2018/10/29 23:06
お立ち寄りありがとうございます*°


海老原葉月です^^*






楽しみにしていた

米サンキュ!の稲刈りに

今年も参加しました〜♪


26F8E442-4068-4400-B8AA-423E1D092896.jpeg






昨年とは打って変わって

今年はまさに稲刈り日和♡






残念ながらパパはお仕事のため不参加。

私ひとりで子供たちを見きれるか

不安しかありませんでしたがw












B1CAD591-3A61-477F-8F6E-3BD3DEA1017D.jpeg


昨年に続き2回目の参加の長男。

今年は1人で鎌を持ち

黙々と稲を刈っていました。

その手際の良さと言ったら素晴らしかった!笑









6ADA6804-6712-4433-A0D4-375A08FD6600.jpeg

初参加の次男。

お米大好きくんなので

美味しいお米を食べるために

一緒に鎌を持って刈ったり

小さなお手手で一生懸命稲を運んだりと

3歳ながらしっかりお手伝い^^*











そんな二人を見て

なんだかジーンとしちゃう母。笑






ついこの前まで赤ちゃんだったふたりが

こんなにも逞しく

稲刈りしてるなんて……(′;ω;`)笑



家だとそんなこと考える余裕すらない私。

完全にこの自然の雄大さに

癒されたな。笑

















刈った稲は

藁でクルクルと束ねて

はざかけにします。



0003864F-9D94-49A3-9077-9AD114659BD8.jpeg






888DAAF2-D657-46C9-A12D-BAAA6F4B0A67.jpeg

近頃は乾燥機の普及により

はざかけの景色も見られなくなってきているそう。

太陽の恵みをいっぱい浴びたお米。

それだけでも美味しさ倍増なのにな…

なんてちょっと切なくなったり。


✱東北地方では『棒かけ』という干し方なんですって☆













29FF5675-BCEC-454A-9722-BED47AB8F6E1.jpeg

米→八十八の手間がかかる




機会が普及してきたとはいえ

それでも尚

たくさんの手間をかけて作られるお米。

八十八の、

それ以上の手間と真心が込められたお米。






ご飯のある食事が一般的だからこそ

もっともっと

『いただきます』に

感謝の気持ちを込めよう*°

目の前の食卓を作るべく

日々真心込めて作物を作ってくださる

生産者さんのことを思い浮かべよう*°












✱✱✱この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています✱✱✱

✱✱✱掲載の体験談は個人の感想です✱✱✱








最後までお読みいただき
ありがとうございます*°

読んだよ!の印に
サンキュ!ボタンを押していただけると嬉しいです♡


海老原葉月
海老原葉月さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ