2019/05/19 21:34
こんにちは!

フランス在住Keikoです。

フランスに住み始めて10ヶ月が過ぎました。

だいぶ暮らしも落ち着き、馴染んで来たかなと思えるように。




そんなわが家の食卓はだいぶ前からフランス色が強くなって来たような。


昨日の晩ごはんの様子。
(インスタ@klassiostyleもぜひ覗いて下さい♡)

32A6212D-3CEF-430D-8E17-68EC5FA1C011.jpeg
コンテチーズ、カマンベール
地元名物のサラミ2種
オリーブ
生野菜
ザクロ
ベリーの盛り合わせ
ズッキーニのディップ
ミックスサラダ
ガスパチョ風トマトサルサ
バゲット

チーズにサラミ、たっぷりの葉物サラダと生野菜。


ビタミン豊富なフルーツも忘れずに…


テーブルに置いた瞬間から子供達は我慢ができず…

D3C9719F-6950-4903-94C9-E55B4304231D.jpeg

横からスッと伸びて来る小さな手。
いつものことですけど、子どものこういうところって可愛いですよね。
ついクスッと笑みが溢れます。




フランスに来て割とすぐにわかった事はフランス人はサラダが大好き!ということ。
レストランでもメインディッシュとして大盛りのサラダが出て来ることは珍しくありません。


マルシェに行けば大きなレタスがひと玉1ユーロ以下で買えちゃうので、わが家も越して来て以来たくさんサラダを食べるようになりました。

60D2F200-D432-4DD1-971B-F9062041FBFF.jpeg

昨晩のサラダはガスパッチョ風なトマトサルサとレタスのサラダ♡
トマト、きゅうり、赤玉ねぎを角切りにして塩、ライム、にんにく、オリーブオイルで味付けのシンプルレシピ。
手作りキャロットドレッシングをかけて。


わが家の子供たちはチーズや生野菜が大好き。
発酵食品にビタミンと食物繊維たっぷりで親としては嬉しいかぎり。


海外に暮らし始めてからというもの、変わった事が事がいくつか。


☆基本原料に近い状態で食べる
 (野菜スティック、米、フランスパンなど)
→料理の手間が減って楽チン(*´∀`*)
☆逆になんでも一から作る
(ドレッシング、和菓子、その他諸々)
→海外じゃ欲しいものが手に入らず泣く泣くヽ(;▽;)


という理由で。
そしたら添加物の摂取量がかなり減りました。
特に意識したわけじゃないのですが(・ω・)

でも小さな身体の子供たちにとっては添加物は特別必要なものでもないので、なるべく摂らなくていいなら摂らないようにというのがわが家の方針。


自然が一番〜。


そしてそんな素材を徒歩数分のマルシェで購入できるのがまた魅力。


フランスの、特に私が住むリヨンは美食の街としてヨーロッパでも有名。

マルシェにはたくさんの旬の素材、美味しい素材が並ぶんですッ!
これからの時期は色とりどりのフルーツや野菜が店先に並び一番いいシーズンに!

海外暮らしは色々大変だけどこのマルシェと美味しい食べ物があるから乗り越えられると言っても過言ではない!


手間なしでも美味しいものがたくさん食べられるのはとってもありがたい事です。


ありがたや〜!


いつかマルシェのこともご紹介出来たらいいなぁ♡


乱雑な文で失礼いたしました。
お読みいただきありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡
渋谷圭子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)