2019/06/08 04:48
こんにちは!

フランス在住Keikoです。

今朝は慌ただしく子供の朝の送り出しの準備をしていたらこのお方は私とは全く対称的に、のんびりラグの上で寝転んでおられました…



223DF295-F356-4E26-96A1-7332ADCA8E83.jpeg


私の朝は
7時前後 起床
8時前後 子供3人の送り出し

から始まることが多いです。



本日も例に漏れず、8時過ぎに子供たちの送り出し。
3人がバラバラのスクールに通うので結構めんどくさい。

まずは真ん中の娘を8時10分までに学校へ。


F7EBC4AB-F8FA-452C-9A9B-3A13A4A3D903.jpeg

娘の学校外の公園で遊ぶ息子。

息子を8:20へスクールバスのバス停へ連れて行き、
8:30に下の息子のクレッシュ(いわゆる保育園のような園)へ。

今日はその後カルトナージュのレッスンへ。

73D5023B-97A5-49BD-8289-430B0AC6A9EC.jpeg


今は八角箱を作っています。
これが結構技術的に難しい。

FA32712F-99F4-4D31-A84E-4748748897D6.jpeg

でも布地が可愛いからのんびりやってます♡


午後はカルトナージュの宿題をした後、子供たちのお迎え3スクール分。

今度は4時、4時半、5時の順に下の子から上の子へ。

子供たちが全員揃ったあとは、息子の同級生家族がうちへ来てアペロ(前菜&ワインの時間)と子供たちの夕飯を一緒に。

1CEB13AE-EDAC-430F-BAD8-B0EE06B2CE3E.jpeg
口に何かわからない色々を詰め込んだまま走り回るわが家のお嬢。。
ちょっとお行儀悪いわよ。


F8BBF34D-3404-4820-A3DD-D0E48B017BDB.jpeg

暑い日が続いた後に一気に気温が下がったと思ったら今度は雨雲が来て、寒いくらいの気温に。

ここ、リヨンのお天気は変わりやすい。

でも雨雲が運んでくれた雲のおかげで夕焼けがとても綺麗に見えた日でした。

今度の週末は3連休。
夫は出張へ。

さあ何してすごそうか。
渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/21 04:28
こんにちは! 
 フランス在住Keikoです。 

月曜の今日は午前中にフランス語のレッスン。 
まだまだ謎の深いフランス語ですが、 
ゆるりと上達しています。(と思いたい。) 

レッスンの後は特に予定がなかったので、 
リビングのインテリアをちょっと見直し。


 夏が近づいてきたので春っぽいものは撤収。 
(イースターエッグとか、ね。) 

 そしてここ数日Pinterestで 
ずっとフランスっぽいお洒落なリビングを研究していて、
 今日はそのイメージを具現化するのが目標!


 そうして整ったのがこんな感じ。↓

 B2B31D93-5458-4BC3-9375-3F15FB3B83F0.jpeg

雑誌で見るフランスのアパルトマンを目指して。
 6687394A-3B28-438A-B64D-FCDAD25B5EC5.jpeg

今日特に意識したのが暖炉のマントルピース周辺。 

わが家、築150年のアパートでして 
マントルピースは大理石でできています。
もともとかなり存在感があるので、それだけでフォーカルポイントになり、 

 ★マントルピース周りを丁寧に仕上げるとお洒落感がアップ↑↑↑★ 

 というのが私のここ数日の研究の結論。 


 そしてここポイント!! 
お洒落なマントルピースの大半に欠かせないもの! 


それは、なんと…花瓶とキャンドル! 


 え?なんだって? 
大事だからもう一度言います。 

『花瓶とキャンドル』です!! 


 たくさんの写真を参考にした結果、
大半のお洒落部屋には花瓶とキャンドルが置いてあるんですッ! 

わが家のマントルピースもそれを参考に花瓶とキャンドルを配置! 

↓ぜひもう一度写真をご覧下さいませね。

B2B31D93-5458-4BC3-9375-3F15FB3B83F0.jpeg

この写真じゃあまり目立たないかな^_^; 
両端にキャンドルが2本ずつ。
 真ん中に黒い花瓶です。 

すごく目立つものじゃないんだけどこの二つのアイテムを上手に置いたら、
それだけでセンスアップ間違いなし、です。

影の立役者、的な。 


 他にもオシャレ部屋には大きな鏡や洋書
(しかも表紙を見えないように置く)っていう
アイテムもあるんですが、 
鏡は値が張るし、本は日本語だとやっぱり
お洒落感はちょっと出しにくいですよね。 

そんな訳で、ひとまずお安めの花瓶とキャンドルを置いて
オシャレ感アップを図りました。

いかがでしょう? 

うちのキャンドルホルダーはアメリカに住んでいた時に
リサイクルショップで一個1〜2ドルで購入したもの。

花瓶は最近こちらのセールで10ユーロで購入したものです。 

お金はたくさんかけてないけど、私的には満足の仕上がりでした。


07B3D6E1-894F-4032-8767-60ECAA0C8F9B.jpeg


ひと段落した後は、マントルピースを眺めながら 
束の間のティータイム。 

うんうん、グリーンの向こうに見えるキャンドルと花瓶。 

 いい感じだ(´∀`*) 

と一人悦に入っておりました。 

 マントルピースがある家に住んでる方はあまり多くないかもですが 
どなたかの参考になれば幸いです♡ 

 お読みいただきありがとうございます(*´-`)
渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/19 21:34
こんにちは!

フランス在住Keikoです。

フランスに住み始めて10ヶ月が過ぎました。

だいぶ暮らしも落ち着き、馴染んで来たかなと思えるように。




そんなわが家の食卓はだいぶ前からフランス色が強くなって来たような。


昨日の晩ごはんの様子。
(インスタ@klassiostyleもぜひ覗いて下さい♡)

32A6212D-3CEF-430D-8E17-68EC5FA1C011.jpeg
コンテチーズ、カマンベール
地元名物のサラミ2種
オリーブ
生野菜
ザクロ
ベリーの盛り合わせ
ズッキーニのディップ
ミックスサラダ
ガスパチョ風トマトサルサ
バゲット

チーズにサラミ、たっぷりの葉物サラダと生野菜。


ビタミン豊富なフルーツも忘れずに…


テーブルに置いた瞬間から子供達は我慢ができず…

D3C9719F-6950-4903-94C9-E55B4304231D.jpeg

横からスッと伸びて来る小さな手。
いつものことですけど、子どものこういうところって可愛いですよね。
ついクスッと笑みが溢れます。




フランスに来て割とすぐにわかった事はフランス人はサラダが大好き!ということ。
レストランでもメインディッシュとして大盛りのサラダが出て来ることは珍しくありません。


マルシェに行けば大きなレタスがひと玉1ユーロ以下で買えちゃうので、わが家も越して来て以来たくさんサラダを食べるようになりました。

60D2F200-D432-4DD1-971B-F9062041FBFF.jpeg

昨晩のサラダはガスパッチョ風なトマトサルサとレタスのサラダ♡
トマト、きゅうり、赤玉ねぎを角切りにして塩、ライム、にんにく、オリーブオイルで味付けのシンプルレシピ。
手作りキャロットドレッシングをかけて。


わが家の子供たちはチーズや生野菜が大好き。
発酵食品にビタミンと食物繊維たっぷりで親としては嬉しいかぎり。


海外に暮らし始めてからというもの、変わった事が事がいくつか。


☆基本原料に近い状態で食べる
 (野菜スティック、米、フランスパンなど)
→料理の手間が減って楽チン(*´∀`*)
☆逆になんでも一から作る
(ドレッシング、和菓子、その他諸々)
→海外じゃ欲しいものが手に入らず泣く泣くヽ(;▽;)


という理由で。
そしたら添加物の摂取量がかなり減りました。
特に意識したわけじゃないのですが(・ω・)

でも小さな身体の子供たちにとっては添加物は特別必要なものでもないので、なるべく摂らなくていいなら摂らないようにというのがわが家の方針。


自然が一番〜。


そしてそんな素材を徒歩数分のマルシェで購入できるのがまた魅力。


フランスの、特に私が住むリヨンは美食の街としてヨーロッパでも有名。

マルシェにはたくさんの旬の素材、美味しい素材が並ぶんですッ!
これからの時期は色とりどりのフルーツや野菜が店先に並び一番いいシーズンに!

海外暮らしは色々大変だけどこのマルシェと美味しい食べ物があるから乗り越えられると言っても過言ではない!


手間なしでも美味しいものがたくさん食べられるのはとってもありがたい事です。


ありがたや〜!


いつかマルシェのこともご紹介出来たらいいなぁ♡


乱雑な文で失礼いたしました。
お読みいただきありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡
渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ