2018/12/07 05:08
11月の終わり。
住んでいるUR団地で
今年最後のイベントがありました。

毎年楽しみにしてる
餅つき大会。

臼と杵を用意してくれて

子ども達も、
大人に教えてもらって
大きな杵を
「重いよ〜!」って言いながら
お餅をついて、

湯気がまだ出てるアツアツの出来立てのお餅を
頂けマス。

これがまた、めちゃくちゃ美味しいんです☆

こんな体験が
団地内のいつも遊んでる広場で
出来るなんて最高です☆

約束してなくてもね、
行けば必ず、顔見知りの友達もいるのです。

それにね、
こういったイベントの費用は、
団地内で廃品回収をしたモノからも出してくれるので、

ムリの無い範囲で
自分達で、協力して、楽しめて。
とってもステキ。


口コミサンキュ!さんからモニター依頼を受けて、
「UR都市機構」の記事を掲載しています。



こういう団地内のイベントを楽しみにしてるのは、
子どもだけじゃなくってね、
おじいちゃん、おばあちゃんも、
私達、ママ世代も!

いろんな世代の方とも
自然に交流が出来るしね、

こういった機会があるから、
近所の方とも自然にコミュニケーションを取る事も増えて、
子育て世代もとっても安心。

子ども同士で遊びに行っても、
近所の方やママ友みんなで、
子どもを見守ってくれてる感じです。


そうそう、
小5息子に、
団地の良い所って何?って聞いたら、
「公園が多い!!」だって(^_^)/

ほんとに団地内に
公園がたくさんあって
小さい子が遊べる遊具が充実している所も、

息子が今夢中になってる
野球が出来る公園まであるのです。

IMG_20181201_131215.jpg

小学生1年生の姪っ子も
遊びに来ると、
公園巡りが定番に。


ウィメンズパークでも今、
『子育てが楽しくなる「まち」』っていう特集で
URの記事が掲載されてるけど、

団地内の
レンタルスペースとか集会所とかで
小さい子がいるおうちの習い事が出来たり、
地域の方々との交流が出来る機会もあるから、

引っ越したばかりで、知り合いがいなくて。とか、
子育ててどうしたらいいかな?
誰かに聞いて欲しい。って思う事があっても
気軽に行って、お話しも出来ます。


私も、
子どもが小さい時は、
団地内に保育所があったし、
その近くには、スーパーも診療所もあるから
とにかく助かりました。


それにね、
家の外では、
近所の方、友達のママが
遠くから、見守ってくれたりするから、

親も心配しすぎなくても良いし、

逆にね、
子供たちが高齢者の方の手助けを
自然と当たり前の出来る様になったり。


家の中でもね、
決して広い家ではないけれど、

自分のスペースも持ちつつ、
でも、近くにいる事が感じられる距離感。

団地に住んでて
こういう距離感がとっても好きだし、
ありがたいです。


ウィメンズパークのURさんの記事
次回は、
『より暮らしやすい団地にするための大規模改修について』

私も気になる!
早く読みたいです☆

IMG_20180908_051235_665.jpg

好きな家に帰って、ほっとして、

団地の我が家から見える
空の景色。

朝も、夕方も、夜も
春夏秋冬も癒されてマス。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「UR都市機構」の取り組みについて詳しくはコチラ☆↓↓
https://www.ur-net.go.jp/welfare/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※


※※※この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています※※※
※※※コメントは個人の感想です※※※


laurea(ラウレア)
laureaさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)