2019/04/03 21:35
こんばんは。
今日はおしりのはなしを書きたいと思います。

先月のブログで、痔がひどく(かなり大きく、痛みかひどい)日常生活がままならなくなり病院に行かないと!と書いたのですがその続編です。

元々便秘体質。
独身時代はひどい食生活で肌荒れもひどく、便秘も1週間でないこともザラでした。
時々切れ痔と思われる症状がありました。

結婚してもあまり変わらなかったのですが、妊娠してからいぼ痔が時々顔を出して、産科の先生に強力ポステリザンという注入軟膏を処方して頂き改善していたのです。

最近は食生活が整い、2日に一度は出るようになっていたのですが、三月半ばのある日、急に現れたいぼ痔。
痛みとサイズが日増しに増大していきました。

座るといぼ痔が触れる感覚かあり、おしりを浮かせて座っていました。
 
座るのも実は辛く家ではロキソニンを飲んで寝転んでいました。

病院に行こうと肛門外科を探しましたが近くにはなく、
調べれば調べるほど入院だの手術だのが書かれていて恐ろしくなりました。

ロキソニンが無くなったからひとまず買いに行こうとドラックストアに行ったところ、薬剤師さんが割と恒例のおじいちゃまといった風貌だったので、この人なら相談しやすいかも!と声をかけてみました。

そして勧められたブリザエース注入軟膏とヘモリンドという舌下錠を購入。

注入軟膏はリドカインという麻酔成分で痛みを抑えてくれるので、もちろん腫れにもききますが痛みが取れました。

そして舌下錠は身体の内側から効果が出るところ書いてあるだけあって、服用してから2.3日で小さくなっていったのです。

3日後には痛みはゼロ。
サイズは親指大から小豆より小さい位に改善!

病院に行かずにすんだし、
2つ買って2300円ほど(ポイントも貯まったし)でおしりの辛さから解放されました。

もし、人に聞かずにおしりで悩んでいる方がいて、病院に行く時間も取れないなぁというのであれば薬局での相談もおススメです。

恥ずかしい話ではありますが、向こうは仕事ですしおしりを見せるわけではないのでね。

これからも薬局での相談を活用していくつもりです。

chig
chigさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/04 21:06
こんばんは。
前回の記事から2つの記事を書いたのに、寝落ちで更新されず悲しい思いをしています。

一時保存の機能さえあれば…

気を取り直すしかありませんね。

世の中は連休ですが、昨日は夫は休日出勤。
今日は趣味の音楽で昼から不在。

明日は地域の美化活動で午前は暇無し。

何だか余計に疲れているような…

こちらも気を取り直すしかありませんね。

さて、3歳半の長男くん。
先日歯医者さんデビューしました。

半月前に3歳半健診を市で受けたのですが、その際の歯科検診で虫歯はないけれど、歯磨きが不十分と言われてしまいました。

近所の幼稚園児の子は虫歯がある子がチラホラ。
聞けば歯磨きで泣くわ怒るわでほとんど磨いていなかったり、ごはんよりお菓子を食べているなど…

我が子は歯磨きは自分でしているし、おやつもほどほど。
仕上げみがきは適当だけれどしているから大丈夫!

と思っていたのですが、虫歯のリスクげ高いと言われショック。

振り返ると、仕上げ磨きの歯ブラシは使ったことないし、仕上げもチャチャっとしかしてない。下の子がぐずる就寝前だからといいわけしてた。

歯医者さんを予約。

当日、歯医者にいく旨を長男くんに伝える

怖くはない、痛くもないから大丈夫と伝え、歯医者さんごっこを直前までする

歯医者さんに着いても落ち着いて処置を受ける

褒められて、また行こうと思える

仕上げ用の歯ブラシを購入して帰る

こんな流れとなりました。

ありがたいことに我が子は褒められおだてられるとかなり頑張るタイプなので、歯科衛生士さんの声かけが実に上手でスムーズな診療だったのです。

長男くん、今は歯医者は怖いところだなんて微塵も思っていません。

私は虫歯がある幼少期でしたので、こどもにはそこの苦労はさせたくない。
綺麗な歯が一番です。

予防歯科に力を入れている医院ということで毎月メンテナンスやフッ素塗布、歯磨きチェックなどをする運びとなりました。

歯医者さんも医療費が掛からないなんて、今回知った事実。

予防のためにも、ちいさなうちから歯医者通いオススメします。

下は何歳からでも受け付けていますと言われたので、一歳半の次男くんも近日デビュー予定です。

IMG_4168.JPG
我が家では5分間自分で磨かせてから、
母の仕上げです。

仕上げ歯ブラシを使ってみたら磨きやすくてかなり入念にやるようになりました。
きちんとした道具を用意することは大切ですね。

フロスもしてあげてくださいとのこと。
こちらも我が子たち好きなので、すきっ歯ですが、ちょいちょいとやっています。

虫歯つくらせないぞ!と意気込んでいます(私が)

chig


chigさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/08/14 00:00
こんばんは。
涼しい夜が続いています。

そして天気予報も雨マークばかりで、暑さはもうこないのかな?と少し淋しさも感じています。

先月36歳を迎え、専業主婦歴は4年目に。
仕事をしていた時は職場で健康診断が年に2回ありましたが、今は皆無。
市の検診は子宮がんと乳がん(触診のみ)の2つあるのでこちらは受けていますが、受けないとなぁと思いつつそのままになっていました。

そんな矢先、

夏のボーナスが入ったらそれで毎年人間ドックを受けるようにしたら?

と夫に勧められたのです。

そして受けてきました!

採血
採尿
眼圧眼底
聴力
胸部レントゲン
身長体重腹囲
心電図
内科診察
胃部レントゲン

ベーシックな内容です。
会社の補助が扶養家族でも出たので役4万円でした。

実は人生初だったのが、

バリウム検査。。。

名前を呼ばれて、特に説明もなく始まり、

シュワっとする粉を一包飲み、
腰に手を当てる格好でバリウムを飲むわけです。

前日夜から何も食べていないため空腹状態だから何とか飲めたものの、

ゲップが出たくなるのを抑えつつ、飲むのがツラく、味も不味くないものの美味しくないためそれもツラく、飲みながらも撮影されるため台が動くのもツラく…

ようやく飲み終えたらそこからも撮影が大変!

ぐるぐるまわって、また廻って。

感想を一言で言うと、もうやりたくない。

でも、お産の方が数倍大変だったわけで、それに比べたらなんて事はないのですが、台の動きが激しくて高齢になったらできないなぁと思いました。

バリウム検査してきたよーって、夫が簡単に今まで言ってくるものだから、心の準備がないまま臨んでしまいました。

もし、バリウム検査をこれから初めてする方がいたら、検査方法を予め調べておくことをオススメします。

そして、体重が思いの外重かった…

ブロガーさんでダイエットに成功されている方を見たので、奮起した私です。

IMG_3589.JPG
毎日アイスを食べている場合ではなかったです。

chig

chigさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ