2017/07/03 00:00
玄米ブームも、自分の中で定期的に訪れて、そして去っていくものなのですが、今、何度目かの玄米ブームが絶賛到来中☆

妊娠中に、玄米が身体に良いかも・・・と調べていたところ、必ずしも良いとは限らない的な記述もあり、その過程で、発芽玄米や寝かせ玄米のことも知りました。

詳しいことは、検索して調べて頂きたいと思うのですが、わたしの理解している範囲で言うと、まず、一口で”玄米”と言っても、いろいろな環境で育てられていて、精米していない分、例えば農薬等残留していれば、それが胚芽に濃縮して残ってしまっているため、妊婦には却ってよくない、という説。
(もちろん、その心配が無ければよいということだと思いますが、心配なら、むしろ精米した白米のほうが余計な心配をしなくて良い、という説。)

また、発芽玄米を推奨している説では、玄米には発芽するエネルギーが残っており、それが強すぎて身体にむしろ負担を与えるため、発芽させて、その成分を発散させた方が、より身体に良いという考え。

自分で発芽させると、長時間水に浸けておくことで、米の中心まで水が浸透し、玄米や柔らかく炊けるというメリットも。

但し、乾燥の段階で強く熱しすぎて、発芽しない玄米もあるとのこと。

また、市販の発芽玄米は、発芽させた後、再度乾燥させているので、発芽玄米のメリットが消えているという説もありました。

@@@

いろいろな説があり、強くメリットデメリットを訴えている記事もあれば、「できれば・・・」という範囲での説明もありました。

個人的には、白米も玄米も、それなりに皆さんが食べている歴史があるので、食べることで、デメリットになるほどのマイナスは無いとは思っています。
より良い方・・・ぐらいに考えるのが、わたしのスタンスです。

@@@

そんないろいろな情報を取捨選択し、今は、自分のやりやすい方法で、玄米を発芽させたのち、寝かせ玄米にしています。


20170624IMG_20170624_173259.jpg
玄米を浸水させます。

長丁場になるので、親戚から不要になった炊飯器を貰い、通常稼働用と、寝かせ玄米用と、2台使っています。

玄米は、少し高くなりますが、無農薬栽培のものを購入しています。

米の研ぎ方や、浸水させた水を捨てない方法もあるようですが、炊き上がった米が糠臭いと食べにくいので、発芽するまでの間(今回は約3日)、水が臭くならないように、2回ほど水は替えました。

24時間ほど浸水させた後は、水を切ったほうが、空気に触れて発芽しやすくなるということだったので、2日目以降は水は切り、ときどき天地替えをして、発芽を待ちました。

20170624IMG_20170624_173306.jpg
浸水中。


20170624IMG_20170625_161518.jpg
発芽しました♪



20170624IMG_20170625_161420.jpg
全体的に発芽しました☆


前回は、発芽するまで浸水していたのですが、今回のように、途中で水を切ったほうが、玄米も糠臭くならない気がします。

発芽しすぎてもよくないようなので、ちょびっと、1oひょこっと出て来たかどうか・・・ぐらいで、発芽完了。
可哀そうですがw、炊きます。

20170624IMG_20170625_173507.jpg
玄米のえぐみを取るため(たしか・・・)塩を少々入れます。
寝かせ玄米は、小豆を入れるようですが、
個人的に黒豆が好きなのと、黒豆があったことから、今回は
黒豆投入。


今回は、最初、乾燥した状態の玄米を3合分発芽させました。

その後、自分用に、寝かせ玄米を「浸水させたあとの米」で再度3合測り、塩と黒豆をプラスした状態で、炊飯器の3合水準の水を入れて炊いてみました。
これは、やはりちょっと水が多かったです・・・^^;(玄米がすでに浸水済みだったため)
ただ、寝かせ玄米は、3日保温させたあと消費していくものなので、水分は多めの方がよいということなので、目安を図るためにも、最初はこの分量で炊いてみました。

玄米が十分に浸水しているので、炊き上がりはもっちもちです♪
黒豆も甘くておいしくて、おかずいらずの美味しさです☆

@@@

最初3合でしたが、浸水後の3合を抜いても、まだ発芽玄米は余っているので、こちらは白米と混ぜて、家族消費用にしました。
(夫と息子は、玄米ご飯は抵抗があるようですが、白米に混ざっていれば、抵抗なく食べます)

白米2合に、発芽玄米1合を混ぜて、水分量は、3合より若干少な目ラインで炊いてみたところ、ちょうど良い硬さで炊き上がりました♪
水加減を測る時には、炊き上がりが固めなら、少し水を足して、再度炊飯スイッチを押せばリカバーできますが、柔らかすぎるとリカバーできないため、どちらかというと、ちょっと少な目かな?ぐらいでスタートしています。

今回は、白米2合+発芽玄米1合ブレンドが、2回炊けました。

発芽玄米は、水を切った状態で、保存容器に入れて、冷蔵保存していました。
冷凍保存するなら、米の状態はNGで、炊いたものを保存した方が良いようです。
米の状態での冷蔵保存は、約1週間とのことでした。

発芽玄米ブレンドのご飯は、特に玄米特有のにおいもなく、浸水充分なので柔らかく、お弁当にしても美味しかったです。

これは、お通じにも良いようで、便秘気味の息子も、このご飯を食べると、スルリと出てきます♪

@@@

寝かせ玄米は、わたし一人で消費しています。
これを食べると、翌日のお肌の調子が良くなっている気がします。
朝の洗顔のときに、それを感じます。

もっちりと重みがあるので、ご飯も少量で満腹感があるので、これもダイエット効果が出るかな・・・と期待中。

とくに効果を強く感じないと、購入した玄米がなくなった時点で、今回の玄米ブームも去るかもしれません・・・www
(でも、身体が欲するのか、一定の期間が経つと、また玄米が食べたくなるんです・・・^^;)






タグ(関連ワード):寝かせ玄米 発芽玄米
こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/07/02 00:00
発酵食品を作るのが好きで、一定の間隔で、マイブームがやってきます。

天然酵母は、2年ほど前にもマイブームが来て、レーズンを発酵させて酵母液を作り、そこから出来上がった天然酵母でパンを焼くのにハマっていましたが、パンを焼き続けなくては、酵母菌を維持できないのが辛くなり、酵母液をチェンジするタイミングの2か月ほどで、一旦停止しました・・・。

そして、今、チャレンジ中なのが、ヨーグルト酵母。

20170624IMG_20170628_073741.jpg


ヨーグルトがもともと発酵食品なので、ここから天然酵母を作るのは比較的簡単だということで、今、培養中(?)です。
美味しいパンを食べたいけど、買うとやっぱり高いので、毎朝の小さな幸せのために、ちょっとだけ手間をかけてみようと思っています。

@@@

そして、もう一つチャレンジ中なのが、バナナ酢。

20170624IMG_20170628_073752.jpg


ダイエットに効く、ということで、少し前に流行ったらしいですが、流行りに疎いので、それは知らず・・・^^;

最近、これを飲んで痩せた気がする、という話を小耳に挟み、なら・・・とチャレンジしてみることにしました。

ネットで作り方を検索したのですが、好みの酢(黒酢がアミノ酸が多くて推奨らしいけど、飲みにくければ、リンゴ酢でもなんでも、好みの酢でよいらしい)に、輪切りを更に半分にカットしたバナナと、黒砂糖を入れて、600Wなら40秒ほどレンチンしたあと、熱湯消毒した保存瓶に入れ、24時間後から飲めるとのこと。(気になる方は、正確な分量は検索してみてください♪)

バナナは、1週間後に出して、あとのエキスを薄めて飲むのだとか。

ただ、この効能が、”便秘に効く”ってことなら、わたしは幸いにも便秘は全くなくて、絵に描いたような(?)快便派なので、そしたら効果でないかな・・・と思いつつ、大さじ2〜3杯を、炭酸や水、牛乳、豆乳等で薄めて飲むぐらいなら、効果が出るか出ないか検証できる2か月ぐらいは、続けてみようと思っています。(今、炭酸割を飲みながらこれ、打ってます^^;)

運動苦手派なので、できれば楽して、この強固なぽっこりお腹を撃退したい・・・(>_<)


こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/07/01 00:00
昨年、初めて梅干しを作ってみたところ、自作の梅干しを食べると、身体がシャキっとして、ドリンク剤要らずの夏を過ごせたので、今年も梅干しを作っています。

20170622_IMG_20170621_142636.jpg
南高梅をゲット☆
昨年は試しに4キロ作ったのですが、
余りに美味しくて、毎日のように食べていたら、年内になくなってしまったので、
今年は倍量の8キロ買いました!


20170622_IMG_20170621_190921.jpg
2キロずつ、塩漬けにしました。
今年は、塩分13%と、15%の2種類作成。
食べて違いが判るのか?!


20170624IMG_20170626_195455.jpg
3日後、既にこんなに梅酢が上がりました!
塩だけしか入れていないのに、こんなにエキスが出ます♪


20170624IMG_20170628_073838.jpg
赤紫蘇投入。
↑今、ココ。
あとは、このまま梅雨明けの土用まで放置。
梅雨が明けて、晴天が続きだしたら、
”土用干し”で、梅を干したらひとまず完成☆



20170622_IMG_20170612_160910.jpg
息子のリクエストで、今年は梅ジュースも作成。
こちらは、普通の青梅1キロ使用。
氷砂糖に漬けています。


20170622_IMG_20170621_190947.jpg
梅ジュースの方が一足早く漬けていたので、
こちらは現在、既に飲めるほどの状態に仕上がっています♪


自作の梅干しは、しっかりと塩が効いていて、本当に酸っぱくて辛いのですが、それが身体にストレートに効く気がします。
このパンチの効いた、古典的な梅干しを食べると、市販のはちみつ入り梅干しは、甘すぎて、物足りなくなってきます・・・(笑)
いや、高い、しっかりとした味のものもあるとは思うのですが、あともう少しで今年の梅干しが出来上がるので、今はスーパーの特売になっている梅干しを食べています。

梅干しパワー、本当にスゴイ!!!



こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ