2018/02/21 20:22
子連れで行ける、ストレッチ専門店、スリーエス渋谷店に行ってきました♪


IMG_9196.JPG

ストレッチ専門店、気になっていたけど
子連れで行けるところ少ないから今回行けて
本当に嬉しい。


ここはなんとキッズスペースもあるし、ストレッチの最中は、
スタッフの方々が面倒を見てくださいました。
おかげでとても助かったー!

IMG_9191.JPG


IMG_9192.JPG



SSSは、あの有名なドSトレーナー兼子ただし さんの考案したkanekoストレッチ を提供しているストレッチ専門店です。
歪みを整えてくれ、腰の痛みも大分楽になりました。

IMG_9189.JPG

一緒に行けるところが少ないのでついつい、
自分のことは後回しになっていましたが、
今日行ってみて思いがけないところが硬くなっている(ちなみにお尻)と聞いてビックリ!

やはりサボらずにこういったところに出向き、
プロのアドバイスを聞かなくてはダメですね。
普段からの姿勢も気をつけようと思いました。

あ、あと私いつも抱っこ紐を腰で留めて割と下げて着用していたのですがこれだとかなり腰に負担が掛かるみたいです!
知らなかった!!


本当は腰より上!
自然にホッペにキスができるくらいだそうです。


IMG_9195.JPG

※掲載した写真は許可をとっています。

久本実雅子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/04/14 13:15
さて、前回に引き続き、
入院中、分娩後のお話です。

IMG_5226.JPG
IMG_5228.JPG
産んだ後もあまりゆっくりはしておれず、
3時間ごとの授乳を基本として赤ちゃんに関する指導や、診察などでスケジュールはギッシリでした。

キツかったこともたくさんあり
当たり前ですが避けては通れない事柄もあるんだなと実感。。


会陰切開の痛み(円座クッション必須)、頭痛、腰痛、なぜか出た蕁麻疹、母乳出ないのに、3時間ごとの授乳‥。

私の病院は母子別室で、赤ちゃんに会えるのは授乳の時間だけでした。
とても幸せな時間なはずなのに、母乳がなかなか出ないので苦痛でしょうがなかった。

キィーッと怒りながらわたしの胸を拒否する息子に悲しくなるばかりでした。(T ^ T)

毎日悩んで、助産師さんや先生に訴えたら
「大丈夫、大丈夫そのうち飲むようになるし今はいいミルクがあるから頼っていいのよ。」
と慰めてくれ、少しだけ安心しました。

不安を抱えたままあっという間に退院となり、現在赤ちゃんとの生活がスタートしております。

現在はやーっとちょっとずつ慣れて来て、一息ついています。( ´ ▽ ` )
母乳問題はまだ継続中ですが‥。





おまけ。
妊娠中にすすめられて読んだ
『れもん、うむもん』というエッセイ漫画。
ハッピーな部分だけじゃなくて、マタニティブルーについて書いたり慣れない新米ママに寄り添う内容になっています。
私はこの本にとても慰められましたよ。
ぜひ読んでみてください。



IMG_5293.JPG
久本実雅子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/04/04 10:12
IMG_5242.JPG

ご報告ですが、3/29に無事出産してきました^_^

計画入院日より早く破水してしまい、深夜慌てて病院へ行きました。
なんと予定日ピッタリ!!


現在はまだ入院中ですが、時間があるので
私が体験した無痛分娩についてお話したいと思います。
まず
こんな風に余裕でブログを更新できるのも無痛分娩にて体力を温存できたからこそです。

無痛分娩最高‥!!
本当にオススメしたいです。
私にとってのデメリットといえば費用が高いことですが、産後の回復の早さやらを考えれば全然高いと思いません。

私が入院したのは都内でも数少ない24時間無痛分娩対応の総合病院。
病院食がすべてベジタリアン食で有名です。
IMG_5215.JPG
IMG_5223.JPG

入院当日は、深夜に眠れず横になっているとなにかが出てきている気が。。

ん?なんだ?と思っていると破水!止まらない。夫に知らせると急いで車を出してくれました。

ちょうど里から母親も来ていてくれてたので
一緒に向かいます。

1人じゃなくて良かった〜〜
2人の存在がとても心強かったです。

夫は夜遅いことも多いのですが、この日はたまたま家におり、準備も万端でした。

この日を選んでくれるなんて親孝行の我が子(笑)

病院へ着いたら、
@麻酔を入れる準備のため、チューブを背中に入れる
A陣痛を待つ、陣痛が自然に来なければ、促進剤を入れる
B子宮口が5センチ開いたら、麻酔を投入
C分娩室へ移動し、分娩開始!
という流れで進みました。

計画入院の場合は前日入院し、
麻酔の前に子宮口を広げるためバルーンを入れて陣痛待ちをするのですが、私の場合は破水が先であまりゆっくりではいけないので
陣痛促進剤を打ちました。


それにしても24時間無痛分娩対応の病院にしておいてほんとに良かったー!
(無痛分娩対応していても24時間対応じゃない病院は要注意ですよ!!)
お産って予想外のことだらけですもんね。

無痛といえど子宮口が5センチ開くまでの陣痛は七転八倒しました。。

普通分娩の方々、この痛みが最後まで続くなんてほんと信じられない、尊敬します。

辛すぎてナースコール連打して暴れて
1センチくらいおまけしてもらい麻酔を打ってもらいましたよ。

母が横で
「なんでも言ってみるもんやな‥」と言ってました(笑)

そこからはもう天国。
母と夫としばらく談笑していました。


談笑してたら看護師さんが赤ちゃんの降り具合を確認、分娩室へ移動です。

え、え、もう??って感じ。
いつも診察を受けていた女医さんの顔を分娩室で見てちょっとリラックスしたのを覚えています。

分娩室はやたらと明るくて緊張しました。
先生や看護師さんのいう通りに力一杯いきむ!!!
無痛は痛みが少ないので必死のいきみがなかなかできなくて時間がかかると聞いてたのですが、確かに産むまで全然痛くはなかったです。


これでいいのか??降りて来てるのか?と思うほどでした。

痛くはないけれどきちんと頭が出てくる感覚はあり、分娩室へ移動してから20分ほどで会えました。

ちなみにお股が裂けるの嫌だなと思っていたのですが先生に
「狭いから先に切ります。裂けるよりマシだから」
とあっさりジャキジャキ切られました。
もちろん麻酔のおかげで痛くはない。
(麻酔が切れてからは痛いですよ〜)

生まれた我が子を見て涙が溢れ出ました。
なんて可愛いの〜〜♡♡

痛い思いをして生んでこそ愛情が生まれるなんてウソです!

色々いう人もいますが私はそう思います。
自分で徹底的に調べて無痛を選択して、この病院にして本当に良かった。

日本はお産に関して本当に遅れています。

無痛分娩が何より素晴らしいなんて言うつもりは決してないですが、海外では90パーセント近く麻酔を使うんですって。

元気な私の様子を見て母が
「少子化解消したいなら無痛分娩できる病院増やして保険適用にしたらいいのにねぇ」
とつぶやいており、私も確かになぁと思いました。



出産当日のレポートはこんな感じです♡

長くなりました!最後まで読んでくださってありがとうございます。

出産後の話もあるのでまだ続きます〜〜。

IMG_5249.JPG
instagram→mikason911 
twitter→@mikason911

よければフォローしてください。
久本実雅子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ