2019/08/19 08:30


 帰省中の嫁は休んでいるのではなく仕事中である。


 ということで、カテゴリは「仕事」になっております。


 お盆=帰省の季節でして、嫁の立ち位置&振る舞いについての話しを目にしました。


 嫁12年目の若輩者の義実家での立ち居振る舞いと考え方について書いてみます。





「手ぶらで良いんだよー」


 義両親の息子である夫が言いがちなやつですが、そんな訳あるか不届き者めが!


 という事で、お土産を用意します。
 これが何故嫁の仕事なのだと嘆く(怒る)方もおられますが、むしろ私は私だけで選びたいです。


 だって、見栄えが悪くなくコスパの良さげなお土産を見繕いたいから。


 夫が絡むとまず買い物を面倒臭がるので悩む時間を与えてもらえないし、買おうとする物が溶けそうなチョコとか、重い物とか、高い物とか、まぁ意見が合わないからです。


 私は、軽くて日持ちして量が多過ぎないお手頃なお菓子を2~3種類選びます。
 子供に選ばせると「孫が選んだんですぅ〜」で有り難みが増します。(小悪党)
 義実家→実家の順に泊まるため、日持ちしない生菓子などは買いません。


 形が残る物は相手方の趣味も置き場所の問題もあるので、持っていかない事にしています。


 

 
 着いてからの嫁の仕事は、基本的には食器洗いのみだと勝手に決めました。
 あとは臨機応変に、それなりに。


 義実家の台所は狭いので、料理を手伝うスペースがありません。


 以前は運ぶくらいはと思ってウロウロしていましたが、同居の義姉もいるため、私は手を出さない事にしました。


 食べ終わった食器を下げて洗う事のみやります。


 台所を勝手に触られたくないお姑さんもいらっしゃると思いますが、うちの場合は孫が生まれる前は
「台所の物は何を使ってもいいからあなたがご飯作って(義父と)食べておいてちょうだい
 というスタンスの義母だったので、勝手に洗います。


 どうしたらいいのか悩む方は、義母さんと相談した方が良いと思います。


 座ってて良いのよ、と言われたら無理に手伝わず、出して頂いたものを褒めちぎるのはどうでしょう。
 私ならその方が嬉しいかも。






 朝は、1番の早起きで化粧まで終わらせてしまいます。


 で、義母が動き出したら自分も動きだします。


 相手がすっぴんとか部屋着とか、そんなのは気にしません。


 私は他所の家ではすっぴんで動きたくないから、朝から化粧をするし髪も整えておきます、というスタイルです。


 義母も義姉もすっぴんに部屋着ですが、私はいつでも臨戦態勢。


 だってここは、他所様の家なのだから。


 開き直り発動です。


 


 そんな感じで過ごした後、実家に向かう時には、孫が生まれてからは義両親が車で送ってくださってます(そこそこ長距離だし帰り道の安全も心配なのでそろそろ止めていただきたいのですが)。


 帰省前に夫にこの交通費という形でお金を渡しておき、義両親に渡してもらいます。


 これと同額を実家にも食費として包んで置いてきます。


 子供にとお小遣いもいただくので完全に向こうの出費の方が大きいのですが、食費だけでも置いてくると私の心が穏やかなので(ただお世話になる事に気後れするのです)。


 


 うちの場合は掃除などを手伝う必要がなく、台所仕事もレトルトやお惣菜も上手く使ってらっしゃるのでこれまた手伝う程ではないというのもありますが、


 そうでない家の方だと、嫁が掃除洗濯食事の準備をフルで手伝っていて負担だというのもよく聞きます。



 この問題は、義実家ではなく夫にあります。


 息子なんだから、自分が親孝行をしたほうが良い。
 大事な活躍のチャンスですから、夫婦共に動けば良いのです。


 夫が動く事に対して誰かがガタガタ言い出したら、


「働き者の良い息子さんですよねぇ。 こういう所が大好きです」


 と、笑顔で惚気れば良いのです。


 呆れられると、あれこれ言われなくなります。


 若干捨て身の作戦ですが、色々な所で使えます☆




 それでもなにか言う人は、人の恋路を邪魔するやつなので馬に蹴られます。


 夫がガタガタ言うならそれはもう本当に夫が悪いので、義実家問題ではなく夫婦の問題です。


 
 そう、義実家問題は実は義両親と嫁の問題ではなく、嫁が悩んでるのに解決に携わろうとしない夫(相手方の息子)との問題なのです。


 義両親は世代が上で考え方も違って当然、それまでに築いてきた背景があるのですから若い世代の他所の家から来た嫁と噛み合わなくても当然、当たり前そりゃそうだよ、なんです。


 だって、息子が彼女を連れてきたとして、その彼女が私の家事や家の事についてああだこうだ言い出したら、イラッとしますもん。


 お前に何が解る! ですよ。
 (情けない話ですが本心です)



 自分としては精一杯頑張ってきているつもりな訳だから。
 相手から見てできていなくても。


 じゃあどうするかと言ったら、彼女さんにはとりあえず笑顔でいていただき、家を出た後に息子に気が済むまで愚痴ってもらって、息子が間に入ってそれを上手く解決すれば良いのです


 それができないなら、親と距離を取ることでお互いの平穏を勝ち取れ息子よ。






 自分の親を考えても、娘婿からギャーギャー言われるより、同じ内容を娘から聞かされる方が受け取りやすいでしょう。


 人間関係は育てるものだから、急に入った他所の人は、やっぱり他所の人なんですよ。 
 だからこそ尊重できるという良い面もありますし。


 配偶者のためにも親のためにも、自分の親には自分が対応すれば良いのです。


 で、何かあったら「チーム親族」の皆で協力すれば良いのです。


 …………誰も逃さない。



 嫁だけが頑張る必要は無いのです。
 頑張れ夫、あなたが息子だ。





 ってな感じで考えてますが、正直、どちらかが墓に入るまでずーっと揉めるのが義両親と嫁(と夫)だと思ってます。


 うちの親もずーっと揉めてますし。

 トムとジェリーみたいなもんで、しゃーないんじゃないですかね。


 
 その諦めの上に関係を構築していくのが良いんじゃないでしょうか。


 前向きな諦め、気持ちを切り替えるための諦めです。


「ぃよっしゃ しゃーない、ドンマイ☆」
 
 という愛ある「しゃーない」です。


1566142166557_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF.jpg




 そう思えない程に辛い関係であるなら、夫と自分の人生と向き合いましょう。


 夫と別れたら相手は他人ですから。


 そこまで考えますとね、己がどう動いていくのかについてまで考え始めます。


 こうなると「悩む」から「行動する」に動くので、心が明るくなりますよ。


 うふふ。





 同居で頑張っている全国のお嫁さんは仏様だと思ってます。


 尊い。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/30 08:41


 4月に始めたアンケートサイト、継続中です。


 6月もアンケートのみで1500円ちょっとになりました。


 あ〜、買い物ができる〜!


 ということで、メルカリで使う封筒と家計簿用のノートを無印良品で購入しました。


 メルカリ、本を売って本を買って循環してます。



 本屋で次買おうと思ったハードカバーの本が安く売られていたので、さっそくの購入。


 G20の影響で到着まで時間がかかりますとの事で、こんな所で時事ネタに首を突っ込みました。




 そんな生活を送る中で物凄く感じるのが、


 自分は、収入が無い事が自覚している以上に窮屈だったんだなという事。


 今だって子供のお小遣い程度の収入なワケですが、それでも全然違う。


 欲しい→買える


 これだけのシンプルな事で、世界がキラキラして見えるくらいに違うんです。


 妻小遣いは無いので日常で必要な物は家計費から出すのですが、なんかこう


 もらっている
 家族に関係無いものを買うなんて無駄遣いをしている


 という引け目があって
(そんなもんは感じる必要無いんですけど、本当は)


 買い物が楽しくなかったし、何かが欲しいと感じることさえ無くなってきていました。


 だから、全然楽しくないの。


 素敵な物を見ても完全に他人事なので。


 これがここ数年の苛立ちの根っこにあったものです。


 確実に。





 うーん。

 
 私、働きたいんだろうなぁ……。


 保育園問題や自分のキャパの関係で不安しかないけれども、社会に戻って自分自身を取り戻したい衝動がムズムズしてるんだと思います。


 最近夫に、専業主婦として言われると腹が立つ事をちょいちょいぶつけられている事もあり、社会に出ていない自分が嫌になってきている部分もあります。


 夫に悪気は無いんです、多分。



 悪気は無いけど、気遣いも敬意も無いんですよね。



 本人に言ったら否定するんでしょうけども。



 そっちがそうなら、こっちもやってやらァ!



 という気持ちを糧に、しっかりやっていこうと思います。



 確かに、現状に甘えてるので。



 定期的に同じ事を言ってるような気がするけど、まぁ、亀以下ながら進んではいるので、一気に加速できるその日まで頑張ります。

 
156185075673929540818.jpg
 リングノート120円。


 安定の無印良品!





 経営者である稲盛和夫さんや土光敏夫さんの本を読んでいるんですが、
 家庭って1番小さな国であり
 1番小さな企業だなと感じます。



 収支の把握と無駄の除去、利益を得つつ先を見て投資もする。



 家庭のために貯金をしつつも、遣うべきは遣って家族全員の健康と勉強に投資をし、幸福になるべく進んでいく。



 家計を預かる主婦の仕事は、経営者と繋がるな〜。



 私が立派な方だと感じる偉い人って、精神的にストイックで、私生活でも無駄な華美を嫌い、しかし文化や美術を大事にし、他人と社会のために奔走するという共通点があります。



 格好いい大人って、こういう事だと思うんだなぁ。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/12/25 18:45


 クリスマス直前の23日に夫が発熱を伴ってダウン。

 今日まで会社を休んでいるため、今年のクリスマスは通常営業の2日間でした。

 サンタは無事に来たため、息子は満足しているようです。





 直前にプレゼントの希望が変わりましたが、

 サンタは外国に住んでいて届けるまでに時間が掛かるから、急に変えても聞いてもらえないよ〜

 で、丸く収まりました。

 息子、サンタを信じている様子。





 そんなほのぼの(一部風邪)聖夜に、夫が爆弾投下。




 職場が変わります。





 おーーーーーーーーー

 変わりますか!

 確かに激務だし、転職を考えるほどだった訳で、時期的にはちょうどいいねという感はある。

 あるけれども、

 職場は都内全域に派遣される形で、何処に行くことになるかはまだ判らない。

 残業代で生活ができている状態なので、これが下がると今の生活は無理。

 勤務場所が遠い場合引っ越しもあるので、慣れた幼稚園から離れる事に?

 などなどの不安要素が……。






 まぁでもね。

 私ももうすぐ37歳2児の母。

 不安なんぞ、どうにかするしかないわけです。

 家計に関しては、絞る!

 いっそちょうどいいから、保育園に空きがあり地代の安い所に引っ越して

 共働きデビューして持ち家を考えるのもありだ。

 幼稚園は……

 何とかフォローしていく方向で頑張るしかない……。





 とまぁ、色々と変化がある事だけは決定した来年。

 ワーキングマザーになる日がついに!?

 というか、なれるのかワーキングマザー!?

 保育園って入れるものなのか、

 ブランク10年の専業主婦は雇ってもらえるのか、

 どうなる三田!

 サンキュ!が役立つっぽい状況が波状攻撃!(笑)

  



 さて〜、どうなりますやら〜
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ