2016/09/18 20:47
みなさまこんばんは!

政岡まなみです。



間が空いてしまいましたが、出産レポートの続きです(^_^)

【前回の記事】




お昼が過ぎ陣痛がますます強くなってきました。

主人は仕事に行っていたので私1人でなんとか耐えていましたが、やっぱり心細い!

しかもこの日はお産が何件か重なっていて助産師さんもすぐにいなくなってしまう(@_@)

心の中では「そばにいてください…」と思っていましたが、忙しそうだったので言い出せず。。



ナースステーションでモニターを見ていてくれた助産師さんがLDRに来てくださり、「強くなってきたね〜〜、もうご主人呼んでおこうか」と!!

ここまで時間がかかっていただけに、今呼んでもまた空振りかも…と思いましたが、ここは助産師さんを信じ主人に電話。

携帯だと出られないかもしれないと言っていたので、職場にかけました。
陣痛の間を狙いましたが、やはり電話中にも波が来てしまい、「主人を……お願いします…」と口籠りながらなんとか伝えました。(笑)




その後ははっきり覚えていませんが、助産師さんが付いていてくださってピンポイントに腰をさすってくれていました。
なんであんなに的確なんだろう!!!
本当に、すごいです。


気付いたら主人が到着していて、内診したら子宮口全開!




私がいたのはLDRだったので、「分娩室行かなくてもここでも産めるけどどうする!?」と聞かれましたが、分娩室まで移動!(笑)



なぜかというと、この産婦人科は分娩室がとても有名なところだったからです。

真っ白い部屋で、部屋中にプロジェクターで映像を投影し、アロマや音楽などで落ち着いて出産できる、という…。

これをものすごく楽しみにしていたんです。。





なので陣痛の間になんとか移動し、支えてもらい、持ち上げてもらい(笑)、分娩台に登りました。

乗るって言うよりも登る、ですよね!
あとで見ると低いのに、あの時はとても高い壁に思えました…(・_・;





分娩台に乗ってすぐにいきみの許可が!
主治医の先生も待機していてくださったので、すぐにいきめました。

ですが中々破水せず、このままだと赤ちゃんが骨盤に挟まれ苦しくなってしまうとのことで人工破膜しました。



破水した後はトントンと、2回いきんで無事出産!!


image-7242b.jpeg
3104gの男の子。
38週6日での出産となりました!






分娩室に入ってからは約15分でした。



あの時助産師さんの言葉を信じ、主人を呼んでおいてよかった!

危うく間に合わないところでした(@_@)





産まれた瞬間は、とりあえず感動!!!!
涙が止まらなくて、赤ちゃんが胸の上にきてからもずっと泣いていました。汗

上の子の時は「かわいいー!!」が1番にきたので笑顔笑顔でしたが、今回は人間の身体の神秘とか命の素晴らしさとかを考えてしまいました。

産まれてきてくれてありがとう!が涙になって止まらなかったみたいです。




そして、今回は1人目の時よりも落ち着いて分娩を迎えられたので、「あー肩通ってる〜〜」とか「頭挟まってるなあ」とか感じられました。

また、今回会陰切開はしなくてすんだのですが、中々破水しなかったおかげで内側が裂けてしまい、縫うのにものすごく時間がかかりました(T_T)

その間にベビーの体重や身長を測定してくれていましたが、骨盤に挟まっている時間が長かったため少し酸素濃度が低く、保育器に入ることに。


ですが次の日の朝にはしっかり抱っこすることができ、母子同室もできました!






今は4ヶ月になった息子ですが、今でも出産のことを思い出すと少しうるうる。(T_T)

息子が生まれて4人家族になって、ますます幸せが増えました!

自分の生きる意味を再実感。

娘と息子、そして主人と私。
4人で力を合わせて生きていきます!





それでは、長くなりましたがこれで出産レポートを終わります。


初めから読んで頂けるかた、下のURLからぜひ!
よろしくお願いします。





▽恐るべし前駆陣痛編








最後まで読んでいただき、ありがとうございました!♡
政岡まなみさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)