2016/08/05 06:19
今週のイチオシ!
子どもの習い事に体験。



我が家は子ども3人。



いま現在習い事をしてる子はいません。



習い事をしていた時期もあったのですが。


かくかくしかじか。。





長男が一番初めに、自分からやりたいと言ったもの。



それは、よさこい。



子ども達の通う保育園の近隣の中学校では、生徒達がよさこいを地元の大きな祭りで毎年踊っていて。


職業体験の時期になると、有志の子達が保育園によさこいを披露しに来てくれるんです。


年長だった長男、その中学生の姿に惚れた。


初めてよさこいをやりたいと聞いた時、やりたい!って自分から思ったんだという長男の想いが嬉しくて嬉しくて。


たまたま同じクラスのお母さんが、よさこいのチームに入っていたのを知っていたので、すぐに連絡をして体験へ。


保育園の友達がいたこともあり、すぐに入ることになって。



が、しかし。

毎週の夜からの練習、自分はフルタイムに下の子はまだ一歳で、しかも子どもだけやるかと思ったらやるのはほぼ親だった現実。苦笑


練習になかなか行けずにいたら、振りが全く覚えられず。


周りの皆さんに支えられ、必死で振りを覚え、、ってほらほら、なんかもはや私の習い事と化している。



長男は鳴子を持つことなく、旗をふって歩くだけなんですが、二人で沢山の祭りに行った2年前の夏。


img1470319919846.jpg

それはそれで楽しかった思い出。



だけど、結局、長男はよさこいが好きというよりは練習時間に友達に会えることが嬉しくて。


そして、よさこいは、カメラを持った方々にものすごく撮影されるんですね。

特に子どもはよくされて。

それが嫌だったらしく、もう出たくないと言い出し、よさこい、実にあっけなく終了。





だがしかし、彼はまたやりたいことを見つけた来た。


スイミング。



これはもう、やって損はないことだろうと思って、むしろやってほしかったものだったのもあり、友達が皆行っているスイミングに体験に行き、すぐに入会。



しかーし、問題発生。

スイミングの元気もりもりの雰囲気に完全に呑み込まれ。


あとさ、他の学校の子とかがいるのがとっても苦手。



で、ほんの数回でスイミング拒否。


でもね、私はその時、どうするべきなのかものすごい葛藤。



自分がやりたいといって始めたことを、こんな理由で辞めさせていいのか。

これを乗り越える力を育てていくべきなのではないか。

簡単に逃げるような人間にはなってほしくない。

でも、毎週繰り広げられる親子の攻防戦。


ロッカーで人目をはばからず怒鳴ることもあった。


そして自己嫌悪の繰り返し。


長男といえば、やる気もないから実にもなってなさそうな練習。(ひどいとプールサイドでひたすら泣いていた。)


ここまですることに何の意味があるのか。


そして、どんな練習であれ月謝は毎月引き落とされ、、(切実)



半年くらいで、もう、これは私の意地でしかないのかもしれないと思って、思い切って辞めさせました。



本当は、楽しく続けてほしかったけど。







という経験から、本人がやってみたい!と思ったことは、勿論やらせてあげたいと思うわけですが、親の方から習い事をさせる選択肢は、我が家の子ども達にはあわないだろうなと考えています。



母は懲りずに、下の子たちに、こんなのやってみない?とか聞いたりするんですが、これといって何がやりたいわけでもなく。



だからやっぱり我が家は、子どもがやりたい!と思ったその時が始め時だなって。



その子その子で、色んな色があるってことを、長男が教えてくれたので。

そんな選択肢もありだと、私は思っています。

なので我が家、今は習い事はなし。




強いて言えば、本人の希望でチャレンジタッチを始めた長男。


こちらは、目新しいこともあり、すごくハマってます。



習い事で、学ぶことも沢山あるだろうし、何かに夢中になってくれたら嬉しいなと本心では思うのですが。


それが難しいわが子達には。




子どもが、習い事を通さなくてもわくわくできる体験ができるようなことをしてあげたいなーと思う日々なのでした。


IMG_20160804_215518.jpg



いつか「これがやりたい!」と言われた時は、全力でサポートしていける親でありたい。



そう思う、ハハゴコロなのでした。








oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ