2019/09/21 06:00
ご存知の方も多いと思いますが、19日にサンキュのセミナーがございました。

インスタグラマー向けセミナーでしたのでブログ執筆しなくても良いのでしょうが、書きたいことがあったので書きます。

つまり、これは宣伝ではなく私の正直な感想というわけですね。

まず、全農さんのブースを少しご覧ください。

19-09-20-22-30-36-742_deco.jpg

このもっちり玄米についての説明を聞いてきました。

パッケージが小豆色なのですが、よく見ると着物をモチーフとしたデザインになっていますね。

派手さはないですが、とても可愛くて好みです。

19-09-20-22-31-01-270_deco.jpg

何となくハロウィンモードの飾りつけで、すでに知っている商品も目新しく見えました。

「しんたまご」のパッケージにも、季節感が。

さて本題。

IMG_0098.JPG

日本人の主食といえば米ですが、その消費量は年々減少傾向だそうです。

東京ドーム4,455個分の田んぼが減っていっている計算だそうですが、全く想像つきませんね。

琵琶湖だと、何個分なのでしょうか?

とりあえず、ゆゆしき事態だということは分かります。

もともと日本の食料自給率は低いというのに、このままでは日本の農業、どうなってしまうのでしょう。

諸外国が関税をどんどん上げてしまったら、日本はあっという間にパニックですね。

パンがおいしいのは分かりますが、やはり日本人ならもっと米を食べても良いのでは。

家でパンを作ると節約になるという話も聞きますが、お米の方が腹持ちも良いし日本人の体に合っているというイメージがあります。

私の中では、パンって嗜好品に近いです。

帰国子女の夫が「朝はパン」と決めてしまっているので毎朝パンを食べておりますが、私は朝からでもご飯を食べたいと内心思っているのです。

その証拠に、旅館に泊まった時の朝食バイキングでは、必ず真っ先にご飯をよそいに行きますからね。

でも、そんな社会状況下でも米の需要が伸びている分野が。

IMG_0100.JPG

パックご飯です。

電子レンジで温めれば1分だか2分だかで炊きたてに近い味のご飯が食べられる、あれですね。

現在、2011年の大震災での教訓から備蓄用の需要も増加しているのだとか。

また、共働き世帯が増え時短傾向が高まっているのも要因だそうです。

ただし、パックご飯ってほとんど白米のご飯ですよね。

玄米ご飯のものもあるにはありますが、数が少ないです。

我が家では健康志向の夫が玄米を食べると決めているため玄米パックご飯を備蓄しておりますが、見つけるのが大変で。

そんな状況を考慮して、全農さんが玄米のパックご飯を開発して下さいました。

それが冒頭紹介の商品です。

玄米が苦手な人のため、独自製法でもっちりずっしりの食べやすく食べ応えもある食感に仕上げたそうで。

家で炊いた玄米ご飯はパサパサしがちなので、食べてみたいと思いました。

10月にアマゾンで販売開始とのこと。

店舗での販売ですと、車のない我が家ではなかなか買いに行けないので助かりました。

ネットで購入できるなら、地方在住でも買いやすいですね。

ゆっくりできる土曜日の朝、夫より少し早く起きてこのパック玄米ご飯を食べる風景を妄想中。

少しでも食料自給率アップに貢献できればいいなと思います。

19-09-20-22-31-32-642_deco.jpg

ご一緒していたacoさんが「おいしいんですよ」と絶賛していたこの商品も、気になって仕方ありません。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)