2018/12/22 09:50



 長男の卒園に向けて、色々な準備が始まっております。



 長男。


 登園拒否児になる事を覚悟して入園しましたが、なんのなんの〜!



 毎朝立派に登園し(遅刻ぎりぎり時にはアウトながら)、


 お弁当も残してきた事が無く、


 まさかの降園後も遊ぶお友達までできて、


 2年間ほんとおおおおおおおおおによく成長しました(靴は今もスリッポンスタイル)。



 で、卒園文集が1人1ページありまして。



 子供自身が幼稚園の思い出やなんかを書きます。



「幼稚園の事、何を1番覚えてる?」
 

「えーーーーーーー、何もない」



 何も無くはないだろ……

 仲の良いなんとか君とか、なんとかちゃんとか、あれもあったし、これもあったよ?



 2日悩んで出てきたのが


「○ちゃんと○ちゃんが来たこと!」



ーーーこの○ちゃんと○ちゃん、海外在住のお友達で、あちらの長い夏休みの間だけ息子の幼稚園に短期留学のような形で来ていた可愛い娘さん達なのです。



 確かに、息子の口から「外国」と言う単語が憧れの響きを帯びて出るようになったのは、このお友達との交流があってから。



 息子にとって、衝撃的な出会いだったんでしょうね。



 2人共、明るくて元気で可愛いかったし。
 ほんと可愛いくて。
 そのせいで衝撃度がさらに跳ね上がっていると見た(笑)



「じゃあその事書こうか〜」



 と、笑顔で言いながら、私は考えました。



 男子の残念な発言、すでに出てるな、と。



 スーパーの魚売り場を物色しながら
「何か食べたいメニューある?」
 と質問して
「焼き肉」
 って返って来た時の感覚。



 魚見てんだから魚のメニューで答えなさいよ、普通に考えたらそうなるじゃん?

 と思う私と

 食べたい物聞くから答えたんじゃん、どこがおかしいのか意味解んねぇ

 と思う夫。




 今日は何の魚が食べたい?

 と聞くのが正解なんでしょうけど、

 流れ読もうぜ、そこはさぁ!

 とも思ってしまう。



   
 息子の文集も、

『幼稚園で2年間一緒に楽しんだお友達との思い出』

 を書くのが王道だと思うし、見た友達も
「僕のことだ」「私のことだ」
 って方が嬉しいと思うんですよ。



 でも、衝撃度で言ったら○ちゃん達が大きかった。



 うん。



 じゃー しょーがねーなこりゃ!



 というわけで、



「じゃあその事書こうか〜」



 に、戻るわけです。



 息子はそれが1番なんだから、それでいいのだ!



 結婚を約束している「なんとかちゃん」がどう思うのか、ちょっと心配ですけども。



 ごめん、残念男子の系統だから……



 大きくなったら何をする、という設問には


「旅をする人」


 との事。


 絵には剣やらロープやら銃に加えて、


 調理用のフライパンが。



 うん、自炊する気があるのが素晴らしいと思います!


IMG_20181222_095003.jpg


 クーリスマスが今年もや〜あってくるぅ〜〜



三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ