2017/11/12 14:02
こんにちは。

今日は七五三で近くの神社に行ってきました。

平安時代、公家の間で3歳から7.8歳までの男女の子供達のお祝い事が七五三の起源だとか。
そのお祝い事が時を経て江戸時代に五代将軍の徳川綱吉が息子徳松の為に現代の様な七五三のお祝いした事が庶民にも広がり今日に至るとか。


3歳の「髪置」
5歳の「袴着」
7歳の「帯解」

娘の次の七五三は、七歳 帯解。
昔で言えば大人の帯しめはじめる年。
まだまだ子供ですが、昔はこんなに小さくても家を守る為に家督を継いだりするんですもんね。。


1日1日を大切に生きなきゃと思います。



髪飾りは「つまみ細工」で手作りしました。

IMG_9132.JPG

IMG_9136.JPG
IMG_9134.JPG


沢山あるはぎれを娘に見せて「どれが好き」と聞いて選んだ布が

黄色・水色・紫・ピンク(笑)


洋服では組み合せない様な色の組み合わせも和物ならOKと私は思います。
和柄の不思議。


この何だか古典的な着物は私の着物。
全部着付ける前ですが(笑)
IMG_9135-89522.JPG
今時のカラフルで可愛いものにしようか迷ったのですが、
前撮りで今時の着物は着たのと、祖母が大事にしまって置いてくれたので私の物にしました。



こちらは私の七五三の時の草履やバックが入っている箱。

IMG_9133.JPG
このレトロ感が可愛い。




私は小さい頃から着物が好きで
中学生ぐらいまではお正月には必ず着物を着て初詣に出かけていたり、
高3から日本舞踊を習い3年程続けました。
余談ですが日舞って優美にゆっくり踊るのですが、基本膝を曲げた状態をキープして踊ったり歩いたりするので1曲踊るとヨガをやってるようにじんわり汗が。
なかなかの運動量なのです。
また日舞始めたいな。



洋服は簡単に着れて楽ですが
日本の古き良き物は大切に引き継いで行きたいです。


良い日曜日を。

読んで頂きありがとうございました。

*記事内容は個人の感想になります。史実に関してはお調べ下さいませ。

竹内佳保里さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/27 18:32
こんばんは。

東京は湿気の多い1日でした。
また明日から雨みたいですね〜。

春クールのドラマが続々最終回を迎え寂しい近頃。
はやく夏クールのドラマが始まって欲しいです。


いつもお越しいただきありがとうございます。
サンキュも嬉しいです。



日本の伝統工芸が好きで
行きついたのが「水引細工」

起源は定かではありませんが、室町時代の日明貿易の際に
明からの輸入品の箱に赤と白の縄が縛り付けられいて、輸出用と他と区別するために使用していた物だったのを、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解し、日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになったという説や、海賊から守るための魔除けという説などがあるそうです。


歴史が好きな私は、室町時代から伝わるなんて!!!ロマン☆

水引は
未開封という封印の意味、
魔除けの意味
人と人を結び付けるという意味を持ち
結び方にも意味がある所も素敵だなと思います。


夏らしく。
IMG_7509.JPG
結ぶ前の水引。
綺麗。
IMG_7837.JPG

やはり紅白は定番。
IMG_7838.JPG


仕事と育児と家事の息抜きで夜中にちょこちょこやっているので上達は遅めですが・・・
リースやお正月飾り、アクセサリーに加工予定。

そしてもう一つ。
こちらも日本の伝統工芸「つまみ細工」

江戸時代から伝わる技法で
針や糸を全く使わず
小さな正方形の布を折りたたんでつまんで糊で貼り合せます。



IMG_7834.JPG
IMG_7835.JPG


江戸時代後期にはかんざしなどにアレンジされて大流行したそうです。
当時をみてみたいなぁ。

もうすぐ浴衣の季節。
娘のヘアゴムやヘア留めを作ってあげようと思います。

IMG_7833.JPG
IMG_7832.JPG

ではお迎えへ。

竹内
竹内佳保里さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/04/28 18:57
こんばんは。プレミアムフライデー。
あゝ、やっと金曜日(笑)

いつもお越し頂きありがとうございます♡
サンキュも嬉しいです♡

決まりそうで
決め切れなかった仕事が今週はありました。
色んなしがらみがあって
個人的に100の力でやり切れなかった案件。
ベストな動きを考えて行動したけど、
営業を何年やってても後悔はあるし落ち込みます。。

そんな日は
出産前だと仲間と飲んで気分を変えていたのですが、当たり前ですが妊娠してからはそうもいかず。。

なので昨日はツマミました。


IMG_7187.JPG

IMG_7188.JPG

一心不乱に(笑)


そんな日もありますね。


ではお迎えに行ってきます。

竹内



竹内佳保里さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ