2017/01/09 16:05
こんばんはわーい(嬉しい顔)
お立ち寄りありがとうございます♪




今日も、朝から雨。



何をして過ごそうかと思っていたら、

同じ保育園のママさんに、室内レジャー施設へ誘っていただいたので

体力の有り余っている2人を連れて、

思い切り遊ばせてきましたわーい(嬉しい顔)



おかげで次男はぐっすり夢の中眠い(睡眠)



野菜の下ごしらえも済んで、

落ち着いてブログタイムを迎えています^^



*****


さて。



書きたい事は色々あって、追いつかないのですが。



今回のイチオシテーマは、『体の中からキレイになろう』。



キレイとは程遠い私ですが(笑)、

せめて、内側から健康になりたい。



お茶は、そんな私の切なる願いを叶えてくれる

最良のパートナーですぴかぴか(新しい)



DSC_1800.JPG



夏には、夏バテ対策にハーブティーを主に飲んでいましたが

(過去記事はこちらです【★:*:☆ルイボスティーで水分補給☆:*:★】)

最近の休日は、大体、3種類のお茶をいただいています。



紅茶・緑茶・ハーブティー。



一人の朝は、紅茶を。

DSC_1794.JPG

まだ家族が起きてくる前、軽く朝食を摂る時のお供にいただきます。



緑茶は食事と一緒にいただいています。



ハーブティーは、疲れが溜まってくる夕方に。

DSC_1774.JPG

酸味のあるローズヒップベースのハーブティーをいただく事が多いです。

DSC_1714.JPG

ビタミンCの爆弾とも呼ばれているローズヒップ。



もう一頑張りしたい時に、その力を借りています。





お茶に含まれる成分は、



眠気覚ましで有名な苦み成分の【カフェイン】、

うまみ成分の【テアニン】が有名ですが



体に吸収された脂肪分やウイルスに吸着し、

体外に排泄する事を助けてくれる【タンニン】、



カリウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルやビタミン類、

食物繊維等も豊富に含まれているそうですぴかぴか(新しい)



「朝茶はその日の難逃れ」

「朝茶は七里帰っても飲め」など、

お茶に関することわざがあるほど、

昔から、お茶は人々の暮らしに密接に関わってきました。





「お茶は好きなんだけど、渋みや苦みが苦手」な方や、

カフェインに弱く、眠れなくなってしまう方もいらっしゃると思います。



そんな方には、『水出し』がおすすめです黒ハート



1リットルの水に対し、10〜12gの茶葉を入れ、一晩冷蔵庫に入れておくだけで、

翌朝には、渋みが少なく、まろやかな旨みが引き立つお茶が出来上がりますぴかぴか(新しい)

(衛生上、1日で飲みきる事をお勧めします)



カフェインは高温で抽出される成分なので、

水出しにすることで、カフェインの抽出量も、ぐっと減るそうです。



私も、妊娠中や授乳中には、

お茶は水出しで淹れて、電子レンジで温めて飲むようにしていました。



今も、食事のお供にする緑茶は、子どもたちも飲むので、

水出しで淹れています^^





淹れるときに、湯気と共に、ふわりと香り、

口に含むと、その苦みや旨みを感じられるお茶。



口の中や、鼻に抜けていく余韻に浸り、

ほっと一息つけるお茶。



そんなお茶の力を借りながら

元気に毎日を過ごしていきたいと思いまするんるん



*全て個人的な感想です*



*****
最後までお読みいただきありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
「見たよ!」の代わりに「サンキュ!」を頂けると更新の励みになりますぴかぴか(新しい)
タグ(関連ワード):紅茶
ひいらぎりおさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)