2018/07/12 14:30
夫の長所といいますか、今後も失わないでほしいところに

「料理へのリアクションが おおきい」

というのがあります。

手料理に対してはいつもコメントがありますし

よほど不味いものでなければ、基本的には「おいしい」と言ってくれます。

市販品のポテトチップスとかでも

「青のりの風味がきいていて、厚めに切ってあるから食感が他のポテチより良い」

など、具体的に感想を話す夫。

夫の食レポの効果からか、私の姉たちは、私にではなく

「これ、むね君(夫)が喜びそうだと思って」

と、夫へ食品のお土産をくれたりします。


昨年の12月に

24個のりんご一気に処理*砂糖無添加のアップルピューレづくり♪

という記事で書いたのですが、親戚からいただいた大量のりんごでアップルピューレを作りました。

その時の記事には、出来立てのアップルピューレを使いホームベーカリーで焼いたりんごパンを載せたのですが

P_20171215_165755-927d4.jpg

この後に大失敗をしまして・・・・(@_@;)

「イーストを減らし、ホームベーカリーの天然酵母コースでパンを焼くと、もちもちおいしいパンが焼ける」

という話をインターネットで読んで、レシピもろくに確認せずにイーストを減らして天然酵母コースで焼いてみたのです。

約10時間後に出来上がったパンは、上の写真の半分以下のふくらみで、ぺったんこ!

切ってみると、ギチギチ・みっちりのパンで、もそもそした食感でした・・・(T_T)

がっくりして

「失敗しちゃった〜」

と言いながら食卓に出すと、そのもそもそパンを一口食べて夫からの感想が。

「いや いや

大丈夫だよ。

これ

雪山で食べたら

ごちそう

だって(・o・)

・・・

・・・?

ん?

雪山?(゜o゜)



雪山で遭難したときってこと?

雪山で

吹雪の中

遭難して

救助を待ちながら

飢餓状態で食べれば

このパンもごちそう

ってこと・・・・?

・・・

それ

フォローになって

なくない?(+o+)

遭難中に飢餓状態で食べたら

たいてい何でも

ごちそうですよね・・・\(◎o◎)/!

「そうだよ〜!(^O^)

ゆきやまだったら

ごちそうだよ

おかあさん!」

となぜか息子まで

「雪山だったらごちそうだよ」

とフォローになっているんだか

なっていないんだか

不明なコメントで

一緒に慰めてくれるのでした。

それ以来、わが家では失敗した料理のことを「雪山ならごちそうシリーズ」と呼んでいます。

ちょくちょく軽度な「雪山ならごちそう」のものはこしらえていたのですが

一昨日、久しぶりに残念すぎる「雪山ごちそう」を作り上げてしまいまして・・・(;一_一)

餃子を作ろうと思って冷凍庫のお肉を出すときに、おからが目についたので、インターネットで「おから餃子」を検索したらけっこう出てきたのです。

そこでまたもや、レシピをろくに見ずに

おから:ひき肉:野菜=1:1:1

という配合だけ参考に適当に作ってみたら

これがまた

とんでもなく不味いものが出来上がってしまいまして・・・・

なんだか柔らかくてネトッとした食感なのに、パサつきも気になるという・・・

お肉が3分の1しか入っていないためか、お肉の食感はみじんも感じられない・・・

もう 悲しすぎて、写真を撮る気も起らず・・・(+o+)

私の失敗はたいてい、

「新しいものにチャレンジする際、レシピをろくに見ない」

というのが原因で起こるようです(@_@;)

う〜ん

この餃子の不味さは

事前に夫に知らせておかなければ・・・

覚悟の上で食べてもらわないと、ダメージが大きすぎる・・・

と思って、事前に夫にラインしました。

「本日の餃子は『雪山ならごちそうシリーズ』です」

と。

夫からは

泣いている顔のスタンプ

が戻ってきました。

まぁ

「廃棄して作り直す」とかいう選択肢は

我が家にはありませんし・・・・(^_-)-☆

私は疲れて寝落ちてしまったので、翌朝夫に感想を聞いてみたら

「うん・・・・

いちおう

全部食べきったよ。

後半は慣れてきた。

まぁ

雪山ならごちそうだよね」

とのこと(・_・;)

・・・食べきってくれてありがとう・・・!

でも

まだ

冷凍庫に

「雪山ごちそう餃子」が

40個くらいストックされているの・・・!

あれ

どうしよう・・・!

餃子では大失敗してしまったおからですが

成功例もあるのでご紹介・・・

近所で朝市が月に1回あるのですが、そこのお豆腐屋さんで買い物をするとおからが無料でもらえるのです。

そんなわけで、だいたい月に1回はおからが我が家にやってきます。

いろいろ試してヒットだったのは、クックパッドの「Minagart」さんのレシピで「お箸でぐるぐる!レンジでおからシフォン」というもの。

*私はもとのレシピの3倍量でつくっています。
 以下には量りで計量しやすいようにグラムで載せていますが、もとのレシピを検索してもらえれば、以下の3分の1の量で大さじ・小さじの表記のものが載っています。


材料(1リットルのタッパー1つ分)

☆生おから 150g
☆砂糖 30g
☆ベーキングパウダー 6g
☆すりゴマ(ココアでも) 20g
牛乳 90g
卵(小さめ) 3個
はちみつ 30g


容量1リットルくらいの耐熱のタッパーに、☆マークの粉類を入れて、全体に混ぜ合わせます

P_20180711_103718.jpg

卵・牛乳・はちみつを加えて混ぜ合わせて

P_20180711_104450.jpg

700wのレンジで6分加熱して完成!

P_20180711_105422.jpg

500wだったら、9分くらいです。

ひっくり返すとこんな感じ。

P_20180711_105528.jpg

今回は黒糖を使ったので、ところどころ溶け残りが黒くなってしまいました(^_^;)

小麦粉もオイルも入っていないのに、パサついてなくておいしいんです〜。

IMG_20180711_212239_528.jpg

出来立てもいいですが、今の時期は冷蔵庫でひんやりさせるとおいしいです。

スライスして、冷凍保存もOK!

このおからケーキは、「雪山ならごちそう」ではなく、夫にも息子にも大好評(^_^)v

全てこれにして食べきればいいのだろうけれど、またおからが手に入ったら、性懲りもなく新しいものにチャレンジするんだろうな…

そのときはちゃんとレシピを見ようと思います〜(^^ゞ

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がってよろこびます♪

堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
美晴さん♪
コメントありがとうございます!
「ほっこりした」
なんて言っていただけて嬉しいです(o^^o)
雪山仲間ですか!?(笑)
わ〜いo(^-^)o
姉に
「その冷凍ストックの
『雪山ごちそう餃子』
を食べて、ぜひ
『雪山グルメ』
を体験したい」
なんていわれましたが、犠牲者は最小限に食い止めなければ・・・(ごめん、夫)
おそらく美晴さんの想像を超えた味だと思われます(゚Д゚;)
seri_chanさん♪
コメントありがとうございます〜!
seri_chanさんの料理で、
「雪山ならごちそう」
になることなんてありえないですよー!
いつも、よだれをたらしながらブログ読んでます(゚∀゚)
いいなぁ
こんな奥さんいたらなぁ・・・
って思ってまーす!(^_-)-☆
(自分がなる気はないのか・・・?)
素敵〜☆良いご主人ですね!「ぷっ」(笑)ときて、ほっこりしました♪雪山料理なら私も得意です(ゝω・)
羨ましいなぁ(笑)
我が家はノーリアクション家族なので( ̄▽ ̄;)
フォローじゃなくて、誉め上手ね_(^^;)ゞ
雪山ごちそうシリーズ(笑)
うちでも使ってみます( ̄▽ ̄;)