2019/02/14 06:00
先日たまたま夫と歌番組を観ていたら、『部屋とYシャツと私』の「毒入りスープ」のくだりが恐ろし過ぎて震えました。

夫は知っていたらしいのですが、私はこの曲、献身的な妻になりたい女性の歌と思っていて。

「浮気されるたびにそこまで思い詰めていたら身が持たないじゃない、『ルージュの伝言』くらいにしておかないと、ねえ」と夫に話したのであります。

それはさておき。

つい最近、私は久方ぶりにデパートへ出向き、いくつか化粧品を購入しました。

子ども達はというと、娘は延長保育、息子はキッズクラブ。

もともと娘の幼稚園が行事の関係で休園となっていたのですが、例外的に園児を預かってくれる特別延長保育というのがございまして。

朝からそちらに娘を預けて息子と登校、放課後息子をキッズクラブに送り込み、買い物時間を確保したのです。

19-02-12-23-00-50-854_deco.jpg

ファンデーション、アイシャドウ、そして口紅を買いました。

ファンデーションはマキアージュの「ドラマティックパウダリー UV オークル20」。

頬に計測器を当てて実際の肌色のデータを出して最も合うものを探してくれ、時代は進化したとつくづく思います。

アイシャドウはルナソルの「スパークリングライトアイズ 04」、口紅はこれまたルナソルの「エアリーグロウリップス 08」。

どれも必需品ではありますが、特に口紅は絶対に買おうと心に決めておりました。

すでに手元にあるものを使い切っており、しばらくはリップクリームでごまかす状態が続いていたので。

そしてずっと前から、口紅だけはこの商品、とすでに絞っていたのです。

話が少し変わりますが、皆様は「この人を真似しておけばとりあえず大丈夫」と思える有名人が存在しますか?

ファッションのセンスに自信がない方ほど、そういう人を見つけておくのが大事かと思われます。

その時その時で旬な女性というのはいますが、流行はめまぐるしいのですぐに世代交代してしまいますよね。

当然ながら、中には自分の雰囲気とはかけ離れた女性が出てくるわけで。

同じ人をずっと追いかけていればあまりぶれないですし、何より現実世界に住む人間なら少しずつではあっても確実に老いてくれます。

そうすればファッションも大人びてくるので、安心感があるのですよね。

私の場合は、比留川游さんがこれに当たります。

調べてみると私よりずっと若いことが分かり恐縮なのですが(30代半ばだと思っていました)、全体的に大人びた雰囲気なのでアラフォーの私が参考にしても違和感ないのです。

モデルさんなので当然美人ですし、私と顔が似ているわけでもありません。

しかしながらクール系の顔立ち、少年のような風情、背が高過ぎず細過ぎもしない体型、黒髪、大人っぽいファッションをすることが多いことなど、共通点がいくつかあります。

なので割と身近に感じられ、こんな私でも何とか真似できそうに思えるわけです。

…脱線しましたが、この口紅こそ比留川さんが雑誌でつけていた時に最も雰囲気に合っていると感じた色味だったのです。

19-02-12-23-01-35-448_deco.jpg

「モカレッド」と呼ぶらしく、くすんでいて色浮きしないのが特徴だそう。

ハーフ系のモデルさんが昭和の娼婦のような真紅の口紅をつけているのもおしゃれだとは思うのですが、日本人の私には合いそうもなくてずっと避けていました。

でもくすんだ赤なら挑戦しても良いかも。

そういう理由で選んだこの口紅、カウンターで実際につけてもらうと何やらいきなりあふれ出す「レディ感」にびっくり。

口が勝手に「買います」と言っていました。

財布を取り出そうとカバンを開いた時、私が座ったカウンターの隣の席で若い女性2人が楽しげに話すのが聞こえてきて手が止まります。

先客だった彼女達は、どうやらずっとアイシャドウを見比べながらあれもいいこれもいいと話していた模様。

私は口紅を買ったけれど、ルナソルといえばアイシャドウ、それもベージュよね…。

何となく思った私は、恐る恐る「ベージュのアイシャドウ、いくつか見せてもらってもいいですか?」と店員にお伺いを立て。

結局、2色入りのアイシャドウパレットをお買い上げ。

19-02-12-23-02-01-232_deco.jpg

カウンターで見た時はあまりにもキラキラしていて「何これ、パーティー仕様?」とつぶやいてしまいましたが、手の甲にのせると意外にもなじむのです。

淡雪のようにすっと肌に溶けていく気がして、あまり強くは主張しません。

逆にラメのほとんどないものを選ぶと、私の薄い顔には寂しげに映る気がいたしました。

4色入りもありましたが、あれこれ塗るのが面倒なのであえて2色のものに。

こちらも美容部員さんに頼んで塗ってもらうと、やはり綺麗になじんで映えるではありませんか(褒めてもらえないので自画自賛)。

メイクポーチにはまだブリジットのアイシャドウが残っていますがそちらは普段使いにして、気分によってルナソルの方を使うというのもありかも。

浮気は浮気でも、この類のものなら許されますよね。

考えてみれば。

ルージュの伝言、もったいないから私にはできそうもありません。




danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/10/13 06:00
久しぶりに、化粧ポーチを手洗いしました。


18-10-12-15-12-37-753_deco.jpg

私の化粧ポーチは無印良品のもの。

メルカリにて450円で購入いたしました。

高さが16センチほどありそこそこの収納力があるのと、内ポケットが充実していてアイライナーやマスカラを立ててしまえるのがポイントです。

アイライナーとかを横にして入れると、なかなか探せないことってありませんか?

パッと見て探しやすいと、時短になっていいかと思っています。

あと、デニム生地なので汚れたと思ったらすぐ洗えるのも良い点。

ナイロン製のポーチを使っていた時は、汚れても拭くことしかできず衛生面が気になっていました。

おしゃれに疎い私の化粧ポーチの中身など誰も見たくないとは思いますが、少し前にヤギコさん・mioさんとランチした時ヤギコさんに「アイシャドウ何使っているんですか?」と聞かれて答えられなかったのが引っかかっていて。

外出時は基本的に口紅と白粉しか持ち歩かないので、お見せすることもできず。

そういうわけで、今回の記事はヤギコさんに捧げます。

18-10-12-15-21-28-165_deco.jpg

早速、中身の紹介です。

1.リップパレット(テスティモ)
2.フェイスパウダー(ドクターシーラボ)
3.クリームファンデーション(ドクターシーラボ)
4.アイシャドウ(ブリジット)
5.チーク(コフレドール)
6.オールインワンゲル(ドクターシーラボ)
7.毛抜き
8.化粧筆
9.リップブラシ
10.マスカラ(ケイト)
11.アイライナー(インテグレート)
12.ビューラー

ベースメイクや基礎化粧品にはドクターシーラボを使っている私ですが、3のクリームタイプのファンデーションは上手に伸ばすのが難しくて苦戦しています。

カバー力があるので助かるけれど、次買う時は別のパウダータイプのファンデーションにしましょうかねえ。

以前はコンシーラーも使っていましたが、この年になるとシミやシワがあるのは当たり前という気がしてきたので思い切って捨てました。

どうせ、あっても上手に使えませんしね(不器用)。

私は目が細くて顔の印象が弱めなので、アイメイクだけはばっちりやります。

18-10-12-15-09-35-750_deco.jpg

パーソナルカラーがウィンターらしいので、柔らかい色は避けて黒ばかり使っています。

以前は全部ケイトでそろえておりましたが(コストパフォーマンスが半端ない)、最近少しだけ浮気気味。

ちなみにブリジットのアイシャドウは、メルカリにて600円で購入したものです。

ある程度使い込まれていたので、この値段。

ブランド物でもメルカリでは安く売られていることが多いので、中古でも構わないという人にはおすすめです。

アイライナーは、ペンシル派。

リキッドに挑戦したこともありますが、線がうまく引けずに挫折しました(とことん不器用)。

ペンシルなら、ある程度がたついてもぼかせばごまかせるので助かります。

アイシャドウチップは持っておらず、指で塗って綿棒で微調整。

薄い色から塗れば、途中でちまちま手を洗う必要もなし(不器用な上にズボラって…)。

ビューラーは、何ともうすぐ20年選手。

大学入学の少し前に、お祝いとして母が買ってくれたものです。

ゴムだけは傷むので時々交換し、汚れてきたらメイク落としを使って洗っています。

そうそう、アイブロウは使いません。

地の眉毛が主張強めなので、むしろところどころ切ったり抜いたりしなくてはならないくらいです。

毛抜きはそのために入れてあります。

18-10-12-15-10-47-378_deco.jpg

スティック状の口紅は現在持っておらず、あるのはこのリップパレットのみ。

母親からのもらい物です。

多分、たくさん化粧品を買い込んだ時にサービスでついてきたものではないかと。

母は化粧品を買うのが好きで、実家の鏡台がぎゅうぎゅうになっておりますから。

何とこのリップパレット、10年程度使っております。

どうしてなくならないかといえば、独身時代は別に口紅を持っていて使用頻度が少なかったから。

子育てを始めてからは化粧をすること自体が少なくなり、なかなか減らずに現在に至ります。

何となく無難な気がするベージュを中心に使っていましたが、ヤギコさんいわく「ベージュは難しい」らしいので最近になって赤みのある色も使うようになりました。

ヤギコさん、シャネルの口紅を持っていらしたわ…。

図々しくも少し試させていただきましたところ、やはり口紅の色が変わると顔の印象も変わる気がいたしましたので、今後研究が必要な部分です。

18-10-12-15-11-27-313_deco.jpg

チークは、かなり気に入っています。

3色混ぜて使うので、自然な血色感が出せている気が。

ぼかしに使う薄い色は、下まぶたに塗って目元を明るくするのにも使っております。

化粧筆は、義父母からプレゼントされた熊野筆。

さすが伝統工芸品、不器用な私でもふわっと綺麗にチークをのせられます。

ついでにいうと、リップブラシも熊野筆のもの。

本当は他にも何本かあったのですが、使いこなせなかったり傷んでしまったりしたので泣く泣く処分しました。

まとめ。

ベースメイクには少し気を遣うものの、メイクアップ用品はほとんどドラッグストアで買ったプチプライスのものでこだわりなし。

そしてポーチの中身で最も高価なのは、熊野筆の化粧筆という事実…。

大きいものは、1万円以上しますからね。

まあ、割と物持ちの良い私にとっては、良いものを手入れしながら長く使うスタイルの方が合っているのかもしれません。

良いものを、大切に…。

使いこなせなくて捨てた熊野筆、メルカリで売れば良かったかしらん。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/05/03 06:00

数年前まで、スキンケアには本当に無頓着だった私。

息子が2歳半を過ぎるくらいまでは常に抱っこでないとダメというタイプで、四六時中息子を片手に抱えた状態で家事をこなしていました。

そんな中自分のために時間をかけることはできず、お風呂上がりはバタバタと息子を着替えさせて化粧水すらつけずに終わるということも。

化粧品にもこだわりがなくて、ドラッグストアで安く売られているものを探して適当につけていました。

最初のうちはそれでも何とかなっていましたが、しだいに肌の乾燥が目立つように。

そこで、娘を出産したと同時にドクターシーラボの商品に切り替え。

他の化粧品に比べてお高めなのですが、余計なものがあまり入っていなくて産後の不安定な肌にも安心して使えるところが気に入っていました。

オールインワンゲルもおすすめですが、今年から使い始めて現在も愛用中なのがこちら。

17-05-02-13-15-35-206_deco.jpg

「VC100ホットピールクレンジングゲル」という名前の洗顔料です。

こちらで3本目に入りました。

今月号の『サンキュ!』の126ページに紹介されています。

17-05-02-18-56-03-041_deco.jpg

ピーリング効果があることや、ダブル洗顔不要であることがうたわれていますね。

中身はこのような感じです。

17-05-02-13-14-34-799_deco.jpg

私の場合、これくらいで1回分。

目安はマスカット1粒程度らしいです。

濡れている状態で使えるので、1度ぬるま湯で顔を軽くすすいでからつけています。

つけるとすぐ、ポカポカしてきて癖になる気持ち良さ。

オレンジの香りも心地良いです。

洗顔直後の状態がこちらです。

17-05-02-13-13-32-441_deco.jpg

化粧水すらつけていない、どすっぴんというやつでございます。

お見苦しいものをすみません。

ピーリング効果はよくわからないのですが、洗顔後乾燥しにくいという実感はあります。

美容液成分が多いからでしょうかね。

でも洗浄力はそこそこあり、薄いメイクくらいならこれ1つで落とせます。

小鼻のわきにあった毛穴の黒ずみも、心なしか目立たなくなってきました。

毛穴は目立たなくなってもしみが目立つので、今後は美白ケアにも力を入れねば。

123ページに紹介されていた美白ゲルも使ったことがありますが、保湿力が高くおすすめです。

クレンジングゲルの方は、とじ込みのハガキで注文できるようですね。

1本2,980円で送料は無料らしいです。

これ買おうかなあと思っている人もいるかと思ったので、今回リポートしてみました。

少しでも参考にしていただければ幸いです。


(個人の感想です)

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ