2019/05/06 06:00
何にでも「令和最初の」とつけたくなる、昭和生まれのアラフォーです。

先日、夫の提案で散歩がてら(散歩というより旅でした)トレッサに遊びに行っておりました。

トレッサに行くと大抵カルディを覗くのがお決まりのコースなので、当然買い物もしましたよ。

ざっくり紹介しましょう。

19-05-05-23-20-35-578_deco.jpg

写真の撮り方が雑で申し訳ないです。

下段に見えるサルサソースとタコスチップスは夫の依頼によるもの。

定番商品なのでこの2つはスルーして、後の3つを詳しく取り上げようと思います。

19-05-05-23-21-05-753_deco.jpg

こちら、普通の杏仁豆腐のすぐそばに置いてありました。

新商品らしいです。

買うつもりは全くなかったのですが、うっかり目が合ってしまいそのまま連れ帰る運びとなりました。

あっけなく当日に飲み終えます。

杏仁豆腐を飲むことが可能なのかという純粋な疑問があったのですが、全く問題なく吸えました。

味は普通の杏仁豆腐ですが、若干酸味があったような気も。

19-05-05-23-21-30-594_deco.jpg

最近カルディではレモン味がブームのようで、店内のあちこちにレモン味のものが置いてありました。

クッキーなどもありましたが、あえて和風のかりんとうを購入。

レモンとかりんとうの組み合わせは、なかなかない気がいたします。

19-05-05-23-22-02-044_deco.jpg

抹茶のクッキーは季節限定の商品らしいです。

そういえば、もう新茶の季節ですものね。

私が幼い頃、母の日に新茶を買ってプレゼントしたことをふと思い出しました。

というわけで、こちらは母である自分をねぎらうために。

抹茶のクッキーは珍しくありませんが、塩が入っているというのがやや目新しいですよね。

そろそろゴールデンウィークも終わり。

子どもの日の1週間後には母の日があるということも、どうかお忘れなきよう。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/07 06:00
帰省ラッシュでごった返す新横浜に、私達家族は買い物に来ていました。

少し時間はさかのぼり、確か12月30日の話です。

お目当ては、こちら。

19-01-06-11-13-24-786_deco.jpg

デジカメです。

さすが黒物家電、パッケージも黒で重々しいのがそそります。

冷蔵庫や洗濯機など日常生活に密着した家電を白物家電というのに対し、テレビやパソコンなど趣味娯楽に関わる家電を黒物家電といいますよね。

やはり黒い色だと高級感があり、大事にしようと思えるのかもしれません。

購入できたのは、夫が休日出勤と残業続きで給料が一時的に増えたのと、ボーナスが入ったことが関係しています。

いつもならボーナス月でも3万円を超える買い物にはなかなか首を縦に振らない夫ですが、今回ばかりは少々高くても構わないと言ってくれました。

だったら何か家電を買おうという方向で話がまとまり、協議の結果デジカメが最有力候補に。

なぜなら、古いデジカメは壊れかけていて画面に変な線が入るからです。

IMG_20190106_105344.jpg

ひどいですよね。

というわけで売り場で商品を吟味していたところ、夫が「これはどうだ」と勧めてきたものがありました。

価格は、2万7千円程度です。

その隣に、ほぼ同じ性能で3万7千円程度の商品がありました。

何が違うのかと見比べると、写真データをWi-Fiで送れるか否かという違いだけのようです。

「どうせそんな機能使わないだろ?」という態度の夫に腹が立ち、「いえ、こちらのデータを送れる方にしましょう」と答えた私。

色はもちろん、ブラックを指定。

ところがどっこい。

19-01-06-11-16-39-198_deco.jpg

ブラックは在庫がなく、結局シルバーを買ってしまいました。

変なところで意地を張ってしまったので、これくらいは妥協せざるを得ません。

こちらのシルバーも、在庫が1点しかなかったそうです。

「一点ものにつき返品、交換は受け付けません」ということでしょうか。

いや、たまたまその店に在庫がなかっただけだから、メーカーに問い合わせれば何とかなりますよね。

さて、意地でもWi-Fiを何とかしてやると思い取扱説明書とにらめっこしたのですが。

19-01-06-11-17-26-458_deco.jpg

この『トリセツ』、見た目はコンパクトですが中のボリュームが馬鹿になりません。

アナログ人間の私、「これは何のことが書いてあるのやら」と首をひねってばかりでした。

そして、夫に聞くと我が家のPCは有線だからWi-Fiが使えず、データはSDカードで簡単に移行できることを知り。

私のあの数十分の努力は何だったのかとむなしくなりました。

IMG_0004.JPG

実は前回の記事に載せたこの写真は、先日新しいデジカメで試し撮りしたもの。

違いに気が付いた方は、いらっしゃいませんよね?

そんなものです、あまり存在意義が感じられないかもしれません。

でも、ずっと大切にします。

永久保証ではないようですけれど。

(保証期間は1年でした)
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/08 06:00
もうすぐプール開き。


それに際していろいろと必要な物が出てきたので、休日に家族でららぽーとへ買い出しに行きました。

18-06-07-22-55-12-267_deco.jpg

プールバッグ、水泳帽、水着、ビーチサンダル、ゼッケン。

以前の記事に書きましたが、息子は履き物系に強いこだわりがあるのでビーチサンダルは試し履き必須。

周囲の「ビーチサンダルくらい、履かずに買っていいんじゃない?」という疑念を含む視線を感じつつ、「まあまあまあ、とりあえず履いてごらん」と夫婦でやや強引に履かせてみて、何とか大丈夫だったものを買いました。

手提げバッグにこだわりを見せたことは皆無なので、プールバッグは完全に私の趣味です。

ドラえもんの口が「3」の形になっているのが萌えポイント。

水泳帽と水着に関してはすでに持っていたので買う気がなかったのですが、お知らせをよく読むと「水泳帽は赤、水着はスクール水着で」という指定が。

そんなこんなで、出費はあっさり5,000円超え。

しかしながらとあるルートからJCBの商品券5,000円分をゲットしていたので、それでほとんどの経費をまかなうことができました。

せっかく手に入れた商品券があまりにもあっさり消えたのはややショックでしたが、臨時出費を臨時収入で相殺したのだから結果オーライ、と思うことにします。

とは言いつつも、若干納得がいかない私。

私がもらった商品券、少しは自分のために使っても良かったんじゃないのかなという考えが、頭の片隅にあったのでしょう。

夫に息子を見てもらうことにして、娘と一緒に店を回る時間を作らせてもらいました。

18-06-07-22-54-31-178_deco.jpg

そうして買ったのが、こちら。

ベージュのジャケットと白のカットソーですが、セット販売されていたわけではありません。

単純に私が「この組み合わせ好きだな」と思って一緒に買っただけのことです。

7,500円程度の出費となりました。

でも、全てが現金出費であったわけではないのです。

実は数か月前、インスタグラムのとあるキャンペーンでJCB商品券1万円分をいただいて(5,000円分のものが2枚。とても驚きました)、使うあてもなくずっと財布の奥にしまってありました。

おつりの出ない商品券だったので、5,000円分は商品券で、残りの2,500円ちょっとは現金の支払いにしたわけです。

実を言うと試着室に入る前にピンクベージュのカットソーも見つけ、色が好みだったのでさっとつかんで持って行ったのですが、いざ着てみるとこれが残念な感じ。

半袖のパフスリーブだったので、私の浅黒くて貧相な腕が変なところで分断されて目立ってしまい、不健康な感じが際立つのです。

こういう袖は、色白で少しむっちりとした若い女の子のためのものだなと悟りました。

「私の年齢と雰囲気にはこの袖が似合わなくて…。似た色味の別の形ありませんか」と問うと、店員さんは私の言葉を一切否定せず、黙って探してきてくれました。

「すみません、これくらいしかなくて」と出されたのがベビーピンクのブラウスだったので、即座に断ってそのまま会計した次第です。

というわけで、1万円分気持ちよく使い切ることはできず、5,000円分のJCB商品券が手元に残りました。

それだけではなく。

18-06-07-23-00-35-198_deco.jpg

イオンの商品券1万円分も、私の財布の中に眠ったままです。

こちらは、義弟のところに女の子が生まれた時に贈った出産祝いのお返し。

ところが、我が家の近くにはイオン系列の商業施設がほぼない状態で、使いたくても使えないのです。

義弟は大阪在住なので我が家の状況を詳しく知るはずもないですし、悪気がないのは分かっています。

ただ、自分が商品券を贈る場合には相手の状況を考えた方がいいなと学んだ出来事でした。

我が家の場合は、商品券よりもQUOカードの方が利用頻度が高く助かるのですが、どこの家庭もそうってわけではありませんし。

贈るのももらうのも案外難しいのが、商品券という存在なのですね。

どうでもいいけれど、もう1つ反省点。

今月号の『サンキュ!』を読んでいたら、「クローゼットを3色にするとおしゃれになる」という記事がありました。

そして我が家のクローゼットを見ると、白、黒、グレーばかり。

なぜ今回、ベージュを買ってしまったのでしょうか?

『サンキュ!』の記事から何も学んでいないことが露呈した気がして、少し気恥ずかしい私です。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ