2018/11/28 09:08
以前、怒ると叱るを使い分けています、、、という記事を書きました。
↓↓↓


何とその概念について書いている本を図書館で発見。
石田淳さんの著書です。



IMG_4860.JPG


とても分かりやすく、怒ると叱るについて書かれています。

それだけではなく、行動科学を元に子供に続けさせるにはどうすれば良いのかが分かりやすく丁寧に書かれています。

ワタシはあまりノウハウ本は好きでなはなく普段読まないのですが、この本にはどハマり。

自分の取り入れられそうな事柄にチャレンジ。

目下打破したいのは、ムスメのピアノ練習。
本の内容を自分なりに解釈し、練習スタンプ帳を作りました。

100均の小さめのスケジュール帳に、1日1回練習し、できたらスタンプを押す、そのスタンプを集める、、、というもの。

その他にも少しルールがありますが、割愛いたします。
これは、本を読んでワタシが自分の子に合わせてやってみているで、書いてしまうとあまり良くない気がして。。。

興味を持って頂けたら、本を読んでみて、自分のお子さんに合ったやり方で進めて欲しいなぁとの思いからなのですが。。。

そして、、、
結果、今まで全く続かなかったピアノ練習が!!!

毎日、堪忍袋を押さえながら、励ましてやらせていたピアノ練習が!!!
…それでもやらず、でしたが(^-^;

この1週間、難なく続いているのです!

ビックリ。

ついでに、ムスコの野球自主練、「毎日素振り30回」も続いています。
こちらも、父ちゃんと約束したものの全く続いていなかったやつですが、もっと難なく続いています。

妹の方は、声掛けの際、ワタシに緊張がはしりますが(コヤツ、ゴネるのではなかろうか、、、)、兄は声掛けしたら、しっかりやってくれるので。。。

行動科学、恐るべし。

これと同時期にお家英会話を始めたのですが、こちらも行動科学を取り入れたためか?続いております。

ただ、ひとつ言えるのは、親がある程度根気強く寄り添うコトは、重要事項ではあります。

「行動科学」、日々の生活で、ちょっと意識してみようと思いました。



カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)