2018/02/26 07:46
ユニクロは、20代前半から愛用していたブランドの1つです。

好き過ぎて、その会社の採用面接にまで行ったほど。

しかしながら、莫迦な私はその面接の最後の質問でカシミヤの引き起こす環境問題についての方針に関する質問をしてしまい、面接官が急に無表情になったことに気付き焦りました。

当然ながら、結果は不採用。

愛する人と喧嘩別れしたような気分になり、それからは何となくユニクロの商品を手にする機会が減っていったのでありました。

再びユニクロを着るようになったのは、結婚してから。

義母がかなりのユニクロ好きで、時々私にユニクロの服をプレゼントしてくれるのです。

やはり、機能性という観点からみるとユニクロの服は優秀だなあと思います。

特に重宝しているのが、こちらのパーカー。

18-02-26-06-34-20-863_deco.jpg

紫外線対策のために、夏場に着ることが多いです。

このパーカーの大きな特徴は、袖に穴が開いている(サムホールと呼ぶようです)こと。

18-02-26-06-35-09-562_deco.jpg

ここから親指を出すことによって、手の甲全体を覆うことができるというわけです。

手が黒く焼けるのを防ぐという意味でも役立ちますが、私の場合はごつい手を隠すことによりしとやかで守ってあげたくなるような風情も醸し出せるのではと期待しております。

ラベンダーのような色も気に入っているこの商品、自分で買ったわけではないので定かではありませんが、検索してみると1,990円程度のよう。

コーディネート例をのせましょうということですが、まだ寒く夏っぽい服を着るのは無理そうなので着衣の状態は遠慮させてください。

18-02-26-06-35-40-721_deco.jpg

大体、こんな感じでさらりとはおって出かけることが多いです。

暑くて耐えられない時は腰に巻くこともありますが、それはそれで指し色になる感じがして悪くないもの。

ただ、シャツやパーカーを腰に巻くのは昭和な気分でございますね。

世代がばれてしまうのはやや遺憾ではありますが、それでもやはり気付けば腰巻状態で風を切って歩いてしまう私。

少し年季が入ってきているのでいつか買い替えたいとは思うものの、今年1年くらいはまだこれでいけるかなあなどと思っています。

紫外線がきつくなるのは5月あたりかららしいので、その頃からまたお世話になることにいたしましょう。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ