2019/08/10 17:17
こんにちは(^^)


夏休み、忙しいよ!!
何が忙しいんだかわかんないけど
なんだかもうやることがひたすらに終わらん!

今重荷なのが子ども3人分の宿題に付き合うこと。
うちの子ども達、1人でできるほど自立できてなくて
結局1人ずつについて教えながら進めるから
気づいたら何時間も経ってて
え〜〜!もう夕飯作る時間!

って毎日で、思うようにブログも書けず。
ブログどころか自分の用事も終わらない。

今日から休みに入った夫に
この苦労をわからせようと付き合わせたんだけど
わかんなくなる度やものさしなんかをなくすたびに
「ママーーー!ママーーー!!」
(夫の叫び声)

まじうるせぇぇぇえええ!!!


自分で探して。
目の前にあるじゃん、
呼ぶ前に限界までやって。
簡単にママママ叫ぶんじゃねぇ〜〜〜。


と、もう本当私気が狂いそう。
はぁ。

ちなみに夫婦で5年の算数問題の解き方で喧嘩になる私たち。
苦笑

もうだめ、早く私だけの時間をちょうだい。

そんなお盆休みの始まり♡涙


さて本題。
今日は恐れおののいていた
次男の歯科矯正の相談日でした。


春の学校の歯科検診で、
歯医者で診てもらうようにと丸がついてきちゃったのです。

矯正かぁ、、
長男の不正咬合の時に、
何万だか忘れたマウスピースを購入した恐怖が蘇る。

でもさ、もしも矯正した方がいいって言われたら
まぁやるっきゃないとは思ってはいた。
でもあわよくば
しなくてもいいとか言ってほしいとも思っていた。
苦笑

行く前から
あぁ〜いくらかかるのかな、、
ってだいぶ気が重くなりながら。


結果、

IMG_20190810_161737.jpg

歯科矯正の担当の先生の判断で
まだ、装置をつける選択はせず
(本人がイヤだということもあり)
しばらくはこの原始的な方法で様子を見る事に。

1日30分くらい
テレビを見ながらとか
ずれてしまっている前歯を棒で押し出すのです。

実は私も小さなころ、この方法で
歯科矯正を免れた身。

先生ありがとう〜〜〜〜!!!
って涙出るかと思ったほど
私が誰より喜んで帰りました。

どうかこの方法で、
前歯の位置がずれていきますように。

懐事情もあり、できるだけ歯科矯正は避けたいから
もう死ぬ気でやってもらいます。
(゜-゜)真顔

ついでにちょっと前の
友達宅に行った時の写真。


IMG_20190805_135824.jpg

〇撮影許可ありです〇
埼玉県民はみんな知っているであろう
NACK5のゴゴモンズというラジオ番組が大好きな私なんですが
その中で紹介されていた
(去年ね。爆)
暑いぞ熊谷!の雪くま♡


IMG_20190805_134601.jpg

念願の雪くまを食べてきました〜♡
私はいちご、友達は梅!
子ども達にはサイダー味が人気。

IMG_20190805_132921.jpg

ふわふわの氷が美味しかったです〜♡
でも私、かき氷苦手なんです。
苦笑

でも、美味しかったですよ〜♡
(どっちだよ〜。笑)

帰宅後はみんなで夕飯を食べて
夜には花火!

IMG_20190805_212629.jpg

この男子たちのどうしようもない絵面。
苦笑


こうして夏が感じられることが嬉しい。

いや〜この日は楽しかったな〜
毎日イライラしてないでこんな気持ちで過ごしたいわ〜。
切実。


最後までお読み頂きありがとうございました♡





oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/07/09 17:21
こんにちは(^^)

なんだか久々のブログ投稿です。

月末からずっと
毎日すごくバタバタしていて
何でバタバタしてたんだか
覚えてないんだけど
なんかそんなわけで気づいたらもう7月だった。
(゜-゜)

そうそう、先週は今年の目標だった
家族でUSJに行く旅を叶えてきました〜♡

そちらはまた別でブログを書きます。
めっちゃ楽しかった、、♡


さて。
我が家ですね、タイトルの通り
牛乳飲まない家族なんです。

私と娘以外は、
牛乳を牛乳のまま飲まない人と
そもそも牛乳が飲めない人と
無理すれば飲める人から成り立っています。
苦笑

だからシチューとかが
普段の夕飯にあまりでてこないのもこの
牛乳飲まない家族問題のせい。

ちなみに夫は昔保育園で
無理やり牛乳を飲まされてから
一滴も飲めなくなったそうです。
苦笑


で、唯一牛乳をそのまま飲める女子組の娘。


DSC01128.JPG


朝ごはんにと言いたいところだけど
我が家は朝はごはんが多いので
この日はおやつに牛乳をかけて食べるグラノーラ!

DSC00819.JPG

モニターさせて頂いている全農さんの
九州産3種のフルーツ使用
 フルーツグラノーラ


このグラノーラ何がすごいって
九州産大麦が主原料で
入っている果物が九州産のみかん・梨・柿
そんな組み合わせ初めて聞いた〜〜〜!



DSC01126.JPG

甘みと酸味が絶妙でクセもなく食べやすいし
食べ応えもある!

DSC01133.JPG


娘も
うんうん美味しいね!
無言で食べ続ける。


我が家は牛乳の消費量って少なくて
私が毎朝飲んでるカフェオレに使うくらい。
週に1本で間に合う感じ。


DSC01135 (2).JPG


だけどね、こんな記事を見て
自分の勘違いぶりにビックリ。

将来的に
日本の牛乳が飲めなくなってしまう日がくるかもしれない

ん??
我が家もあまり牛乳を飲まないし
子ども達の学校の先生からも
「牛乳を残す子が多くて給食の牛乳がすごく余ってしまうんです〜」
っていう話をもう何年も聞いていたから
牛乳を飲む人自体が減ってきてるんだな〜
なんて思ってたんですが違うの〜
そういうことじゃなくて

酪農家という仕事自体が365日、
毎日休みのない仕事であること。
異常気象や自然災害の被害を受けるリスクもある。
経営にはお金もとてもかかること。
そして現在、高齢化が進み後継者がいないこと。
このことから酪農家は減り続けていて
私たち消費者の消費量に、国内の生産量が追い付いていない現状があるそう。

真逆〜〜〜〜!!
追い付かないの〜〜〜???
それは本当に大変じゃないか〜〜〜!!


というか牛乳ひとつに絞っていたけど
乳製品全般でいえばチーズやバター
うちの子どもたちも大好きなものだよね。


そしてこの酪農家の実情を知ると
残された給食の牛乳とかが
すごく切なく思えてくる。
(開封されて残された給食牛乳はバケツに捨てているんだそう。)


どうしても今の日本は、物が溢れているから
そこに牛乳があることも、すべて当たり前と思ってしまうけど
当たり前の裏側にある生産者さんの想いを知ると
消費者はその、当たり前を守る役目を持つべきだなと感じるのです。

そして酪農には循環型農業や牧草を育てたり
放牧をすることで国土保全や里山の景観を守る役割も担っているんだそう。

田んぼと同じだ〜〜!!


豊かである裏側には
私たちの食を守ろうとしている生産者さんの努力があること
これを忘れちゃいけないなと
改めて感じるのでした。




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


最後までお読み頂きありがとうございました♡


oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/05/18 12:28
こんにちは(^^)

私ね、最近参ってるんです。

もうね、小5長男の考えてることが、やってることが
育て方が、、
まじでようわからーーーん!!!!


私は職業としては保育士だけど
それはもうだから何なの?
ってレベルで
保育園で接している子への自分の言動と
自分ちの子への対応は全然違う。
苦笑

くらい我が子に対しては
ものすごく感情的になって怒っていることばかり。

特に長男は元々何考えてんだかよくわかんないな〜
と思ってたんだけど10歳という微妙な年齢がまた
本当によくわかんない〜〜〜。

衝突することもすごく多くて。
半面まだ幼いなって思う瞬間もあるし愛おしいなとも
そりゃ思うんだけど。

でもやっぱり1番上の子ってなんでも目に付いちゃって
ガミガミしちゃって、
そんなもんなんだよって
年上の人には言われるんだけど
そんなもんなのかなんなのか、、


最近はやっぱり
男の子の悩みあるあるだと思うんだけど
ゲームへの執着がもう、もう、
ため息しか出ないわってレベルで。


何度もバトルを繰り返して
やっと最近はまぁそれなりに
折り合いがつけられてる感じはする。

私としてはね、
ゲームを完全にしないでほしいわけじゃない。
ルールを守って遊ぶ分には全然良くて。

だけどそのルールを守ることができない
自制心が効かなくなってしまうそれがこわいって話。


勿論買い与えてやらせていた
私たち親の責任は重々承知なんだけど。

近所のママさんとも話すけど
例えば子育てアドバイスとかにのってるような方法だって
ネットで調べた方法だってもう全部やり尽くしたよって話。

そして親子だからこそそんな理想的なきれい形で
越えられないという現実だってある。

私も小さい頃
ゲームボーイとか家にあったし
私は男兄弟だからやらないことはなかったけど
そんな数時間も止まらないほど没頭することもなくて。


本当にひどかった時なんかは
やめさせられたら発狂して暴れるとか
(依存症状ですよ。もう調べつくしてわかってる)
まじで意味わからな過ぎて呆れる。
でもこのままじゃだめだと思って何度も戦ってきて。


っていうか私は多分
すっごく集中力がなくて
クリアできないと面倒になってすぐやめてたから
そういう意味で好きじゃなかったんだろうな。

だからこそ
ここまで病的に依存する気持ちがわからない。


というわけで我が家のゲームとの付き合い方は
まさに一進一退。

ルールが守れるならできる。
ルールが守れなかったからできない。

シンプルにただそれだけで、
取り上げる事は簡単だけど
それがすべての解決だとも思わないから
ただひたすらにこのルールを通す。


でさ、まぁどの家庭でも多かれ少なかれ
そんなお母さんの悩みはあると思うんだけど
私この間夫と話してて
ふとあることに気が付いたのよ。

っていうかさ。
例えばゲームの中で過激な演出とかあるじゃん。
そういうのが子どもにはよくないって思ってるけど
私小さい頃ゲームじゃなく実世界でね
やっぱり過激なことをして遊ぶと
わくわくしたんだよね。

それは本当にすべて単なる好奇心ってやつ。

例えばさ
爆竹とか近所のお兄ちゃんたちと
大人がいなくてもどっかの誰かがライター持ってきて
住宅街でバンバン鳴らしてさ。
(で、近所のコワイおじさんに怒鳴られて必死で逃げる)
BB弾とかの撃ち合いも神社で学年も男女も関係なく
やりあっていじわるされて泣いて帰ったり。

家にあったありの巣退治の薬をこっそり持ち出して
人んちのアリの巣を退治してたり
(その頃は素直に超親切心でね)

ミミズは1回体が切れても死なないって聞いたら
じゃあ何回切られたら死んじゃうんだろうって
石を使ってミミズを切る実験をしたり
←今考えるととんでもない娘だ

他にも近所の壁にボール蹴って遊んだり
兄弟と近所の友達と自転車競走して
すっごい転び方して流血する子とかいたり。
苦笑

1人で自転車こいで神社に行って秘密基地作ってたり
朝から子どもたちけで
バケツを竿を持って近所の沼にザリガニ捕まえに行ったり。

やりたい!っておもったことは
きっと多分なんでもやってたの。

大人にバレたら怒られる
ということは子ども心にわかってたんだけど
多分怒られそうなそんなことがおもしろかったあの頃。

だから毎日今日は帰ったら何しよう
ってわくわくしてた。
休みの日はすっごく早起きして
朝から友達と出かけて
夕方のチャイムがなるともう夕方かーーー
ってがっくりしながら家に帰って。


だから今長男が
(次男はわりと外で友達と遊べる人)
例えばゲームの時間が終わったら
家でひたすらおもしろくもないテレビ見てることとか
ひまーーーーって言って何もしないこととか
自分で外に出て遊びを見つけないこととか
親が遊びを提案しないと遊べないこととか
まじ信じらんないんだけど
本当こんな子ども達イヤーーーー
って思って
あぁ、私の育て方がいけなかったのかな
なんて思っているんだけど。

でもね、ふと
今の子って規制されることが多いと思ったのです。
例えばうちの住宅街では
ボール遊びを禁止されてる。
自転車に乗って出かける範囲も細かく決められてる。
自転車競走も小さな子ども達がいるからダメ。
爆竹なんてやったら私が怒られる←

そう、きっと周りの目が昔よりも厳しい。
それは子ども達の安全を想う大人の気持ちではあるんだろうけど。
そして何よりも
私が子どものことで文句を言われてしまったり
注意されることを無意識に避けているんだと気づいた。


例えば私がミミズを切ってて
それって今考えるとすっごく残酷な遊びなわけだけど
じゃあそれをやったから私も今
残酷なことを平気でできちゃう人間になったかというと
そんなことはもうしない。

だから残酷に見える遊びを
実世界でやっていた私
それをゲームで疑似的に遊ぶ子どもたち。

私の方が、、やばくね??
苦笑

と思ってね、
危ない事を最初から制御されて
現実世界で危険に対する経験をつむことができない子は
どんな風に大人になるんだろう。

だってやっぱり刺激的なものって
時代を超えても
子ども達の中ではおもしろいんだな〜と思うんだよね。


ちなみに私が今大嫌いだったゲームがあって
でもそれは今小学生に超大人気で。

それをやる度に兄弟でも喧嘩になるし
感情的にって暴言も吐くし
全てはこのゲームのせいだ。。
ワナワナ。

と思ってたんだけど
先日eスポーツ甲子園関係の番組で
有吉とかアンガールズの田中とかが
皆でそのゲームをやるっていう番組を見たんだけど
大の大人たちが夢中になってそのゲームをしてるのを
見たら面白すぎてお腹抱えて笑っちゃって。

確かにオンラインの中ではあるけど
皆で協力して戦ったり仲間を助けたり
単純に見てたらおもしろかった。

私はこのゲーム自体に嫌悪感を持ってたけど
やっぱり使い方次第なんだなと感じて。

そして私がその番組を
爆笑しながら見てるのを見て
嬉しそうに解説をしてくる子ども達。
苦笑

ゲームすべてを悪と親の価値観で決めつけないで
自分も何がそんなに夢中にさせえうんだろうって知ることで
変わってくる見え方があるんだなと知った。
まじであの番組よありがとう。
(゜-゜)笑

まぁシンプルに
ルールを守って遊ばせる。
あとは遊びや親の価値観を強要しない。
こんな感じでいこうかな〜と
私は思うのです。
(夫はスポーツを習わせたいけど
本人にやる気がないのにやらせるのは本当無駄金だから
私は絶対反対。)

IMG_20190427_210621.jpg

それでもやっぱり
ゲームに夢中になってる長男よりも
ハムちゃんと遊んでいる時の
穏やかな長男の表情の方が私はホッとするのも事実。

でも、私の人生でもないしね〜。
だけどまだ道しるべは必要だしね〜。
でもだいたい私の道しるべだって合ってるかわかんないし。
子育てとはなんと難しいのか。


そんな10歳の男子話です。
まとまりなくしゃべり倒してごめんなさい。
苦笑



最後までお読み頂きありがとうございました♡

oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ