2019/02/25 06:00
事件は会議室で起きているのではありません、現場で起きているのです。

今回の現場は我が家の中。

昨日、朝のバタバタをやり過ごしリビングで休日だけの優雅なティータイムを楽しんでいた頃のことです。

紅茶の香りを打ち消すほどに、なぜかどこからか焦げ臭い匂いがします。

ひょっとしてやかんを使った時に何か焦がしたかしら、と思い台所をあちこち見るも異常はなく。

首をかしげつつ再びリビングに戻るも、どうしても気になります。

そういえば、コンセントに積もったほこりが自然発火することがあるって聞いたことが、念のためと寝室のドアを開けて左側のコンセントを確認。

特に異常は見られず、次は右側にあるコンセントに目をやりました。

なぜか、そちらのコンセントにはアイロンのコードがささっています。

まずは「どうしてアイロンが」ということを考えてしまいましたが、次の瞬間「原因はこれだ」と気付き、慌ててアイロンを持ち上げました。

19-02-24-22-15-38-727_deco.jpg

この画像を見れば、何が起こったかは一目瞭然ですよね。

朝のんびりしたかったのでまだ布団を畳んでおらず、布団のカバーがこんがり焦げパン色に。

アイロンの先のとがっている部分は掛布団に当たっており、そちらのカバーが化学繊維だったので異臭を放ったようです。

しかし、寝室のドアが閉められていたためやや発見が遅れました。

でもむしろ布団を敷きっぱなしで良かった、布団カバーなら多少焦げようと布団を畳んでしまえば人目に触れないし、買い換えるにしても数千円の被害で済みます。

これが絨毯だったら目立ちますし、買い替えるとなると万単位でお金が飛んでいくことに。

何より発火せず大事にならなくて良かった、神様ありがとうと感謝した後、「犯人は?」という考えに思考が移りました。

こんなことする可能性があるのはただ1人、息子です。

息子の姿を探すと、夫と娘に見守られながら夫の布団にもぐり込んでくつろいでいるのを発見。

「ちょっとこちらに来なさい」と息子を呼び付け、

「この焦げているのを見てごらん、あなたがやったんでしょ、このアイロンで!」そう言うと、息子は無言で元いた場所に戻っていきました。

黒ですね。

恐らく私が日頃アイロンを使っている様子を見て興味を持ち、スイッチを入れておきたくなったのでしょう。

息子がとんでもないいたずらをした時にやる方法、それは「長時間抱きしめる」です。

ただ今回は犯行時からかなり時間が過ぎていたので、10秒くらいきつく抱きしめ自由を奪いながら「あれは危険だ、火事になるかもしれないんだ」ということをお説教。

「今度ちょっとでもやったら、次は5分以上ぎゅーってするからね」と言うと「しません」とやや棒読みの返事が。

私の予想では、これなら少なくても数日は反省して同じことをしなくなるはずですが。

やはり怖いので、アイロンは別の場所に隠しました。

それでもまだ充分ではないと思ったので、「鍵をつけられる箱を買って、その中にアイロンを入れるべきか?(お金かかるな)」「いや、いっそ手の届かないところに置くべきか?(高いところは落ちたら怖いな)」などとしばらく自問自答。

結果、「要は、スイッチを入れられなければいいのだ」という結論にたどり着き。

19-02-24-22-16-44-311_deco.jpg

もともとはアイロンのコードを束ねるための結束バンドを、アイロンのスイッチのつまみの上に強く巻きつけました。

このままの状態だと、大人の力でもスイッチを入れることはほぼ不可能です。

バンドを外すのは大人の私なら可能ですが、指の力が弱く手先が不器用な息子には困難でしょう。

ひとまずこれで安心なはず。

心配はなくなりましたが、昼間ホットケーキを焼いた時に少し表面を焦がしてしまい、それを見たとたんあの不快な光景を思い出してしまいました。

布団の焦げは放っておくにしても、私の心の中に焦げのように染み付いたトラウマは、早く消滅することを願っております。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/21 06:00
マンションの低層階にある我が家。

天井からの熱気はほとんど来ないため、夏場も割と涼しい気がします。

昼にカーテンを締め切って日光を遮断し夜に窓を開けて風を入れれば、クーラーなしでも何とかなっていたのです。

しかしながら、ここ数日の酷暑。

さすがにそろそろクーラー始動させねばと思っていた頃、実家の母が手伝いに来てくれることに。

娘が短縮保育期間に入り、息子の学校が終わる時間より大分早く帰って来る形になったからです。

代わりに娘を迎えに行って自宅に連れ帰り、私が息子と下校するまで待ってくれるとのこと。

帰って来るなり、母は言いました。

「エアコンのリモコンはどこ?」

私が「ああ、テレビ台の中に隠してる」と答えると、「ない」との返答。

おかしいなと思い、母が帰った後入念に調べてみましたが、やはり見つかりません。

私はいつもリモコンの隠し場所を決めているので、別の場所に置いた可能性は低いのです。

となると、考えられる犯人は1人。

私は帰宅した夫に問いました。

「テレビ台の中に入れていたリモコンがないんですけど。知りませんか?」

夫はあっさり、「ああ、2、3か月前だったかなあ、息子が見つけ出して遊んでいたから、冷蔵庫の上に置いといたぞ」と白状。

「じゃあ、取っておいてね」と言い残し、私は子どもの寝かしつけのため寝室へ。

その後、夫ががさごそしながら「あれえ?」などと言う声が聞こえて悪い予感がしてきました。

案の定、冷蔵庫の上を見たけれど見つからなかったとのこと。

こんなに暑いのに、どうしてくれると言うのですか。

「別の場所に隠したんじゃない?向こうの部屋(夫の寝室)は?」などと聞くと、すごすごと去って行きました。

結局見つからなかったということで、もう夜遅いから諦めることに。

次の日は、娘の幼稚園で面談のある日でした。

娘が家に帰って来てから数時間後に面談を控えていたのですが、帰宅すると何となくフラフラします。

疲れているのかと思い、昼食後しばらく横になっておりました。

ふと目が覚めると、自分が大量の汗をかいているのに気付きます。

まるで、冷凍庫から出して10分間放置したアイスクリームのよう。

うわあベトベト…と思いながら少し水を飲みましたが、まだだるさが収まりません。

しかし面談の時間は迫ってきます。

そんな時、娘と留守番するために半休をとった夫が帰宅。

とりあえず、夫に子ども達を託して幼稚園へ。

幼稚園は、自宅とは打って変わって涼しく快適なのですけれど、なぜか今度は睡魔が襲ってきます。

先生の話、もはやほとんど頭に入ってきません。

さほど濃い内容でもなかったので適当に受け答えしてやり過ごし、終わったらダッシュで帰宅。

その日はさらに息子を連れて出なくてはならない用事があったのでした。

ところが、帰るなり始まる強烈な頭痛。

何なら吐き気もお付けしますよ、とばかりに胸のあたりに気持ち悪さがわだかまり始めました。

どうしようこれ、もしかしたら熱中症かもしれないという考えが頭をよぎり出した頃、「気分悪そうだから、俺が代わりに連れてくよ」と夫が息子を連れてさっさと出て行きました。

私はそのまま床に倒れ込みダウン。

1時間くらいして息子が夫と帰って来ても、私はすぐに動けません。

何とか気力を振り絞り夕食を作りましたが食欲がわかず、味噌汁だけをすすっておしまいにしました。

これで体力を使い切ったのか、私は布団に直行。

夫が何かを後悔しているらしく横でぶつぶつと大きな声で話すのが、やたらと耳に障ります。

子どもの声は風の音のように脳内をスルーするのに、夫の声だけは脳の中で何度もぶつかり反響していくのでつらくて耐えられません。

除夜の鐘を間近でずっと聞かされるようなやかましさにイライラした私は、「いいからしゃべらないで」と吐き捨ててひたすら眠りました。

翌朝。

たっぷり寝たのでいくらか人心地ついた私、冷蔵庫の上に隠したのになくなったなんて本当かしらと不審に思い、ダイニングの椅子を持って来てひょいと覗いたところ。

あるではないですか、リモコンが。

奥の方に押しやられていましたけれど、一目でわかるような位置です。

今朝夫が出がけに「もう見つからないだろうから帰りに買ってくる」と言っていたのを思い出し、慌てて「見つかりました。買わなくていいから」とメール。

18-07-20-20-09-29-498_deco.jpg

試しにリモコンを作動させてみたら、ああ涼しい風。

こうしてクーラーのある快適な生活が戻ってきました。

木曜日には母が大量のスポーツドリンクを差し入れてくれたので、それを嫌というほど飲んでいたらだるさも頭痛も雲散霧消。

スポーツドリンクって偉大だなと実感した次第です。

巷では、熱中症の被害が盛んに報道されておりますね。

私は軽症ですみましたが、無理をし過ぎると大変なことになるので皆様もどうかお気を付けください。

エアコンのリモコンは、なくさないように気をつけましょう(なくすのは我が家だけか)。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/04/07 08:00

昨日の昼下がりのことです。

なぜかハイテンションで部屋を走り回っていた娘が、急に立ち止まって不快そうな声を上げました。

近寄ってみると、床に数滴の血。

何これ、どこかぶつけたの?と腕や脚を見てみましたが傷は見当たりません。

もしかしてここ?と足の裏を見てみると、何かで切ったような傷が。

ガラス片で切ったような感じだけれどそんなものはないはず、と周囲を見回してみるとすぐ近くの廊下の片隅に、クッキーの抜き型が落ちていました。

え、今掃除機かけたばかりなのに、その時はなかったのに、なぜここにあるの、と頭がフリーズ。

別室と玄関に掃除機をかけている時間が数分ありましたから、その間に娘が出したとしか考えられません。

キッチンの一番高い引き出しの奥にしまい込んでいたので取れないはずと思っていたのですが、いつの間にか背が伸びて届くようになっていたようです。

こんなところに放り出す娘も悪いですが、油断していた私も悪かったと思いました。

傷口を洗おうとしたら反り返って拒否、消毒も嫌がり、病院には行かないと言います。

とりあえずまずは止血だと思い、傷のある右足のかかとを少し上げて親指の付け根辺りで思い切り押さえました。

ちょっとでも手を離すとまた血が出てくるので、ただひたすら押さえ続けて20分が経過。

その間娘は泣きもせず、額を私の胸に押し当ててじっと耐えています。

痛みから逃れるためなのか、そのうちウトウトし始めました。

その隙に傷口にお高めの絆創膏を貼り、血は止まっているのを確認。

すぐに娘が起きてしまいなぜか傷のない足の方も手で押さえて上げておけと要求してきたので、両手で足を押さえて1時間くらいじっとしておりました。

「偉かったね、普通の子はもっと泣くんだよ」などとほめているうち、今度は本格的に寝ました。

17-04-06-21-20-56-782_deco.jpg

寝ている隙に包帯で絆創膏が取れないよう固定。

痛々しいです。

幼稚園の養護の先生が傷の手当てに慣れているので、本日診てもらおうと思います。

皆様も、どうぞお気を付けくださいませ。

17-04-06-21-23-27-304_deco.jpg

クッキーの抜き型、踏んだのは左の一回り小さい方。

簡単に見つけて取られないよう、二重に袋に包んで別の場所にしまいました。

抜き型がなくても大丈夫なのだからいっそ捨てて、娘が大きくなってから買い直そうかとも考えているところです。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ