2016/03/13 06:30
我が家は築19年の中古住宅。

自分たちでセルフリフォームしながら暮らしています。

今日の記事は昨日の1階リフォームの続きです。



よければ昨日の記事もご覧下さい〜(*^^*)



細長い長方形のDKで、狭かった一階。


P_20151201_120952.jpg

壁をぶち抜きました。


P_20151213_112101.jpg

ただ築19年ということもあって、壁紙も黒く変色したり、けっこう劣化している・・・


P_20151201_120903.jpg

壁をどうにかしたい思っていたところに、父がくれた珪藻土。


珪藻土とは簡単に土壁が塗れて、調湿作用もあるし、シックハウス対策にもいいと人気の素材です。


父が10年ほど前に自宅補修用にかって保管してあったものですが、


「もうやらないから」


とプレゼントしてくれました。





基本掘った土でできているので、10年前のものでも品質は問題なしです。



自分でこんなに大量に買ったら56万円します。


 


土壁にするなら腰壁を作ったほうが耐久性がいいとのことで、腰壁も作ることにしました。



そこで使うことに決めたのが、以前の団地で作ったふすまカバー


P_20150507_142820.jpg



息子がびりびりに破ったふすまをカバーするためにつくったベニヤカバーです。



その時のセルフリフォーム記事はこちら↓




(サポーターブロガー時代の記事です)



http://39.benesse.ne.jp/blog/sp-horimymy/archive/96


父がくれた珪藻土は壁紙の上には塗れないタイプのものなので、壁紙はがしからスタート。



壁紙の上から塗れるのもホームセンターで売っています。



値段は同じくらい。


こんな道具を使い、隙間からはがしていきます。


P_20151222_112941.jpg

コンセント部分ははがしづらいので


P_20151222_154748.jpg

カバーを外してからぺりぺり。


P_20151222_155052.jpg


コテでわざと段差をつけながらむらに塗っていきます。

14576670921401520088202.jpg

うまく写真が撮れないけど、けっこう凹凸をつけてます。


左官職人さんに見られたら怒られそう・・・・()

14576671283241323676264.jpg


私の父と夫で腰壁用に例の青いベニヤをカットし、壁に取り付け。


P_20160108_130450.jpg

腰壁と珪藻土壁の間には、見切り板というのを取り付けます。


ホームセンターでは好みのものがなかったので、ネットで取り寄せました。


こちらは姉からのプレゼント。


父が電動のこぎりでカットしてくれて

私が色をペンキで塗って


P_20160114_135009.jpg


無事取り付け!

1457667170998-724221189.jpg


完成です♪


ビフォアー

P_20151201_120952.jpg


アフター


P_20160225_143531-f25f2.jpg

 


反対側ビフォアー

P_20151201_110744.jpg

 



アフター

P_20160225_144313-c0c89.jpg

 


引いて撮るとこんな感じ。

P_20160225_142634-8e57c.jpg

壁もぶち抜いて、部屋の壁を塗り替えて、生まれ変わりました!

P_20160225_142801.jpg

前の持ち主さんが訪ねてきて、


「あら!壁とったの!壁の色も変えたの!外の塀も壊したの!」


とあまりの変わりようにびっくりしてました。


「きれいになったね〜」


って、ほめてくれました(*^^*)


宅急便のお姉さんも、


「家らしくなってきましたね!」


って(*^^*)

見切り板をプレゼントしてくれた姉、


「青い腰壁と黄色い土壁って、プロヴァンスっぽいね」


と言ってくれました♪


ほんとー!?


勢い余って今日のタイトルにつけちゃいました()


セルフリフォーム、まだまだ続きます。


サンキュ!ボタン押してもらえると、ものすごく嬉しいです☆


堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)