2018/08/05 10:45
こんにちは


先月、大学で心理学実験のスクーリングを受けた際

色々な心理学実験の紹介がありました。


その中で、ある実験が話題に

そして、その話は

映画化されているそう。


ただ、あまりにもひどい話で(映画なのでさらに)

授業の一環として、観たある生徒が

過呼吸を起したらしい。

(ちなみに、他の学校で別の先生が行った授業です)


そんなことを聞いて

気になるけれど、見れない

状態が続いております。


ここではこれ以上触れないけれど


なぜ、そんな事を書いたかというと

最近、私がずっと書きたいなと思っていたことに

話が繋がるから^^;




今、聖書を読んでいます。

0EF84225-0F10-4772-82B7-195F9D30C379.jpeg

キリスト教の科目いくつかは必修科目なのです


初めて手にした聖書

パラパラとめくって、そっと閉じました。。。

とても読める気がしなかったのです


それでも

物事って始めて見ると

意外に面白い発見もあるものです。



さすが、世界で一番読まれている本



今、必死に読んでいる途中なのですが

大事にしたい言葉をさっそく見つけました。



「外から人の体に入るもので人を汚すことができるものは何もなく

人の中から出てくるものが、人を汚すのである。

・・・

つまり人間の心から悪い思いが出てくるからである

・・・

貪欲、悪意、詐欺、ねたみ、傲慢・・・


これからの悪はみな中から出てきて人を汚すのである」


その通りやな・・と思いました。




初めに書いた、心理学実験のこともそうですが

お化けよりも何よりも

生きている人間が一番怖いのかもしれません。



そして

この言葉が私の中で引っかかったのは

たまたま見た本のある言葉

忘れられなかったからかも。



「四つのものは、帰ってこない。」

” 口から出た言葉 ”

” 放たれた矢 ” 

” 過去の生活 

”そして、失った機会 ”


アラビアのことわざ だそうです。



この中で私はとくに

”口から出た言葉” と ”放たれた矢”に

心がチクりとしました。


どんな時も

故意に傷つけるつもりではなけれど

冷静に考えれば

あんな言葉は使わなかったな...

あんな言い方はしなかったな...

ってのは正直あります。




どんな時も

心をクリーンな状態に保つことは難しい。


でも、悪いものが人間の体の中から出てくる

ということは

その逆も然り。



結局はどんな自分を出すのか

ということかなわーい(嬉しい顔)




昨日、今日と地区の盆踊り

5C6771CB-FEBC-4A77-9A7B-BA21AB87118A.jpeg

自然と人が集まって踊りだするんるん





そうそう

長男にとって

夏休みの最大の課題であった

読書感想文メモ


昨日、終わりました。


初めての読書感想文


課題図書ではなく

長男の好きな「100かいだててのいえ」にしました。

F7661142-1D09-4E03-8064-2975263B6634.jpeg


ミニバージョン

996E62EF-CC71-4901-8468-CC010B9AB0A7.jpeg


10階ごとに色んな動物が住んでいて

細かい絵が、たくさん描かれているので

絵から話を膨らませやすかった気がします。


文章からというより

絵から読み取る方が書きやすいし♪


初めての読書感想文なので

出来栄えよりも

とりあえず、書き切る!


私的には

それさえできれば◎






ここまで読んでくださりありがとうございました**






IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/02/17 16:46
こんにちは



いつもブログを書くときは思いつくままに書く方で

だからあちこちに話が飛ぶ時もあるんだけど^^;



でもたまに突然

『 これ書きたい!! 』って

衝動に駆られることがあって

なぜかお皿を洗ってる時によく思いつく 笑

忘れないうちにケータイのメモにその言葉を残しておくんだけど

それがいっぱい溜まってて(*_*;

やっとまとめる気になったので書ける


今日は

自己啓発の源流「アドラー」の教え T ・U

嫌われる勇気幸せになる勇気について

A968FB6C-AD92-4C02-87B6-CB94E6A0A4D3.jpeg

もともともう一冊の本

アルフレッド アドラー
人生に革命が起きる100の言葉

を読んでいたので

図書館で借りて読んでからお気に入り過ぎて購入

嫌われる勇気に関してはそんなに衝撃があったわけではないけど

新たな発見もたくさんありました。

哲人と少年のやりとりには楽しませてもらったし 笑



この本の中にでてくる

他者を満足させる為に生きているわけではない

って言葉が大好き。


これは自分に対しても言えることだけど

人に対して(特に身近な人)にも当てはまること。



そんなこと当たり前にわかってるつもりだったけど

自分の理想が突っ走ってる時があるかもしれない。


求めていないつもりでも

口にこそださなくとも


 " そうなったらいいな ”

" こう言って欲しい ”


もっとエスカレートすると


" なんでやってくれないんだろう ”

"もっと考えてくれないんだろう ”

" 私の気持ちを汲み取ってくれないんだろう”



って思ったこともあったなー(゜_゜)


やだやだー

書いててなんて自己中な女なんだと恥ずかしくなる。

でもそういうの無いですか? 

わがままなだけかな^^;



自分が自然とできることや気を付けている事って

同じように相手にも要求しがちな気がする。


自分の欲しい言葉や行動を相手に求めてるんだね〜

人は自分を満足させる為にそこに居る訳じゃないのに。


あと

私が変えてあげなきゃ

私が教えてあげなきゃ

そうすればきっとあの人(子)は変わるわ!

的な考え方ね

結構あったな〜と思って( ̄ー ̄) ←遠い目


でもそれってコントロールと変わらないし

ただの自己満足かも。


本人は変わりたいなんて思ってないかもしれない。


それは "私にとって直した方がいい ” と思ってるなんだよね。


もちろん当時はそんなつもり全然なかったけど

誰かを変えたいと思う時点でそれは否定になるし

自分の理想を押し付けてるのと

なんら変わらんと思うのです。


本人にお願いされたわけでも何でもないのに

自分が勝手に相手のためによかれと思ってやってること。


こうやって書いてると恐ろしいけど

まったく悪気無く自分でも気づかずにしてたりするもんで。


その人を想ってしていること、言っていることが

本当は自分の為だったってこと

案外あるかもね〜



人は変わらないし、むしろ変わる必要があるのか?

もちろん自分自身も。



変わりたいと思うなら 他の人の手ではなく

自分で変わるはず。

っていうか人は変えられないし

変わりたきゃ自分が変わればいい。


本の中で

自分の課題と他者の課題って言葉が

よく出てくるんだけど

結構 人の問題(課題)を自分の事に置き換えている時があるかも



冷たく聞こえるかもしれないけど

昔からあまり人に興味がないほうで。


いや、、、違うな。

興味はあるんだけど

その人が何やってても、自分とは真逆な意見でも

その人にはその人の考え方があるから

意見が違って当たり前だし

それをどうのこうの思わない。


その代わり

逆に、私が人から言われても

自分が正しいと思ってる意見は曲げない。

頑固だから 笑



それでも自分に近い存在となると話は別で

今でいえば子供。


その人の問題を自分の問題かのように

してしまう時もあって。


これはもちろん心配な気持ちから来るものだと思うから

別に悪いことではないんだけど


子供に限らず

自分の問題と、人の問題を履き違えてはいかんな

と思ったのです。




結局はどんなことも
気持ちの持ちよう・考えようだし

自分の選択でいつでも変えることができる

本当はそういう自由さがあるはず。



You can take a horse to the water

but

you can't make him drink.



*馬を水辺まで連れていけても水を飲ますことはできない




本の中にも出てくる有名なことわざ



最後に決めるのは本人

誰にも強要はできなのです。


仮にいっときは出来たとしても

それはただ抑え込んだだけで

本当の意味で相手が理解したり納得したわけではないのだし


そんなものはすぐに崩れ落ちる


どんな悩みも対人関係の中で生まれる

ということは

生きている限り、ずっと問題は続くわけだけど

実際はとてもシンプルなことで

自分は自分

その人はその人

ただそれだけのことなのですよね。



自分も人も誰にも変えられないし

誰かの為に変わる必要もない。



その人のいい面も欠点も

すべて含めてその人なのだし

尊重するいうことは

すべてを含めてその人のことを受け止める

受け入れること。






前にも書いたことがあるけど

EELMANのsimpleって歌が大好きで

色々考えだすと聴くんですが

結局、そう難しく考えることはないよな

と思うのです。



昨日は買い出しぜず夕飯を作るつもりでしたが

食パンのリクエストがあったので

結局パンとベーコンを買い足しました。


457ED060-5675-4B9E-94C9-061E206CEF53.jpeg

ミネストローネとピザにベーコンいれれたので

良かったんですけどね。



今日のお昼ご飯はパスタ

3982B143-BBC9-4EA3-B87E-863E09091042.jpeg

昨日もそうですが子供たちがよく食べるものは

鍋ごとドーンexclamation×2

『 ご自由に好きなだけどうぞ 』スタイル

私が楽だから 笑



先週、息子たちのヘアカットに行ったけど

次男が嫌がって長男だけお願したと書いたのですが

あれから次男も髪を切る気になったようで

お店に行くというのでさっき行ってきました美容院



本人が行くと決めたこともあり

自ら進んでやってもらいすんなり終わりました。


髪型も気に入ったようで嬉しそうにしていますわーい(嬉しい顔)


4BB5B5C8-DB04-4D40-A208-589872C38319.jpeg


長男とケンカしてたから涙がプチっとついてる 笑



やらなきゃいけないことを

嫌だ!と言ってそれを簡単に許すのはどうかな?とも思うけど

本人が必要と感じれば自ら言ったりやると思うし。


最近少し前から

言葉の教室でも同じようなことがあったのですが

無理強いしてやらせることでもないと思っているので

本人の意思に任せます。

次は頑張ろうね〜くらいはいいますけど。


本当に鬼気迫ることは待てないけど

言葉の教室とか髪の毛くらいなら

まぁ待ってもいいかも

結局、やるのは彼ですから。




長男のリクエストで今日の夕飯は秋刀魚です。

そろそろ焼き始めるかな〜


休みの日は早めのご飯にして

お風呂入ってゆっくりしたい家




最期まで読んでいただきありがとうございました**




IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/02/12 08:42
おはようございます


今日のタイトルは少し意味深ですが

最近読んでいる

月極本という本について。


AC0FEA56-5FAD-4490-ACBC-11511302A069.jpeg


この月極本

現在は1〜3までありシリーズがあり

ミニマルライフについて書かれています。


2000部限定で発行されていて
 
私がこの本を読みたいと思った時には

月極本1はすでに手に入らず。


ちなみに1のタイトルは

アイム・ミニマリスト

たぶん

この本はどこにでも売っているわけではなくて

発行しているYADOKARI


一部の店舗でしか買えないはず。

間違ってたらすみません


そもそもこの本を知ったキッカケは

何気なくネットを見ていた時に

タイニーハウス

というものが出てきて

そのタイニーハウスなるもに

一瞬にして魅了されたから。



タイニーハウス=小さな家


数年前からマニマリストや断捨離

持たない暮らしなど

よく見聞きするようになりましたが

タイニーハウスは

無駄のない暮らしの決定版とでもいうのかな?



ちなみにこのタイニーハウス

移動型と固定型があるらしく

移動型はトレーラーハウス


その名のとおり車で移動することができます。

タイニーハウス自体は日本でも可能なようです


トレーラーハウスは無理でしょうし

もちろん色々な条件があるでしょうが・・


気になる方は検索してみてください。

とっても可愛くて夢のようなお家が沢山出てきます家ハートたち(複数ハート)





月極本それぞれのタイトル


1 アイム・ミニマリスト

2 幸せな死に方

3 好きなお金、嫌いなお金。




今回は月極本2 幸せな死に方について

私なりに思ったことを書きたいとおもいます。



初めの方に

僧侶松本紹圭さんのお話があるのですが

 幸せを先送りしていませんか?

という言葉


とても心に残っています

幸せに限らず

色々なことを先延ばしにがちだなぁ


もちろん

今はタイミング的に難しいことはあるけど

じゃあ、いつならやれるの?

と言われると具体的に出てこない。


でも本当にやりたいと思ったことって

考える暇なく突き進んでいるし。


最近思うのは

大きな事こそ深く考えずにやるべき!


いつかと言っているうちはきっと来ないですからね



私的に幸せになる勇気と

少しだけ似たところがあるな〜と感じました。


A968FB6C-AD92-4C02-87B6-CB94E6A0A4D3.jpeg



私は離婚してから

より人生について深く考えるように


今まで考えてこなかったわけではないけど

結婚して 子供を産んで

お母さんになれて。


子供や旦那の為に家庭を回す

それが嫌だったわけでもないし

ごくごく自然な流れだと思ってやってきた。


結婚してお母さんになったら

子供のことが優先でお母さん” とか  妻 ”

っていう職業みたいな感じかな〜

元々向上心がない方だから余計かもしれないけど

このまま家族のことを優先して

毎日が過ぎていくんだろうな〜と思ってて


W自分 "っていう個体で人生を考えることが

全くなかったような気がする。


それが離婚して

将来の不安を感じたからかも知れないけど

自分はどんな人生を送るのか?

送りたいのか?

お母さんではあるけど

誰かの妻ではなくなり、子供が巣立った後

自分一人で生きていく可能性もあるわけで。


深く考えるようになったキッカケは

不安から来るものだったかもしれない。


最近になって 人生って一度キリなんだ って

本当の意味で理解し始めた。

と同時に

私、このまま何となく生きていくのは嫌だな

と思うように。


死について考えると

胸が苦しくなって背けたくなるけど

終わりがあると意識的に認識しておくことで

得られることも沢山あると思うのです。



人生は厳しくて

好きな事ばかり選択できないし

やりたくないことをしなくてはいけないし


それが人生だと言えばそれまでですが

それって本当にしなくてはいけないモノなのか?


仕事一つにしても

生活する為(お金を稼ぐため)の行為なのに

自分のプライベートより仕事が主(すべて)になって

ストレスフルとか



心身ともに健康な自分がいて成り立つことなのにね

そうやって言うと

いやいや・・人生そんな甘くないよ手(パー)

 なんて言われそうですが

やっぱりそうなのですよ。



いつ終わりが来るか分からない人生の

どこに重きを置くのか。


現実問題難しいけどそれが出来たら

なんていいだろうね〜


だからこそタイニーハウスのような物が

生まれると思うのです。



欲が過ぎるが為に

もっと頑張らなくてはいけない状況を

自分で作ってたりも。

←自分で書いてなんですが思い当たる所あり


頑張って頑張って駆け抜けた先に

夢見た将来が待ち受けてるかは分からないし

自分がそこに到達できるかさえ誰もわからない。


幸せを先送りにし過ぎるのは考え物ですね。

ものすごーーーくザックリいうと

もっと今にフォーカスすべき

という事じゃないでしょうか?



やっぱりやりたいこと・やると決めていることは

どんどんやっていかないと

人生は自分が思うほど長くないよな

と思うのです。


なんとな〜く世間や自分の考えるレールに沿って

道に外れないように軌道修正しながら

人生を歩いている(つもり)だけど

自分の考える常識がぶっ飛ぶくらい

現実にはいろんな選択肢がある。


自分の価値観ってなんて小さいんだろう

と思うこともしばしば



まとめると

大切なのは自分がその状況が好きかってこと。

そこで変えていくのか

現状のままでいるのか

どちらにせよ難しい事です。


でもね

今ある状況は自分の選択上での出来事だから

変えることも自分の意志次第でできる

ってことになるでしょ?


そう思えば大抵のことはできる気がする♪

たまにこういう根拠のない自信が湧いてくる時があるのです

楽観的過ぎか? 笑









* * *





歳を重ねる分だけ

精神的にも大人になれればいいのにな。


そしたらおばあちゃんになる頃には

もっと謙虚に

いろんな事に向き合えるようになって

自分の最期も受け入れられるような気がする。


でもきっとそんな事ばかりでもないだろうから

人は不安になるんだろうな。


ってのが私の感想です




長々とお付き合いありがとうございました**





IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ