2019/09/27 06:00
私がサンキュブロガーとなったのは、約3年前のこと。

公式ブロガーになる半年前ほどに初めて購入した『サンキュ!』で、Nagomyさんに一目ぼれしたのがそもそものきっかけだったと記憶しています。

芸能人でも専門家でもない多くの普通の主婦が、1つの雑誌を作り上げているような雰囲気に圧倒されました。

私も微力で良いから誌面作りに関わりたい、あわよくば憧れのNagomyさんにもお会いできたらなあ…、そんなやや不純な動機でブロガーに応募。

かろうじて拾ってもらい、ダメっぷりの激しい主婦の本音を披瀝しつつ現在に至ります。

私がブロガーとなるにあたって発信していこうと思ったことの1つに、息子のことがありました。

https://39.benesse.ne.jp/blog/2259/archive/2

愛は盲目とばかりに息子の可愛さをたたえている最初の頃の記事。

今読み返すと懐かしいです。

PIC000196.JPG

思えばあの頃(4歳の時)はトイレすら行かず、部屋のあちこちでおもらしをしていました。

絵本をよく破いていました。

運動能力が低く、ジャンプすらできませんでした。

言葉はまだ単語レベル、しかも使える単語は限られているという状態。

今では、家のトイレなら大小問わず自分でしたい時に行って済ませてくるように(公衆トイレに好き嫌いがあって苦労しますが)。

絵本は全く破くことがなくなり、たまにストレス解消のため私の洋服のカタログを破るくらい。

ジャンプも拙いながらできるようになり、運動会のダンス練習でも元気に跳びはねてくれます。

やや棒読みの発音で「早く大阪に行きたーい」などとつぶやき、授業で自分の書いた作文を読み上げる姿も。

他にもいろいろと進歩したことが、過去記事から分かります。

このブログの記事はサービス終了後も残す予定なので、記事の新旧に関わらずいつでもご覧になってもらって結構です。

そうすることで、似たような発達障害のお子様を持つ方の参考になり得たら良いなと思っているのです。

特殊な子どもを育てていて気付いたことが1つあります。

それは「親が大切に思って育てていれば、どんな子どもでも成長する」ということ。

19-09-25-08-10-08-949_deco.jpg
(最近の息子。カメラを見て笑ってくれるようになりました。暑くてシャツを脱いだ夫の真似をしておりますが、2人ともズボンは履いております)

もちろん、健常児とは全く異なるペースなのですが。

カメが長い時間をかけてゴールにたどり着いたように、息子も一生かかっても構わないからやりたいことができるように応援してあげたいと感じています。

「この子は一生このままなのでは」と何度落ち込んで悩んだことでしょう。

でも、よそ様のブログを読むと最重度の大変な障害を抱えているお子様であっても成長し、それを心から喜んでいることが綴られていることがあります。

私のようなダメ親でも何とか頑張っていることが、今後も皆様の励ましとなりますように。

ちなみに、まだブログは毎日チェックしておりますのでコメントもどしどし受け付けております。

可能であれば、30日の午前中までにお願いしたいです。

9月末日までもう数日しかありませんが、それまでにもう1回ぐらい記事を書ければなあと考えております。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)