2019/01/18 13:05
最近もっぱら縁側暮らしなカザハナ30です。
先日、夫とムスコがこんなやりとりをしていました。

ムスコ
「ツリーハウスが作りたいねん」


「それは、無理やなぁ〜」

その会話を聞いていたワタシ、違和感を覚えたんです。

人のやる気に対して、無理だという限界を作るのは誰なのか。

それは、その人自身であり、その他の人であってはならない、、、と思ったからの違和感でした。

なので、夫が「それは、無理やなぁ〜」と言って、間をおかずにすかさず口を挟みました。

「ツリーハウスを作るには設計図が必要ちゃうか?小さな模型を作って練習してからがええんちゃう?ダンボールでまず作ってみたらどうや?」

と。

するとムスコは、「せやな。ほなら明日、ダンボール用意しといて!」とやる気満々。

次の日、ダンボールに黙々と向かうムスコ。
出来上がったダンボールツリーハウスがコチラ。


IMG_5454.JPG


どうやら、屋根はないようです。
参考にしたのがこの本らしく、、、


IMG_5457.JPG


シリーズで3巻ほどある中の1冊。図書館で借りました。


ついでに投石機とやらも工夫して作ってました。


IMG_5455.JPG


輪ゴムがついていて中心の部分を後ろにひいて放すと紙の玉が飛びます。


IMG_5456.JPG


作り終わり、ムスコ曰く
「次は本物の木でやな!」

…あ。覚えてた(笑)???

郊外に畑を持っているので、「今度畑に行った時に考えてみー」と言っておきました。

やりたいと思った時がやり時。
その瞬間を逃したら、チャンスは戻ってこないかもしれません。

大切な子供たちの子供時代。
ワタシにできる事は何だろうと日々感じています。

カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ