2017/02/22 16:07
こんにちは(^^)


週末に西武園ゆうえんちに遊びに行ってきました。


DSC02979.JPG
撮影OKな場所です。


イルミネーションがきれいだったけど寒くて寒くて半泣きでした。
暖かい日もあるのになんでこんなに寒い日に来てしまったのか。。
とほほな感じでしたが、子ども達は楽しかったようです。



そして今週のイチオシ。
みなさんのブログを読むと、それぞれの想いがとっても共感できてすっごくおもしろ〜い!



私も書いてみたくなったのでチャレンジ。


私がこちらでブログを書き始めたのは一昨年の夏くらい。
ちょうど1年半前。




誌面のサンキュ!しか知らなかった私は、はじめてこの口コミサンキュ!のブロガーのページをみた時、「こんな世界があったんだ〜!」と驚いたと共に、自分の立ち位置が全くわからずに撃沈。


とりあえず一度ページを閉じた記憶。笑



例えばごはんを作るにはそれがもの凄く得意な方がいて。
コーディネート、やりくり、インテリア、美容、、、色々なジャンルがあるけど、もうどこにも入る隙もないくらいここにいる皆さんの姿は輝いて見えて。

そんな中の私と言えば、やりくりや貯蓄も程遠い生活。主婦力も至って普通。何をとっても普通。


あー私これは無理かもしれない。。


と、弱気になったのがこのブログとの出会いの正直なところでした。(^^;



ちなみに私は他の場所でブログも書いていたのですが、そちらは主に子どもの成長ブログ。(そしてもう2、3年位更新してないや。苦笑)


ロックもかかってて友達にも教えてないから完全に自分の為のもの。


SNSはいくつかやっているけど、公開範囲を設定していて主に顔を知っている知人や友達のみしかつながらないようにしていて。


なのでこのサンキュ!のブログを始めるのには、誰が見るのかわからない。自分の文章がどう捉えられるのかわからないという意味で私の中では、結構な緊張感と覚悟があったのです。



だけど結局1年半。


楽しく続けています^^


きっと自分の中で、何か変わるきっかけが欲しかったのかな。

その時はどういう意味で変わりたかったのか覚えていないけど。

サンキュ!という雑誌を見つけた時に感じた衝撃。
その時の衝撃は主にやりくりです。
自分のダメっぷりに目から鱗っていうかもう鱗どころじゃなく目が落ちそうな衝撃(んなアホな)を受けて。


正直ブログの更新のことが頭の片隅にあって生活することもあり、そんな時は「あ〜振り回されてるなぁ私。」なんて思うこともあるし、ブログの更新が生活の一部には到底なってはいないのが現実。


ヒーヒー言いながら更新してることもあります。苦笑


でもブログをはじめて、色々な方のブログを目にすることで、
ただただ毎日をこなしていた頃には見えなかった世界が見えるようになり世界が広がった。

それは目に見えるものではなくて自分の考え方が変わった、ここが変わりたいと思ったということが一番大きいかな。


価値観が大きく変わったっていう意味では本当にこのブログに出会えて良かったと思っています。


でもこれは逆もありきで、
あまりにもどっぷりハマってしまうと、他人と自分を比べてしまって「あぁやっぱり私なんて全然ダメだ、、」モードに陥ることがかなりの高確率であるので。苦笑

ブログだけじゃなくSNS全般にいえることなんですが程良い距離を保ちながら付き合うように気をつけています。


自分に必要な情報を見極めながら、何よりも1番はSNSの世界じゃなく自分の生活を大切にするように。



これからもバランスを考えながら、自分が成長できるように上手に付き合っていきたいなと思っています^^



そして見ず知らずのこんな私にも、コメントだったりサンキュを押してくれる皆さんの優しい気持ちが何より嬉しく、ブログを書き続ける原動力になっているんだと思います。


いつも本当にありがとうございます。
(゜゜)♡



最後までお読み頂きありがとうございました♡
oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/09/22 23:45
こんばんは。

出産エピソード。



皆さんの記事を読んでいたら、急に色々思い出してきたので私も記事に。



我が子たちは、3人。


3人のうち、本当に育児書通りの普通分娩だったのは長男だけ。


次男は、予定日超過の為に計画分娩。
バルーンで子宮口を開き誘発剤を使いながらの分娩。



長女もまた、予定日超過。
でも、検診日の夜に上位破水をして夜間に入院。陣痛につながらずに結局翌朝に誘発剤を点滴しての出産に。



長女の時は、何が嬉しかったかって、夜間に入院できたこと。

長男も次男も夜間じゃなかったんですが、私のイメージが、出産と言えば夜間に産気付いて病院まで車を飛ばすみたいな、そんなイメージだったので、「ついに、ついに、これができたーーー!!!」と喜びながら産院に向かったのを覚えてます。



長女の時には初めての妊娠後期での逆子を経験。


逆子体操に励んだものの戻ることなくあれよあれよと帝王切開の手術日も決定。

諸々の検査も受け、術前日の過ごし方などの説明、医師からの説明と承諾書の署名。

でもどうしても帝王切開が怖くて怖くてたまらなくて。

どうにかなおってくれと毎日インターネットを検索。



鍼灸が効果があると聞き、ネットで出ていたとなり町の鍼灸院へ通い。


36週も終わる頃、もうほぼ逆子は戻らないと言われていた周期。



赤ちゃんは、お母さんのことを考えて自分で産まれかたも決めてくるんだという話を聞いてようやく決心もつき。


この子が無事に産まれてくれたらそれでいいじゃないか。


もう、ありのままを受け止めよう。

そう思っていた帝王切開予定数週前の検診で、先生もびっくり。

逆子が戻っていた。



3人産んでやっとわかった。


妊娠も出産も、出産の方法は何であれ、命の誕生は本当に奇跡の連続なんだなぁって。





そんな私、3人産んで、分娩室で毎回目指していた人がいて。



新山千春さん。



知ってます?新山千春さんの分娩の美しさ。



私ね、一人目の時なんて本気で新山千春さんの真似をしながら分娩の練習までしてたんですよ。鏡持って。




しかし、予想を超えまくる痛みに結構早い段階で新山千春分娩を諦めて叫びまくり。



でも、これでもかと叫んで産まれた後の、産後処置中のあの分娩室の静けさに我にかえり。



「な、、なんて気まずい空気。」



次回からは必ずや新山千春分娩を成功させなければと胸に誓ったんですけどね。




結局二人目も、途中で


「やっぱり新山千春無理!!!!」



諦めて叫ぶことにした。
終いには助産師さんが分娩室を出ていく度に、旦那と二人にしないでくれと泣き出した。(旦那がやる腰をおさえてくれるマッサージが全然そこじゃなくて。でも痛すぎてそれさえ伝えられなくて、だから行かないで。)苦笑


三人目も、途中までは頑張ったんだけど


「やっぱり新山千春無理!!!!」



叫びまくりまして、出産。



出産後分娩室の天井を見上げて


「新山千春、どんだけ。」


そう思ったあの天井を今でも忘れられません。





分娩は、静かに産めるタイプと、私みたいに大騒ぎしちゃうタイプと別れますね。



できたら、静かに産めるタイプでありたかったな。



ちなみに3人とも、旦那が立ち会いました。



長男の時は、私の陣痛の波と共にお腹を下してトイレ往復していた旦那。


次男の時は、出産数分前に分娩準備で1度廊下に出された時に、携帯ゲームをしていたらしく、次男誕生数分前に新記録を出した表示が私の携帯にも送られてきて。

あの時間にこんなもんやりやがって!!なんて産後に呆れたのも今では思い出。


長女の時だけが、普通に普通の立ち会いをしてくれてたな。苦笑



毎日毎日賑やかすぎて大変ですが、この3人に出会えて本当によかった。



ありがとう。


まだまだ子育ては続きますが、私も母親として子ども達と一緒に成長していきたいです。

_20160514_221908-bce87.JPG





長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました♡





oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/09/11 00:00
昨年の8月にブログを始めて気付けば1年が過ぎました。



私、ものすっごいネガティブでありポジティブでもあり、いや、でもやっぱりネガティブのほうが大きくて。



あのですね、始めた当初から思っていたこと。



キラキラした毎日を綴るブログにしたくない。





という、なんて目標なんだよって目標!苦笑

を念頭にしたブログ。





でも、私の中ではこのポイントがすごく大きくて。
これにはワケがありまして。






きっかけは、長男が産まれて初めての子育て中のこと。



これが物凄く辛かった。



赤ちゃんがいる生活は無条件に楽しいとか幸せだとか、そういう毎日を想像していたけど。



実際は初めての子育てで神経質だったこともあるけど、とにかく抱っこをしてないとひたすら泣く子で。


ベビーカーでも泣く、チャイルドシートに乗せてもずっと泣く、人が来たらずっと泣いてる。



もう、外出することも嫌になって、極力外出を避けるようになって。


そんな毎日が辛くて辛くて、朝がくるのが憂鬱で、1日中パジャマのまま授乳と抱っこをして気付いたら夕方で、夜中も朝も昼間も、今日が昨日でも明日でも何も変わらない。



毎日がただただ何も変わらないまま、喋る相手もいなければ、旦那に辛さをわかってもらえることもなく、二人でいるはずなのに、毎日が孤独感でいっぱいで、もう壊れそうで耐えれなくて、、そして、そう思いながら必死で子育てをしていた自分のその時の苦しさが忘れられない。




そんな時に見る、キラキラしたお母さんたちの子育てに、華やかに見えた別世界のような光景に、目を背けたかった自分の思いが忘れられない。



きっと、他人のキラキラ輝いて見える毎日に劣等感を感じてしまう人だっているはずだ。


私がそうだったように。



いや、いやいや、もしかしたら私の多大な勘違いかもしれないんですよ。


しれないんですけどね。




そういう思いが物凄く強くて、、苦手なんです。


未だに(´・_・`)



だから、飾らないブログでありたいと思っているんですけど。



やっぱり飾っちゃったりしますね。(飾ってんのかーーーーい!)爆




このブログを読んでくれてる友達が極数人いるんですけど、「めっちゃ玄関お洒落に見えるね。ブログだと。」とか。言われちゃったり。そこかーーーい。




で、1年ブログを続けてみて感じたことは、ブログだけがその人の全てじゃないし、苦手から逃げるだけが全てでもない。ということ。



長男の赤ちゃんの頃の私の暗黒時代。(いやいや本気で。でも数ヵ月なんですけどね。)



このお母さんには同じ月齢の子がいてもこんなことができるのに、私にはできない!!!と、自分を責めていたけど。




子どもが育つうちに、いつまでもこの暗闇が続かないこともわかった。




そして、もうその時には戻りたくても戻れないこともわかった。




私は、そんな思いで長男と過ごしていたあの頃に戻って、もっとおおらかな心で長男との赤ちゃんの時代をやり直したいけど、もうできなくて。




あんな風に辛い辛いと育ててしまって、ごめんね。って思う。




あの時に戻れたら、あの頃の私を助けてあげたいなぁとも思う。




だから、そういう思いをしているお母さんの、せめてもの拠り所になれるようなブログでありたいなと、思って、いたんだけど、方向性は全然そっちにいってないなと。



1年やってみて、感じております。苦笑。



ブログって、、奥が深いのねと思う今日この頃。




でも、自分のブログを書くことだけじゃなく、皆さんのブログを1年間拝見してきたことで、刺激を受けることや、自分の生活の中ですごく為になることが沢山あった。





なんせ、一番は家計の見直し。


ここですよ。



私、やりたかったことがあったんです。




長男の子育てでツラいと思った経験から、ギリギリのラインで毎日を頑張って踏ん張っているお母さんを助けたい。


私が後悔している、我が子とのかけがえのない時間を、少しでもストレスをなくして穏やかに過ごしてほしい。



と、思って、何ができるだろう。

フルタイムで働いている頃からいつも頭の片隅で考えてた。



私には、保育士資格もある、子育てサポートができるかもしれない。


でも、私にはやりたいこともある。




ヨガ。


ヨガがやりたい!



ヨガで精神的に救われたことが沢山ある。

前向きになれたことも、気持ちも身体もリセットできたことも。疲れているお母さんたちにもってこいだ!


そう思って、子どもと離れてリフレッシュできる場所。

又は一緒にリフレッシュできる場所を作りたい。


そんな思いから、インストラクターの資格をとりたいと思ったんですけど。



ええ。


現実は、そこに投資できるお金がないーーーーー。



なんせドのつく素人ですし、(ついでに身体が超絶硬い。苦笑)

生きていく上で最も大切な身体に関わることですから、自分がしっかり学ばなきゃ人様におろすなんてことできませんし。



でも、やってみたい!



そんな思いで、家計を見直して貯蓄を考え直したのがきっかけ。



でも、まわりの皆さんのブログを読んでいるうちに、その前にしっかりと見直さなければいけないこと。

それは家族の為、子ども達の為にする貯蓄だと考えるようになってきた。



私の夢を叶えるのはその次だと。







自分の土台をしっかりと作ってから、、

うーん。もしかしたら歳を重ねて考え方も変わって、やりたいことが変わったりするのかもしれませんが、

きっとこの思いだけは変わらない。


孤独を感じているお母さんの毎日が、明るいものになるように。

そんな場所を作りたい!


その為に私は、今自分がするべきことから精一杯頑張りたいと思います。







お母さんたち、今日も1日お疲れ様でした!
(^^)





まとまりなく終わりますが。
長く熱い記事を。苦笑
最後までお読み頂き、ありがとうございました。











img1473519790835.jpg
oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ