2019/02/11 09:11


おはようございます。


スタッドレスを急いで購入したのに
昨日の朝飛び起きて窓の外を見たら
全然積もってないじゃん〜〜〜〜〜〜!!!
号泣

積もったら積もったでそりゃ大変だから
いいんだよ、いいの、いいんだけどさ、、
どうしても拭えないのは
あの日8万出してつけなくても良かったよね感、、


夫からきた
「雪、全然ふってないじゃん」
のLINEは華麗にスルーです。



3連休最終日は
朝から長男次男に雷を落として大バトルです。
ゲームの使い方を巡って。
本当にこのゲームでの雷は何度目なんだ。
何度一緒にルールを作っても何度も破られる。
ルールさえ守れば使えるのに
自制心が効かなくなるゲームはもう心底本当コリゴリだ。
なくなってしまえばいいのにと思うほど、
思うけどそうもいかない友達との環境もある。
いや、こうさせてしまった私にも責任はあるわけだけど。

もう最悪な朝。

最終日、
もっと楽しい事して過ごしたかったのに。


結局ゲームは没収ですが
ただただ取られたというわけじゃない
自分の何がいけなかったのかを
自分達で気づけない限り
絶対出さないと決めている。

はぁ。



さてさて、話を変えて。

DSC09514.JPG

怒られる男子を横目に
きっとこうして「男って、、」
と男の生態を学んでいくであろう娘がグイグイ飲んでるのが
なんとなんと

IMG_20190210_082725.jpg

青汁なんですよ〜。
モニターさせて頂いている全農さんの
青汁習慣(乳酸菌入り)
九州産有機野菜使用青汁


青汁習慣はサンキュCFMの全農さんのステージでも
お米のミルクに混ぜて飲んだ方も多いはず。
抹茶ミルクみたいな感じで飲みやすい〜♡

青汁って苦いと思ってたけど
この青汁は苦くないのかも!
と思って豆乳に溶かして飲んだら
やっぱり子どもには受け入れてもらえず。
(゜-゜)苦笑
牛乳の方がまろやかになるんだきっと。
私はお湯だけでも
抹茶みたいな感じで全然いける!


そんなわけで私と娘のお気に入りの飲み方はコチラ

DSC09490.JPG


青汁バナナシェイク〜♡
王道だけどこれは本当に飲みやすくて美味しい!


DSC09467~2.JPG

牛乳で割ってもいいんだけど
今回はこちらの豆乳で♬
全農さんの
ふくれん 九州産ふくゆたか大豆
成分無調整豆乳


ちなみに成分無調整豆乳っていうのは
大豆と水だけを使って作られているということ。

調整豆乳は砂糖や塩、乳化剤などを入れて
飲みやすいように調整されたもので
調整豆乳に比べると、飲みにくいかな??
という印象を受けますが
豆乳が苦手な方でも美味しく飲めるようにと
さっぱりとした飲みやすさに仕上げられています^^

そこにバナナと青汁を入れると
甘くまろやか、そして青汁はやっぱり抹茶感が出て
(個人的にこの抹茶感がめっちゃ好き!)

DSC09514.JPG


娘だってゴクゴクいけちゃうし


DSC09505.JPG

美味しいね!
もいただけちゃう♡


身体にやさしい生活を心がけて
どうか心も穏やかでいたい、、
(切実、、)

青汁習慣・九州産有機野菜使用青汁
こちらのお買い求めはAコープ、一般量販店へ!

ふくれん九州産ふくゆたか大豆成分無調整豆乳
こちらはJAタウンから購入できます

ちなみにJAタウンの甘平の家庭用を
購入しようか何日も迷ってる私、、
迷ってるうちに売り切れそうだけど
だめ、
まだ売り切れないで〜〜!!



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/02/06 14:19
こんにちは(^^)


ヒーターガンガンの室内にいると
体中の水分を全部持っていかれる恐怖に襲われて
寒くてもいいからその場から脱出したくなる
そんな2月です。

乾燥が辛すぎたので
雨は嬉しいんだけど
寒いのは勘弁な
言うことぐちゃぐちゃな本日。


さて、
果物が大好きな我が家ですが
今年もこの美味しさに
おいしーーーーーーーい!!
と叫んだ子どもたち。


DSC09473.JPG


2人仲良く
半分こして食べてるのは

甘平(かんぺい)


DSC09471.JPG

モニターさせて頂いている全農さんの
愛媛県産のオリジナル品種
甘平です。

西之香(清美×オレンジ)とぽんかんを交配し育成したもので
愛媛県オリジナルブランド品種だそうです。

DSC09472.JPG

栽培が難しくまだ生産量も少なく
高級かんきつとして人気の高い甘平ですが
たまーーーにスーパーで見かけたり
果物の多い八百屋さんでも見かけることが、
以前に比べると増えてきた気がします。

とってもジューシーで
甘い果肉に食べ応えのある大きさも魅力。

高級だってのに
一瞬でなくなるからもう本当イヤになっちゃう。
苦笑

DSC09478.JPG


最近、野菜売り場でも
例えばいろんな品種のみかんが並んでると
陳列中の青果担当の店員さんに
オススメはどれですか〜??
と聞くことが多い私。

前までは「質より量!」
「食べたらなんでも一緒!」
と思って迷うことなく大容量で1番安いものを
わき目もふらずに選んでましたが
やっぱりね、全然違うのよ。

いや、そりゃさ、
味が違うことはわかってはいたんだけど
それでもそこまでして、、
と思っていたんだな正直。

でもやっぱりこれは全農さんの
生産者さんを想う気持ちに触れてなのかな。

こう自然と、
消費者を想って作ってくれている生産者さんの想いと労力を
無駄にしたくないなぁって。
なんか最近はそんな風に思って購入することが増えました。
そして、やっぱり美味しいんだもん。

青果の店員さんも
聞いた以上に色々と教えてくれるのが
また嬉しかったりもするのです。

もちろん高いものをばんばん買えるような家計ではないので
苦笑

できる範囲ですがね。
でもやっぱり
美味しいものに巡り合えた時の幸せって最高。



甘平はJAタウン
JA 全農えひめ直販ショップ(ネット通販)
でもお取り扱いがあるそうです



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/01/31 14:07

こんにちは(^^)


この間の週末。
プレートを出して夫が作る広島焼〜

DSC09437.JPG

前までは
お祭りの屋台で食べるお好み焼きとかめっちゃ美味しい!
と思ってたんだけど
最近は家で作る方が断然美味しいと思う。

これはなんでしょう。
年齢的なものなのか。
それとも夫がまじな神の手の持ち主なのか。


広島焼も美味しいんだけど
子ども人気はやっぱりもんじゃ焼き〜〜〜!

DSC09426.JPG

もち入りもんじゃなのですが
その横でカットしたお餅も一緒に焼いて。

DSC09428.JPG

もんじゃ出来上がり〜♡

DSC09430.JPG

お餅も出来上がり♡
プレートの上でチーズを溶かしてお餅にのせて
醤油をかけて
もう想像通りのその味!


DSC09432.JPG

海苔を巻いて食べる横から
ほぼほぼ娘に持ってかれる。

DSC09304.JPG

今回食べたお餅。
モニターさせていただいている
全農さんの
新潟県魚沼産こがねもち米使用
杵つき生切り餅


このおもちね、本当美味しいんですよ。
我が家って、母の実家が新潟なんで
冬になると信じられないほどお餅を頂けて
捌ききれないほどあったりするんだけど
このお餅に関しては
早く食べきらなきゃ〜とかじゃなく
このお餅が食べたい!
と思えるほどの美味しさがあるの。

DSC09439.JPG

私的には、重たくないって感じ。
ねばりとこし、風味。
どをとっても本当に絶妙。
絶妙にうますぎる!

DSC09444.JPG

先日は朝からおしるこ〜。
本当はお正月に出すつもりでこしあんを買ってて。
なのに忘れ去ってて
こんな時期に出すんだけど。
苦笑

やっぱり美味しい〜♡

DSC09454.JPG

最初はあんこがいやだからって言ってた娘も
ちょっと食べてみたいとやってきて。

DSC09457.JPG

めっちゃ美味しい〜♡
と、この笑顔!



こうしてお正月に出すつもりだったこのお餅。

私たちの生活には欠かせない
「和食」
という文化が2013年12月に
ユネスコ無形文化遺産に登録されているんだそう。

和食という料理に対するものというより
自然を尊ぶ日本人の精神の基づいた
日本人の生活や社会的週間を形作る大切な文化
として世界に認められているそうです。


DSC09315.JPG

だから今年のお正月も
おせちと一緒にケンタッキー出してる
料理内容どうこうより
苦笑
「正月におせちを食べる文化」
というものが日本人らしくて素敵だねってことよね。

そんな日本の文化が海外から評価されてるということが
純粋に嬉しいなと思う♡
そして和食は外国人が好きな外国料理の1位なんだというのもまた嬉しい♡

ごはんとみそ汁とおかずがあるいつもの光景。
四季折々、季節だったり家族の成長を祝う行事食。
当たり前のような文化と思いがちですが
こうして和食文化に自然と親しんでいる中で
季節感を感じたり食べ物に感謝できる心が育まれるのかと思うと
なんとも奥が深いものだな〜と
感心してしまいます。


子どもたとへ、そしてそのまた先へ
いつまでも引き継いでいきたい大切な文化だな〜と
改めて思うのでした。



***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡

oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ