2017/09/10 00:00
小豆島を訪れたら是非とも寄っていただきたいのが、ヤマロク醤油
こちらでは、とっても珍しい全国生産量のうちの1%にも満たない「木桶」でお醤油を醸造されているのです( ゚д゚)
ほんとにほんとにほんとーに貴重な製造方法なんですね>_<
残りの99%は大量生産できるようタンクで造られているそうです。
木桶はタンクよりも酵母菌が付着しやすく、発酵と熟成によってより深い味わいを生み出してくれるそうです。それを職人さんがずっと守り続け受け継いできたお醤油なのです(T ^ T)

そんな伝統のある製造現場なのに、観光客にはとてもウェルカムで、訪れたら木桶を置いてある蔵の中まで案内してくださり、とても丁寧に解説してくださいます
お写真も撮ってくれました(*´ω`*)IMG_1600.JPG
大きな木桶が沢山あります。
お醤油の良い香りが蔵の中いっぱいに漂っていました。

蔵の中を見学した後は、利き醤油をさせていただけます。IMG_1601.JPG
2種類のお醤油と、ポン酢と麺つゆがあります。
お醤油は旨味の強い鶴醤と、淡白な菊醤があり、風味が全く違いました。
料理や食べ方によってお醤油の種類を使い分けられる主婦に、ワタシハナリタイ(T ^ T)

もちろん自宅用にドーンと購入IMG_1597.JPG
可愛らしい小さいボトルタイプもあったので、そちらはお土産用に購入し、配りました(*´ω`*)
見学のあとは、なんとお醤油のスイーツ!がありましたので、注文しましたIMG_1450.JPG
お醤油プリンとバニラアイスにお醤油をかけてキャラメル風味にしたもの
甘味との相性も抜群でしたo(`ω´ )o
木桶を作る職人さんも少なくなってきているようですが、数年前に小豆島の大工さん達が弟子入りし、技術を習得してきたそうです。
これからもそうやって技術が受け継がれ、ヤマロク醤油の木桶で作るお醤油が永遠に続きますように・・・。
美味しいお醤油をありがとうございました(*´ω`*)
※お写真の許可いただいてます。
Akimsさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)