2017/09/09 22:51


こんばんは*


ご訪問ありがとうございます(*´ー`*)








だいぶだいぶ

お久しぶりのブログとなってしまいました 。○




夏休み中

子供達の相手や

毎日の事をこなすことで

いっぱいいっぱいになってしまい 、、

さぁ

2学期スタートだ!

私も再起動だー!

なんて言っていた矢先に

身内の不幸があり

バタバタした毎日はしばらく続きました(_ _。)







やっと落ち着いてきた今日この頃ですが 、、

一つだけ気がかりな事が ...




息子(もうすぐ6歳)は

身内の不幸があってから

毎日 毎日

死への恐怖

別れの悲しさ 寂しさ


彼の中で闘っています 。。




涙し どうしようもない思いを

私もどう受け止め

どう伝えてあげたらいいのか

正直とても悩んでいます 。。




息子はとてもデリケートな子で 、、

本当の事実だけを伝えてしまうと ...

と考える事もあります 。。



かと言って

もうすぐ6歳の子に

柔らかく作り上げた世界を伝えるべきなのか ...



その狭間でも悩んでしまっています 。。






3歳の娘は

まだ無邪気で

柔らかく作り上げた世界を

そのまま受け止めてくれます 。。







どうやったら

息子の恐怖心を和らげてあげられるのか 、、

どうやったら

息子の疑問を説いてあげられるのか 、、

母として

どう向き合っていけばよいのか ...

自分に問いかける毎日です 。○











泣き笑い

毎日いろんな思いを経験し

人は成長し続ける 。○




辛くも悲しくも

それも人生 。○



楽ありゃ苦もある

それも人生 。○





『人として生きる』




人生

いろいろ 。○







私も息子と一緒に

成長していけるよう

焦らずゆっくり

向き合っていきたいと思います 。◎














最後までお読み頂き
ありがとうございました(*´-`)


tedyさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
はらぺこママさん*こんばんは(*´ー`*)
コメントありがとうございます♡
とっても嬉しいです 。◎

人は誰でも『死の恐怖』を感じ通る道ですよね 。。
ヨシタケさん、ちょうど数日前にテレビで特集されているのを見ました。
絵本で伝えられないものかと思い、検索した際にヨシタケさんの絵本も出てきて気になっていました。
幼稚園に行っている間やお友達と遊んでいる時は忘れられる事も、やっぱり家に帰ってくると涙ぐんでしまってました。
でも昨日あたりからだいぶ落ち着いてきたので、私もホッとしています(*´ー`*)
お母様が手を繋いでくれたと言うのを聞き、私も息子とのボディータッチを増やしてみたりしました 。◎

はらぺこママさんからのコメントを読んで、私も力を頂きました!
本当にありがとうございました(*´ー`*)


この度は 御愁傷様です
死について 難しいですよね
私自身 子ども頃から 死の恐怖に おそわれます
小さい頃 母に言うと 母は 黙って手をつないでくれました 大きくなってからは 解決法がみつからないので 死を忘れるぐらいに集中できる何かをみつけるように しました 走るとか 本を読むとか…
どう頑張っても すっきり 解決というわけにいかないので 本当に難しいです
うちの息子も去年 小4の時 死が 怖いと初めて私に言いました どうしたものかと悩みながら お母さんも 死ぬのが怖いこと 小さい時のこと お母さんがどうしてるかを話しました 息子もすっきりは してないようですが 少し恐怖が和らいだようです
それと 息子には 読んだことありませんが 絵本ヨシタケ シンスケさんの「このあと どうしちゃおう」は自分が読んで ちょっと 心が楽になりました
息子さんは6才なので もっと 難しいと思いますが 何の役にも立たないかもしれませんが…
tedyさんも まだまだ 悲しい時 辛い時があるかと思いますが 無理なさらないでくださいね 失礼しましたm(__)m