらは本当に宝石店!という感じで

今回の用事がなかったら

まず、入ることは無かったでしょう。


上記のことがあったので

また嫌な思いをするかも...なんて思いながら

入ってみると

奥には高齢の夫婦と思われる

お店の主人と奥様らしき人

それに、お客さんが2人ほど。



先ほど、某店で時計の電池交換をお願いした者です

と時計を出しました。



すると、お店の方が

こちらへどうぞ と席まで案内してくださって

コーヒーまで出していただきました。


これまたお店の雰囲気の素敵な事!!

なんだろう

人昔前のラウンジとでも言うのか...←いくつだ

レトロで高級感溢れる感じ。

(宝石店なんだから当たり前だけど)




適当な格好をして、ここにいるのが申し訳ない感じすらしましたが

時計が出来上がるまで

待たせていただくことにしました。


あっという間に出来上がり



お会計は千円弱と

商売としてはお金にならない客

(そこで買った時計でもないわけだし)

ですが


ゆっくりしていってくださいね と奥様


それはそれは、お上品で

とっても物腰柔らかい話し方をする方


ご主人もとても親切で


(勝手に夫婦にしてしまっているけれど^^;)


なんと素敵な店なんだ!と。

気品が溢れ出ているとは、こういうことかと。


私の表現力では

このすばらしさを伝えきれない。





せっかく淹れていただいた珈琲

お言葉に甘えて

飲み終わるまでくつろがせていただきました。


こんなに適当な格好をして

電池交換だけの客でも

宝石を買ったお客さんと同じように

店を出たあとまで接してくださる姿勢に

すっかり魅了されました。



ここへ来る前の私はもうおらず

溢れんばかりの幸せとウキウキの心



そう遠くない未来に

自分へジュエリーを送ろうと決めている私



もし

こんな素敵なお店で買えたのなら

ジュエリーを見る度にお店のことを思い出して

素敵な気持ちに浸れるのだろうと思いました。



そして

初めに行ったお店でのプチトラブルがあったからこそ

このお店に辿り着いたわけで。


わたしも、気付かぬうちに人を不快にさせていること

沢山あると思います。


もちろん、今回の1店舗目の件も

私がそう感じた・受け取っただけで

お店としては

正しい・あるいは問題のない対処なのかもしれません。




結果として

私はとても素晴らしい気分を味わい

また一つ、気付く機会をもらったと思っていますわーい(嬉しい顔)



人に対してどんな対応を取るのか

その結果

人を嫌な気分にさせることもあれば

こんなにも人の心を満たすこともできるぴかぴか(新しい)


人が人に与える影響は

良くも悪くもやっぱり大きい。


それって難しいですけどね

できれば後者でありたいと思いますぴかぴか(新しい)





ここまで読んでくださりありがとうございました*⋆

IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
小豆さんへ

こんにちは(*^^*)

小豆さんの言葉に私もウルウルしましたよ〜^^;笑

エッセイの出版なんて(>_<)と思いましたが、ブログを書いている時点でやっぱり発信するのが好きなのでしょうね。
いつかできたらいいな(^^♪ 
夢は大きく持とうと思う今日この頃です。


小豆さんが私の気持ち(使えたいこと)を読み取る気持ちを持って読んでくださるからこそ、そう感じていただけているのだといつも思っています(*^^*)

文章だけですし、きっとどんな風にも受け取れると思うから。
私の方が何かいただいているような気がします(*^-^*)


こんばんは♪

IDUMIさん、連続コメント失礼します。

素晴らしい体験のお裾分け、ありがとうございます。
なんだか涙がでそうになってしまいました…。

IDUMIさんは、感じたお気持ちを表すのが
本当にお上手です。
いつかエッセイでも出版されては…?(笑)

時計をつけて、頑張ってください^^