2019/09/09 17:02
こんにちは(^^)

台風が過ぎ去った関東。
のこの熱風がまじでもう
ドラえもんのアラビアンナイトを彷彿とさせる。
(超個人的に)

そんな本日。
夫婦とはをもんもんと考え勝手に語りにやってきました。

私ね、人が何しようがあんまり興味がなくて
例えば夫が毎週飲みに行こうが
何時に帰って来ようが
誰とどこで遊んでようが
全く気にならない人なんですね。

別にそれを、夫ばかりずるい!とも思わない。
だけどね、それを
私は何も言わないで行かせてやってる
なんて意識はないつもりなんだけど
だからなのか反対に
私の好きなことをさせてくれない時には
めちゃくちゃ腹が立つ。

でね、私も元々出不精なんで
あんまり外に出る事もないんですが
たまたま今週末
金曜日に近所のママさんたちとごはんに行く用事があって。

それを何日か前に伝えて
「あ〜わかった〜」
って話したんだけど
その後また違う友達と、
週末に飲みに行こうって話になって
ちょっと10月にかけての週末が忙しくて
空いてるのが直近だと今週末しかなくて。

うーーーん、2日連続で家にいないのも微妙かな
と、悩んでたんだけど
友達に返事もしないとだったから昨日さらっとね
「今週、もう1件〇〇ちゃんと夜出たいんだけど厳しい?
無理ならずらすから〜」
と言うと
「え?週末2回行くの?」
無言のあと
「わかんない。俺の予定が入らなければいいけど
俺の予定が入ったら無理。だからわかんない」
って言った。

おおん???
意味わかります??

今のところ予定がないけど
飲みに誘われたら、先に伝えた私の用事は断らせて
自分はその用事を遂行するということです。

ねぇ。いる??
こんな性格悪い人、いるの??
真顔

まじ返す言葉もねぇわと思って
怒りというよりもう悲しくなってきたですよ。

ねぇ、わかんないよ。
わかんないけどきっと
清水翔太だったら決してこんなことは言わないんだと思うの。
あんなピュアな歌詞を書く清水翔太は決して言わないであろう言葉。
を言うのは我が夫。

ちっさ!!!
毎週末出てるわけじゃないのにそんなこと言うなんて
ちっさ!!!
と心の中で叫び
友達にLINEを返す。

夫のことをそれなりにわかってるので
「笑。どっちもあけとくよ〜」
と言ってくれる。

優しい。

夫はね、夫婦でありながらも
まだまだ独身気分が大きいのよきっと。


例えば前にも私が新しいことにチャレンジしたい時があって
でもそれは数か月学校に通わなきゃいけなくて
だから家族への負担が少なからずでてしまうもので
それをまたちらっと話した時に言われたのがさ
「それやってなんか意味あんの?金になんの?
「俺に負担がかからないならやれば。」
「俺に子ども見させるとかならまじやめて」
って言ったの〜〜〜
まじ昭和〜〜〜
令和じゃない昭和〜〜〜〜!!!

きーーーーっ
清水翔太ならきっと応援してくれたのに!
もしくは清水翔太単体で私一人くらい十分に食わせてくれるはずなのに
きーーーーっ!!

という感じで、
え??令和ってなに??
え??
イクメンってなに??
え???
共働き夫婦の家事シェアってなに??
って思いながら
間に清水翔太だったら妄想を挟みながら
一生懸命生きている34歳がいます。


00100lPORTRAIT_00100_BURST20190813210241375_COVER.jpg


とどめに、先日わけあって記帳した夫のお小遣い通帳が
まじでこの世に出せない使い方しすぎてて
もう無表情にしかならなかった。

でもね、最後に1つ。
夫のいいところを上げてみようと思う。

もし家族にピンチが訪れた時には
命張って、家族を守ってくれるであろう自信だけはある。

というもはや
一生使うか使わないかのいいところ。
(しかも私がそう思ってるだけで逃げられたらまじで私の今世を返せと思う)


そんな感じの最近。
清水翔太と夫の板挟みに苦しんでます。

大変くだらない話を、、
苦笑

最後まで読んでいただきありがとうございました
(゜-゜)♡
oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/10 17:17
こんにちは(^^)


夏休み、忙しいよ!!
何が忙しいんだかわかんないけど
なんだかもうやることがひたすらに終わらん!

今重荷なのが子ども3人分の宿題に付き合うこと。
うちの子ども達、1人でできるほど自立できてなくて
結局1人ずつについて教えながら進めるから
気づいたら何時間も経ってて
え〜〜!もう夕飯作る時間!

って毎日で、思うようにブログも書けず。
ブログどころか自分の用事も終わらない。

今日から休みに入った夫に
この苦労をわからせようと付き合わせたんだけど
わかんなくなる度やものさしなんかをなくすたびに
「ママーーー!ママーーー!!」
(夫の叫び声)

まじうるせぇぇぇえええ!!!


自分で探して。
目の前にあるじゃん、
呼ぶ前に限界までやって。
簡単にママママ叫ぶんじゃねぇ〜〜〜。


と、もう本当私気が狂いそう。
はぁ。

ちなみに夫婦で5年の算数問題の解き方で喧嘩になる私たち。
苦笑

もうだめ、早く私だけの時間をちょうだい。

そんなお盆休みの始まり♡涙


さて本題。
今日は恐れおののいていた
次男の歯科矯正の相談日でした。


春の学校の歯科検診で、
歯医者で診てもらうようにと丸がついてきちゃったのです。

矯正かぁ、、
長男の不正咬合の時に、
何万だか忘れたマウスピースを購入した恐怖が蘇る。

でもさ、もしも矯正した方がいいって言われたら
まぁやるっきゃないとは思ってはいた。
でもあわよくば
しなくてもいいとか言ってほしいとも思っていた。
苦笑

行く前から
あぁ〜いくらかかるのかな、、
ってだいぶ気が重くなりながら。


結果、

IMG_20190810_161737.jpg

歯科矯正の担当の先生の判断で
まだ、装置をつける選択はせず
(本人がイヤだということもあり)
しばらくはこの原始的な方法で様子を見る事に。

1日30分くらい
テレビを見ながらとか
ずれてしまっている前歯を棒で押し出すのです。

実は私も小さなころ、この方法で
歯科矯正を免れた身。

先生ありがとう〜〜〜〜!!!
って涙出るかと思ったほど
私が誰より喜んで帰りました。

どうかこの方法で、
前歯の位置がずれていきますように。

懐事情もあり、できるだけ歯科矯正は避けたいから
もう死ぬ気でやってもらいます。
(゜-゜)真顔

ついでにちょっと前の
友達宅に行った時の写真。


IMG_20190805_135824.jpg

〇撮影許可ありです〇
埼玉県民はみんな知っているであろう
NACK5のゴゴモンズというラジオ番組が大好きな私なんですが
その中で紹介されていた
(去年ね。爆)
暑いぞ熊谷!の雪くま♡


IMG_20190805_134601.jpg

念願の雪くまを食べてきました〜♡
私はいちご、友達は梅!
子ども達にはサイダー味が人気。

IMG_20190805_132921.jpg

ふわふわの氷が美味しかったです〜♡
でも私、かき氷苦手なんです。
苦笑

でも、美味しかったですよ〜♡
(どっちだよ〜。笑)

帰宅後はみんなで夕飯を食べて
夜には花火!

IMG_20190805_212629.jpg

この男子たちのどうしようもない絵面。
苦笑


こうして夏が感じられることが嬉しい。

いや〜この日は楽しかったな〜
毎日イライラしてないでこんな気持ちで過ごしたいわ〜。
切実。


最後までお読み頂きありがとうございました♡





oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/07/09 17:21
こんにちは(^^)

なんだか久々のブログ投稿です。

月末からずっと
毎日すごくバタバタしていて
何でバタバタしてたんだか
覚えてないんだけど
なんかそんなわけで気づいたらもう7月だった。
(゜-゜)

そうそう、先週は今年の目標だった
家族でUSJに行く旅を叶えてきました〜♡

そちらはまた別でブログを書きます。
めっちゃ楽しかった、、♡


さて。
我が家ですね、タイトルの通り
牛乳飲まない家族なんです。

私と娘以外は、
牛乳を牛乳のまま飲まない人と
そもそも牛乳が飲めない人と
無理すれば飲める人から成り立っています。
苦笑

だからシチューとかが
普段の夕飯にあまりでてこないのもこの
牛乳飲まない家族問題のせい。

ちなみに夫は昔保育園で
無理やり牛乳を飲まされてから
一滴も飲めなくなったそうです。
苦笑


で、唯一牛乳をそのまま飲める女子組の娘。


DSC01128.JPG


朝ごはんにと言いたいところだけど
我が家は朝はごはんが多いので
この日はおやつに牛乳をかけて食べるグラノーラ!

DSC00819.JPG

モニターさせて頂いている全農さんの
九州産3種のフルーツ使用
 フルーツグラノーラ


このグラノーラ何がすごいって
九州産大麦が主原料で
入っている果物が九州産のみかん・梨・柿
そんな組み合わせ初めて聞いた〜〜〜!



DSC01126.JPG

甘みと酸味が絶妙でクセもなく食べやすいし
食べ応えもある!

DSC01133.JPG


娘も
うんうん美味しいね!
無言で食べ続ける。


我が家は牛乳の消費量って少なくて
私が毎朝飲んでるカフェオレに使うくらい。
週に1本で間に合う感じ。


DSC01135 (2).JPG


だけどね、こんな記事を見て
自分の勘違いぶりにビックリ。

将来的に
日本の牛乳が飲めなくなってしまう日がくるかもしれない

ん??
我が家もあまり牛乳を飲まないし
子ども達の学校の先生からも
「牛乳を残す子が多くて給食の牛乳がすごく余ってしまうんです〜」
っていう話をもう何年も聞いていたから
牛乳を飲む人自体が減ってきてるんだな〜
なんて思ってたんですが違うの〜
そういうことじゃなくて

酪農家という仕事自体が365日、
毎日休みのない仕事であること。
異常気象や自然災害の被害を受けるリスクもある。
経営にはお金もとてもかかること。
そして現在、高齢化が進み後継者がいないこと。
このことから酪農家は減り続けていて
私たち消費者の消費量に、国内の生産量が追い付いていない現状があるそう。

真逆〜〜〜〜!!
追い付かないの〜〜〜???
それは本当に大変じゃないか〜〜〜!!


というか牛乳ひとつに絞っていたけど
乳製品全般でいえばチーズやバター
うちの子どもたちも大好きなものだよね。


そしてこの酪農家の実情を知ると
残された給食の牛乳とかが
すごく切なく思えてくる。
(開封されて残された給食牛乳はバケツに捨てているんだそう。)


どうしても今の日本は、物が溢れているから
そこに牛乳があることも、すべて当たり前と思ってしまうけど
当たり前の裏側にある生産者さんの想いを知ると
消費者はその、当たり前を守る役目を持つべきだなと感じるのです。

そして酪農には循環型農業や牧草を育てたり
放牧をすることで国土保全や里山の景観を守る役割も担っているんだそう。

田んぼと同じだ〜〜!!


豊かである裏側には
私たちの食を守ろうとしている生産者さんの努力があること
これを忘れちゃいけないなと
改めて感じるのでした。




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ