2019/09/05 14:01
*本日もご訪問ありがとうございます*


こんにちは(o^^o)



私が退職する理由
続きです。


あの時復帰していなかったら、

と思ってしまった自分。



しかし、
好きな仕事をしていて、
大変だけどやりがいがありました。

そして、
その仕事の延長上でやりたいことが
あります。




その夢は叶わないのかぁ





と思ったのですが、


いや
一時期やめたって、

家庭が落ち着いたら
いつだって
またチャレンジできるじゃん!




今一番私がやりたいのは
3人の我が子を1番優先にして
一緒に過ごすことでしょ?!



長女みたいに

あの時復帰していなかったら

なんて
我が子の今後に
また出てきたら

後悔しても遅いよ


死ぬ直前に
あの時仕事を辞めていれば、

なんて思いたくない。



だから

退職することを
決断しました。



あとは、
ぬく夫さんの持病が気になりましたが、


有り難いことに
私が資格さえ失わなければ、
いつでも復帰できる。
(正規ではありませんが)


ぬく夫さんも私の思いを話したら、
共感。

それもそうだな、
と退職に同意してくれたのです。



あとは
ファイナンシャルプランナーの方に
とてつもなく
細かいライフプラン表を
出してもらった結果、

10年は仕事しなくても大丈夫

と安心できたので、
決断できました。




そして何よりも

今幸せを感じられているんですよね。

皆さんにはたくさん
吐いてきましたが

共働き時代は
そりゃあ、ぬく夫さんとの仲は険悪で、

別れようだの
離れた方がいいだの

子どもの顔見なくても俺は平気だの

散々言われて、


家事は
19時には帰ってくるのに
私が集めたゴミを捨てるしかせず、
自分のお弁当箱すら洗わない

のに言うことは
立派なんもんで
本当にしんどかったです。
(私もカリカリしてたから
いけなかったんだと思うけど)


ぬく夫さんが協力的だったら
私はやめなくて済んだのに!!!!!



とは不思議なことに一切思ってません。



逆に
ぬく夫さんが協力的で
私も仕事がしやすい環境だったら、

私はやめるという決断をできずに
いただろうから、

感謝してるくらいなんです。



相変わらず
家事は全くやりませんが、
子どもの事をとっても
可愛がってくれてるので、
別れたいとは思わない。


でも次復帰して
ワンオペ家事育児仕事に
なって、
あの時のようなぬく夫さんに戻ったら

多分もう無理かな
って思う。


いろいろな思いが一致して
すっきり
答えが出せたのです。



ではでは。


インスタでは、
節約小ネタを配信していますので、
フォローお待ちしております♪

今日の更新はこれ

本日もご訪問ありがとうございました!
IMG_20190905_105804_477.jpg
milanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/09/04 05:31
*本日もご訪問ありがとうございます*


おはようございます(o^^o)



私が退職する理由


1番は、

長女。





長女は、私が復帰した年に
保育園に入りました。

ちょうど年少になる年だったし、
しっかりものの
愛嬌があり、誰にでも自分から
声の掛けられる子だったので、

特に心配はしていませんでした。


ところが
入ってすぐの6月に
指しゃぶりが始まりました。



家ではそんなでは
無かったので見守っていましたが、

保育園では年がら年中していたようで、
運動会すら見に行けなかったのですが
運動会のビデオを見て、
待機中もずっと
指を離さない長女を見て
ショックを受けました。




そして、
次男を妊娠して
産休に入った4月。


お母さんが仕事しているときは
嫌だった


とはっきり言われました。



それからも
指しゃぶりは止まらず、

年長になって、
次男が低体重な上に食べない
やんちゃ
手が掛かっているお陰が
また指しゃぶりが酷くなり、

片手で本を読んで片手でしゃぶる

遊んでる時も片手はしゃぶる

程になっていました。



私が
小学校前で焦って

小学校ではしゃぶってる子がいないから
嫌な事言う友だちもいるよ

と脅したのが原因だと
思います。


酷くなり、マイナスな事を言った
自分を反省して、

でも酷すぎて
スルーすることはできなかったので、


していないときに目一杯褒めて、

今まで意識してやっていませんでしたが、
登園前に
ぎゅーっと抱きしめて、

夏休みには
親指にネイルシールと
マニキュアを塗ってあげて

とプラスプラスにしましたら、
なくなりました。


夏休み明けて
マニキュアなどは出来なくなったので
また指しゃぶりしていますが、

一時期よりは
格段に減りました。



あの時
復帰していなかったら
この
指しゃぶりは
なかったのかなぁ

思ったのです。



すみません。
長くなったので次回に続きます。



インスタでは、
節約小ネタを配信していますので、
フォローお待ちしております♪

@milann39


本日もご訪問ありがとうございました!
IMG_20190902_103810_695.jpg
milanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/30 11:31
*本日もご訪問ありがとうございます*


こんにちは(o^^o)


今まで散々と悩んでいた事を
決断しましたので、
ご報告します。





退職することにしました。



私自身、
3人分の育休手当を頂いており、
それは無いだろ、
と申し訳ない気持ちなので、
そのようなご批判は
しかと受け止めます。


はっきり言って
次男くんを産んだときも
今年の4月の時点にもやめるとは
思っていなかったんです。


理由は、

やりたい仕事に就けていて、
好きな仕事だから。

ぬく夫さんに持病があるから。

今の仕事の延長上に新たにやりたいことが
あったから。


だから、産休に入ってすぐ
資格を取りました。




でも
そんな事も吹っ切れられるような
気持ちになれたので、
決断しました。



きっかけは
以前も話した事がありますが、


あしわたフェスでの
厚切りジェイソンさんの
講演。


私はとても熱い思いで
最前列で聞いていました。
(次男くんがまだお腹にいて
結構目立っていた頃。)



死ぬ直前の人々に
後悔していることを聞くと、

多くの人が

やらなかったことを話す


という言葉。


やって後悔することより
やらなくて後悔することの
方が多い

ということです。


私の場合は、
その言葉に深く共感しました。



そして、
思うのです。



私が死ぬ間際

ここで仕事をやめることと


やめずに続けたこと


どちらを後悔するか。



やめずには

現状維持です。


やめるは、

新たな第1歩です。



私は現状維持したことを
後悔するだろうと
思えたのです。



理由はまた次回にかきます。



インスタでは、
節約小ネタを配信していますので、
フォローお待ちしております♪

@milann39


本日もご訪問ありがとうございました!
milanさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ