2019/09/13 06:00
以前、キッチンカウンター下の食器棚を空にしたことを書きました。

https://39.benesse.ne.jp/blog/2259/archive/706

その後、新しく収納を見直そうということになりましたが、100円ショップで買ったウッドボックスが微妙に入りきらないというところで止まってしまっておりました。

「扉を開けて箱を取り出すとなると2ステップ必要」とアドバイスもいただき、どうしようか悩んだのですが。

結局、こうなりました。

19-09-12-23-00-35-019_deco.jpg

「扉を開けて箱を取り出すのが手間だからいっそのこと開けっ放しにしてしまえ!」というわけです。

我が家では、常時この状態です。

どうせ、誰に見られるわけでもありませんし(とか言いつつブログで全国公開する矛盾)。

仕切りなども検討しましたが、それだとおさまりが悪くなりそうでしてね。

箱はほとんど、夏休み中に行ったダイソーで購入しました。

無印良品も探しましたが、奥行きが少ないサイズの箱があまりなかったのです。

19-09-12-23-01-09-449_deco.jpg

上段に入っている物達。

左からiPodとその周辺機器、美顔器グッズ、サングラスです。

コードが若干はみ出しているのはご容赦ください。

宝の持ち腐れとなっている美顔器を、少しでも活用するためリビングのテーブルのそばに置いてみました。

それでもさぼり気味ですが、目につく場所にあるだけで意識が違います。

19-09-12-23-01-54-294_deco.jpg

中断に入っている大きな箱には、紙類が。

左の透明ケースにはハガキ、右側の透明ケースには折り紙が入っております。

実は名刺入れが隅っこに押しやられているのですが、見えるでしょうか。

名刺入れと呼びつつ、中身はほとんど病院の診察券です。

19-09-12-23-02-36-960_deco.jpg

無印良品のボックス、上下二段に分かれております。

下段には子ども達のへその緒と七五三写真入りメモリスティックという、思い出の品々が。

上段はご覧の通りアクセサリー入れです。

19-09-12-23-03-27-589_deco.jpg

下段に、買い物用に使っているハンドバッグ。

雑誌の付録だったものですが、大好きなデザインで飽きも来ず使い続けております。

エコバッグや財布やスマートフォンが入る、ちょっとした外出にピッタリのサイズなのです。

こうしてひとまず落ち着いている収納ですが、今後も少しずつ変わっていくかもしれません。

築十年を過ぎているはずのこの家も、必要になるたび手を入れることで快適さを保てている気がします。

アラフォーとなり頭の硬くなった私も、頑張ればわずかでも変わっていけるかしら。

劣化という言葉は、嫌いです。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)