2019/07/29 09:33
夏休みに入って、息子がかんしゃくを起こすことが増えました。

私も多少はイライラします。

とはいえ、怒っても泣いても可愛い息子の顔を見ていると、「全くしょうがないわねえ、うふふ」と最終的には笑いがこみ上げてしまい。

息子としては不本意でしょうが。

それに最近はまた新たな対処法を見つけました。

名付けて、「猫になる作戦」。

娘と一緒に猫語でしゃべるのがブームになっておりまして。

「もう眠いにゃん」「じゃあ寝るにゃん」などと言い合っています。

その流れで、たまたま息子がかんしゃくを起こした時に猫語で話してみたのです。

「電気、消す!」(息子は機嫌が悪いと電気を消したがります)

「消せばいいにゃん」

「電気、つける!」

「つければいいにゃん」

「…電気、消したら?」

「真っ暗になるにゃんよ」

不思議と、猫になると心がのんびりしてイライラしなくなります。

息子も「うちの母さん、いつもと違う。『いい加減にしなさい」って言わないな』と思うようで、スタスタと部屋の奥に引っ込んでいくのです。

夫へのイライラの方が、対処法が難しいと感じます。

夫は、土日に息子を散歩に連れて行ってくれるので助かるのですが、帰って来るなり「ああ疲れた」とばかりに部屋に引っ込んで寝てしまう人。

今に始まったことではなく、新婚当初から土日は部屋に引きこもって寝てばかりいる人でした。

疲れやすい体質だというのは充分理解しているつもりですが、息子の散歩中も私は家で娘の遊び相手をしたり家事をまとめて片づけたりと忙しく働いていて、遊んでいるわけではないのです。

何とはなしにわきあがる不公平感。

「私は家計を考えて買う物をあれこれ我慢しているのに、夫はさほど必要性のない物でも衝動買いしてくる」なんて不満もあります。

「こうなったら私も好きなものを買ってやる!」と思うようになり。

少し前、夫が「ボーナスが入ったけど、何か買うものある?」と言い出しました。

今まで、カーテンやじゅうたんなど、生活必需品ばかり購入していたのですが。

「あのー、えーと、マッサージ機なんてどうですかね?」と勇気を振り絞って聞いてみたのです。

19-07-28-23-51-23-844_deco.jpg

買ってしまいました、美顔器。

さして美容に熱心ではない私がですよ。

でも、ゲルなどの化粧品と合わせて3万円くらいしたので、すっきりいたしました。

自分のためだけにお金を使うのって、気分が良いですねえ。

これまでコツコツ貯めた貯金ではなくて、夫のボーナスから出させるというのがポイントです。

案の定、ずぼらな私ですので大して使っておりませんし、効果もよく分かりません。

何となく顔が温まって気持ちいいなあ、という感じです。

健康オタクの夫はマッサージ機と聞いているので(嘘を言っているつもりはありません)気になるらしく、「俺も時々使っていいか?」と聞いてきてうっとうしいので、「痩せる効果もあるらしいですけどいいですか?」と返しております。

痩せていることを気にしている夫は、「やっぱりいい」と引っ込んでしまいました。

へへーんだ、と心の中で舌を出します。

夫にもらった(むしろ出させた)図書券で、雑誌をまとめ買いしたりも。

19-07-28-23-50-49-680_deco.jpg

今まで自分でお金を工面して買っていましたが、人のお金で読書するのって楽しいです。

美顔器もファッション誌も、私の内面をてきめんにうるおしてくれます。

今のところ、外見への効果はいま一つといったところでございますけれども。







danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)